「ありがたいこと」はたくさんあったのに、気づくことが出来なかった。感謝の気持ちに気づいたら伝えていこう。

「ありがたいこと」はたくさんあったのに、気づくことが出来なかった。感謝の気持ちに気づいたら伝えていこう。

自分の心が成長すればするほど、親に対して「ありがとう」と思う気持ちが出てきます。「ありがたいこと」はたくさんあったのに、気づくことが出来なかったのです。それを1つ1つ、ありがとうと、親に伝えていくこと。それが親の心を軽くしていくことに繋がるのだと、個人的に思います。

こちらが子供であったとしても、親との関係は1対1の関係です。親子という依存関係の視点ではなく親を一人の人間として見れば「ありがとう」と思うことがたくさんあります。こちらが親を傷つけたことも沢山あります。自分だけが被害者なわけではない。永遠の被害者でいてはいけない。相手も被害を受けたことがある。それを整理し、1つ1つ正しく判断し、自分が悪かったことはちゃんと謝って、気持ちを伝えよう。それは後からだって出来ることです。気づきさえすれば。

加害者と被害者は表裏一体。被害者は加害者でもある。成長して超えないといけない部分です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)