「自己肯定感を高める方法」を読んでくれた方から、「有難い」「この本に会えてよかったレベル」「みんな幸せな方向に進んだらと願った」と高評価が! みんなの幸せを願っていて、とても心優しく、心が綺麗な方だなと思いました。僕もそうなろう。

「自己肯定感を高める方法」を読んでくれた方から、「有難い」「この本に会えてよかったレベル」「みんな幸せな方向に進んだらと願った」と高評価が! みんなの幸せを願っていて、とても心優しく、心が綺麗な方だなと思いました。僕もそうなろう。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の1月号(12月25発行 表紙:中村アン)巻頭特集「2021年版~開運・占い~」にて、幸せの種「気づき」と「自己肯定感を高める方法(Amazonで出版している本)」が紹介されました!

国内最大収蔵数を誇る国立国会図書館(東京)に寄贈納本して(https://bright-ms.net/post-20932/)、女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の1月号(12月25発行 表紙:中村アン)巻頭特集「2021年版~開運・占い~」にて紹介された、「自己肯定感を高める方法(Amazonで出版している本)」に、また、高評価が届きました!

その素晴らしい評価がこちら!

Amazonのレビューより

「自己肯定感を高める方法」を読んでくれた方から、「有難い」「この本に会えてよかったレベル」「みんな幸せな方向に進んだらと願った」と高評価が! みんなの幸せを願っていて、とても心優しく、心が綺麗な方だなと思いました。僕もみんなの幸せを願っていけるようになりたいなって、このレビューを読んで思いました。有難い言葉を、ありがとうございます。

みんなが、自分の親になり、自分を好きになり、自分を大切にして、自己肯定をして、自信、自己信頼が出来るようになれば、きっと争いも減る、いえ、なくなるかもしれません。本当の自分を生きて、自分が満たされるようになれば、自分を傷つけれないし、相手のことも傷つけれなくなるのです。自分を傷つけている人は相手のことも傷つけることが出来ます。

僕が考える自己肯定感とは、「自己(自分自身)を肯定的に解釈して生まれる肯定的な感情のことで、積極的に肯定して生まれる感情」です。これは、どれか1つの感情という意味ではありません。これに含まれる全ての「積極的が前提の肯定的な感情」が自己肯定感です。ですからそのために必要なことの1つが、本の中でもお伝えした「解釈」にあるのです。解釈の仕方を変える、新しい解釈を手に入れる、これも自己肯定感を高めることに深く関係あることなのです。

まだ読んでいない方も、ぜひ、読んでみてください。読んでよかったら感想をレビューから投稿していただけたら嬉しいです。

今なら、、、Kindle Unlimitedに登録している方は、
読み放題(0円)」で読むことが出来ます。

自己肯定感を高める方法の集大成!
生きづらさを抱えている人に必要なこと
自己肯定感を高める方法(Amazon Kindle版)

電子書籍ではなく紙の本で読みたい方はこちら

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

このブログ全体の総合評価

4.4
Rated 4.4 out of 5
星5つのうち4.4 128件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)57%
星4つ(投稿者の主観:良い)28%
星3つ(投稿者の主観:普通)10%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)3%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)2%

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。