毒親への恨みは時期が来たら水に流そう!誰にでも醜い部分や汚い部分はある。そして美しい部分もある。ある程度知ったら水に流そう!「水」は私たちに「過去のいざこざを許すこと」を教えてくれているのです。

4945 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

毒親への恨みは時期が来たら水に流そう!誰にでも醜い部分や汚い部分はある。そして美しい部分もある。ある程度知ったら水に流そう!「水」は私たちに「過去のいざこざを許すこと」を教えてくれているのです。

誰にでも「醜い部分」や「汚い部分」はあります。生きていく以上、そういう仕組みなので醜い部分や汚い部分をゼロにすることは不可能なことです。少し汚いお話になりますけど、例えば、誰でもご飯は食べますよね。そしてトイレに行き汚物をトイレに流す。これは誰もが避けて通れない道です。

生きるためには食べ物を食べる必要がある。だけど食べることでそれは汚物になる。避けて通れません。心も同じで一生懸命に生きると汚物感情が出てしまうのです。一生懸命頑張るからこそ疲れるし、不条理を感じて時に道が逸れたり、怒りを出してしまったり、八つ当たりをしてしまったり。だから毒親って一生懸命頑張っていた部分もあるのだと思います。その裏返しとして汚物感情が発生しやすくなり、それが距離感の近い家族に出てしまいやすかった場合もあるのです。

そして、毒親の大変さを理解できない側は、当然苦しんだり嫌な思いをすることになります。そして毒親の毒に向き合いだして「こんな酷い育て方をされた」と言いたくなるのも当然ですし、成長過程に必要な材料です。一生懸命生きると、どうしても汚物感情が出てしまうものですから、大事なのことは汚物感情の扱い方なのです。

トイレも同じで汚物をトイレに流さずに、放置していると汚いし大変な事になります。心も同じで汚物感情が出てしまう事は避けられないし仕方ないこと。だけど、その都度「さっきは、自分の都合で嫌な思いをさせてしまった。ごめんね」と、ちゃんと一つずつ向き合っている人たちの間ではトラブルは起きにくいのですが、モラルハラスメントの関係などの間では汚物感情に向き合わず、いい加減に扱って「そんなこと言ったか?」と汚物感情に無責任でいる状態で関わるので相手との問題が増えていくのです。

そして、相手側も目の前に汚物感情がそのままあるイメージだから納得がいかないのです。「さっきは、自分の都合で嫌な思いをさせてしまった。ごめんね」と正しく伝えて修正できるのであれば、相手も許してくれやすいのです。

汚物感情に責任を持たず、汚物感情を散らばせて無責任でいるのに、情に訴えてきて離れないでと涙を流したりするから、相手もいつまでも汚物感情に執着してしまいやすいのです。

<<下に続く>>

そして支配者に執着させられて離れてはいけない気がして、だけどいつまでも汚物感情が散らばっているから、汚物感情をほじくって「こんな酷い事をされた」「あんな攻撃をされた」と、言いたくなることは自然な事です。

ですが、ここで気づくことが大事なのは汚物感情はどこまでいっても汚物感情だという事です。汚い話ですがトイレで出た汚物をどれだけほじくったとしても汚物は汚物であって、中から綺麗なものが出てくるわけはありません。ですので汚物はトイレで水で流すよう、他者からの汚物感情もある程度知ったら水に流すことが大事な事なのです。

防衛のためなどで汚物に悪い菌があるか知っておくことは守るために大事。しかし、ある程度安全の為に知ったら、それ以上汚物をほじくっても意味がないのです。ほじくればほじくるほど自分がマイナスに呑み込まれていくかもしれません。家族は距離感が近いから汚物感情の影響を受けやすいからトラブルになるのですから、原因が汚物感情だとわかり、防衛や成長のために汚物を知る必要があるのです。

だけど、ある程度知ったら水に流す生き方が大切で自分にプラスなのです。過去のいざこざをなかったことにして、そこで許して、リセットして、水に流すということは、自分の決断次第で「許す!」と決めるだけで、トイレのレバーを回すだけで汚物が流れていくように、過去のいざこざの汚物感情も水に流れていくのです。

いつまでも水に流さずいると、自分の心が汚物感情でいっぱいになると、今度は自分が毒をまき散らす人間になってしまうのです。

このように「水」は私たちに「過去のいざこざを許すこと」を教えてくれているのです。水に流して自分が成長する為に毒や汚物感情に向き合っていく事は必要で大事な事だと思いますよ!

コインの表裏のように汚物や醜さの裏には美しさがあります。毒や汚物感情に向き合った人は深い部分を知る力があるので、新しい視点で別の面を見る力は既についているはずです。今度はポジティブなほうに向ければ、相手の美しさも見えてくるようになりますよ!

誰にでも汚さや醜さやあります。しかし、美しい部分も誰にでもあるのです。毒親にも美しい部分がいっぱいあります。コップの中に土と水を入れてかき回すと泥水になりますが、放置すれば土は下で水は上になるように、人の心も同じですね。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)