運が良くなりたい?運が良くなる方法

16425 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
運が良くなりたい?運が良くなる方法

運が良くなりたい方にオススメの情報です。 まず脳科学で運が良い人と言うのは、科学的に説明のつく行動のパターンや頭の使い方があることがわかっていると言われます。 「思考」「行動」「感情」これらがセットで、私たちの運を変化させるのです。どのように変化させるかと言うと、簡単に言えば、

運が悪い状態

「マイナスな思考」をして「マイナスな行動」をとって「マイナスな感情」を作り出す。すると無意識(潜在意識)にマイナスイメージが蓄積。そのイメージのフィードバックを受けて、運が悪い結果となるのです。

運が良い状態

「プラスな思考」をして「プラスな行動」をとって「プラスな感情」を作り出す。すると無意識(潜在意識)にプラスイメージが蓄積。そのイメージのフィードバックを受けて、運が良い結果となるのです。

このような感じです。イメージのフィードバック部分に自動思考があるので、自分でも意識していない自動な思考があるので、それに自分が動かされているのです。この仕組みがわかっていないことで「なんで自分は運が悪いの?」と思ってしまいやすいのです。

運を良くするには

手っ取り早いのは、運を良くしたいと思ったら運のいい人とつき合うことです。何故かと言うと「良くも悪くも」人は人の影響を受けます。悟りを開いて完全な人間にならなければ影響は受けるのが普通です。

<<下に続く>>

嫌な人といたらやる気が無くなる経験ってありますよね。「あなたといるとやる気がなくなる」と伝えたら「人のせいにするなよ」となりますけど、影響を受けるのが自然なのです。ですから、離れればよいだけです。

逆に運を良くするには、ヤル気があって明るくて楽しくて、一緒にいて嬉しくなる人といれば、影響を受けるので、積極的に運の良い人と関わると良いのです。しかし、この方法では、常に人に動かされてしまいやすいので、運が良くなれたと思っても、嫌な人の影響を受けて、運が悪くなりやすいので根本から変えるほうが良いでしょう。

根本から運を良くするには

運を良くするには、先ほど書いた「プラスな思考」をして「プラスな行動」をとって「プラスな感情」を作り出すという3つのうち、どれかを自分の努力で変えて、それを癖にしてしまう事です。

プラスな思考を癖にするか、それとも思考は後回しでプラスな行動を開始するか。プラスな感情を生み出すことを意識するか。

自分が出来ることを開始して諦めずに継続することです。今日も一歩ずつ進んでいきましょう!

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 21 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「情けは人の為(ため)ならず」を「隠匿(いんとく)」に努めさせてもらっております、人に話してしまうと隠匿になりませんが。
    人のために役に立ちたいとプラス思考の気持ちで地域の「助け合いボランティア」に参加して、毎週日曜日に町中のゴミ拾いを行ったり、お年寄りの方や身体の不自由な方の趣味等の日中活動の手伝いをしたりして、
    相手さんの喜びの笑顔で「ありがとう」とその言葉を貰って、日々の励みにしています。

    おかげ様でボランティア活動を始めて10年!些細なことかもしれませんが風邪を引いた事がありません、
    ボランティア活動しているプラス思考がきっと「運」を良くしてくれていたんですよ、
    もう一つ「運」が良かったことは「絆」に逢えたことです。

  2. 運の善し悪しも自分の考え次第で変わってくると、大変参考になりました。

  3. 納得ですね。

    私なんて、悩みだすとマイナス思考すごいです。

    ですが、それが重なり、自殺とか…ならないように、負の感情の中でも、どんなにささいなことでも、これをやれば、結果は良くなる、といった事をやります。
    そうしていくうちに、次の案が浮かび、続行していくうちに、気がつけば、プラスになった、と言う流れです。

    やり方は人それぞれなので、私は、やらなきゃいけないことと、やりたいことを、ノート等に書き整理しながらこなしています。

    振り返ってみると、ああ、あの時はまだまだだったけど、今日はここまでたどり着いた。など

    分かりやすくていいですね。

  4. 自分が落ち込んでる時はマイナス思考気味な友達に話を聞いて欲しくなります。
    落ち着くような気がして。
    逆に自分が弱ってる時は明るい性格の友達には会いたくありません。
    疲れるような気がして。
    でも それが余計駄目な方向に、いってる事ですよね。
    なんとなく、わかります。
    今、自分に出来る事を少しづつでも、良い方向に向かって行こうと思いました。

