運が良くなりたい?運が良くなる方法

運が良くなりたい?運が良くなる方法

運が良くなりたい方にオススメの情報です。 まず脳科学で運が良い人と言うのは、科学的に説明のつく行動のパターンや頭の使い方があることがわかっていると言われます。 「思考」「行動」「感情」これらがセットで、私たちの運を変化させるのです。どのように変化させるかと言うと、簡単に言えば、

運が悪い状態

「マイナスな思考」をして「マイナスな行動」をとって「マイナスな感情」を作り出す。すると無意識(潜在意識)にマイナスイメージが蓄積。そのイメージのフィードバックを受けて、運が悪い結果となるのです。

運が良い状態

「プラスな思考」をして「プラスな行動」をとって「プラスな感情」を作り出す。すると無意識(潜在意識)にプラスイメージが蓄積。そのイメージのフィードバックを受けて、運が良い結果となるのです。

このような感じです。イメージのフィードバック部分に自動思考があるので、自分でも意識していない自動な思考があるので、それに自分が動かされているのです。この仕組みがわかっていないことで「なんで自分は運が悪いの?」と思ってしまいやすいのです。

運を良くするには

手っ取り早いのは、運を良くしたいと思ったら運のいい人とつき合うことです。何故かと言うと「良くも悪くも」人は人の影響を受けます。悟りを開いて完全な人間にならなければ影響は受けるのが普通です。

嫌な人といたらやる気が無くなる経験ってありますよね。「あなたといるとやる気がなくなる」と伝えたら「人のせいにするなよ」となりますけど、影響を受けるのが自然なのです。ですから、離れればよいだけです。

逆に運を良くするには、ヤル気があって明るくて楽しくて、一緒にいて嬉しくなる人といれば、影響を受けるので、積極的に運の良い人と関わると良いのです。しかし、この方法では、常に人に動かされてしまいやすいので、運が良くなれたと思っても、嫌な人の影響を受けて、運が悪くなりやすいので根本から変えるほうが良いでしょう。

根本から運を良くするには

運を良くするには、先ほど書いた「プラスな思考」をして「プラスな行動」をとって「プラスな感情」を作り出すという3つのうち、どれかを自分の努力で変えて、それを癖にしてしまう事です。

プラスな思考を癖にするか、それとも思考は後回しでプラスな行動を開始するか。プラスな感情を生み出すことを意識するか。

自分が出来ることを開始して諦めずに継続することです。今日も一歩ずつ進んでいきましょう!

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)