  5. 運を良くするには、オーラのある人に逢ったり陽の気を持ってる人や周りにいいオーラがたくさん集まって来る人に会うのが1番。また、何でも前向きに考えたり捕らえたりできるようになると自然に運気が上昇します。

  6. マイナスの感情を持っている時は何をしてもダメだったりしますよね。努力次第で変われるのならプラス思考が癖になるようになりたいと思いました。

  7. 運が良くなるには、運を自分に引き寄せるんですね。
    プラス思考を意識してみようと思います。

  8. 運がいい人は自分が運がいいと思っているそうです。
    他人からしてみたら些細なことでも運がいいと思ったりしているとか。
    運の良し悪しは自分が決めているのかもしれないですね。

  9. ツイてないと思うとミスが続くのもそういう事だったのですね。
    プラス思考になれる癖をつけていきたいです。

  10. 運が良くなりたいですよね。何かしらの危険を回避できたり、少しでいいからお金を手に入れることができたりとか。ココロを豊かに暮らしたいですね。

  11. 実際に『今日は何かツイてるかも!』と思う日というのは、一日中何をしても上手くいくような気分になりますね。

    本当にまた良い事が起きるかも!と思うと起きちゃうんですよね。

    やっぱり"病は気から"というのと同じような感じで、感情の持ち方は大切なのかなと思います。

  12. なるほどとおもいました。私は、マイナス思考が強いので、運が無い事のほうが多く納得です。此からは、プラス思考になるよう気をつけたいですね。プラスな行動は、疲れそうですので、プラスな感情を持てるように、常に意識して生きたいです。わたしも運を良くしたいですから。

  13. その通りだと思います。マイナスはマイナスしか生み出しません。私自身もなるべくマイナス思考の人とは絡まないようにしています。

    • 私はマイナスからプラスが生まれることもある。と思っています。

      太陽の下で気持ちいいけど、長く浴びていると熱射病・日射病になるように、

      逆に、夜は昼より危険が増えるけど、涼しいし楽しい事もあるよう。

      バランスが大事であって、プラス多めで、マイナスはバネに使う。というのが個人的な理想です。

      マイナスな人はマイナス影響が強いけど、プラスになった時にはプラスな影響が強い人です。

      自分に合わせて、関わるレベルを考えることも大事ですね。

      マイナスな人は、マイナスに向き合っている人です。

  14. メグミ(二児のママ)

    人間の考え方や気持ち、行動で、悪い方に考えてしまうと、善くない方に良くない方にと気づいてみたらなっていたりするのは、あると思います。
    でも、人間考え方を自分中心から少しだけでも誰かのためにってしてあげられて、喜んでもらえたりしたら、プラスになりやすいのかもなとも思います。

    とはいえ、誰かのためは、近いか遠いかはわからないですが先々の自分へと気遣い一つでも返ってきます。

    車の車線変更で、かなり混んでても、入れてあげたら、自分の車線変更の時に入れてもらえたりします。

    運がよくなるきっかけは考え方と行動に加えて、思いやりと気遣いもあるかなと、思っています。

    • そうですね。思いやりも、気遣いも大事だと私も思います(*^_^*)

      とくに、車線変更のお話も、そうかも!って思いました。

      車運転している時の何気ない気遣いも嬉しいですよね!

  15. 私も運は欲しいと思う方です。去年の前半は自分の努力でどうにか上手く進みましたが、後半は運に見放され・・・。今年は、周りの運の強そうな人たち(ポジティブ精神でこちらも明るくなります♪)からもらいつつ、頑張ります。

  16. 以前、「自分の心の安定の為に、嫌な事を言う人、嫌だと思う事からは離れるようにしている」という人の話にとても納得した事があります。

    この記事も同じ事ですよね。

    なかなか他人の影響というものを自覚するのは、難しいかもしれません。

    でも、冷静に考えて、「このネガティブさは、どこから来るのか」と分析すると、マイナス思考の人からの影響を避ける事ができるんですね。

    私も他人の影響を受けやすいと自覚はあるので、気を付けたいと思います。

    プラスな行動、思考などを1つでいいから身に付ける。

    素晴らしい行動ですね。

    • 「他人の影響というものを自覚するのは、難しい」は納得です。

      「影響」と書いて「影の響き」で、影を無意識にすると、
      無意識の影の部分が、他者に作用し、他者を反応させます。

      ですので、影響を与えた側も、影響された側も、自覚できないんですよね;^^

      だから「人のせいにするな!」とトラブルになりやすいんです。

      影響は誰もがされるものですが、減らすこともできるので、やっぱり自分を変えることですね!

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)