【自信をつける方法】「今」から始めよう!

15035 views
約 5 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
【自信をつける方法】「今」から始めよう!

この記事は「自信をつける方法」をテーマに書いていきます。自信をつけたい人は、是非読んでみて「これ使える」と思った部分は吸収して下さい。

他人と比較しすぎない

他人と比較をすると、劣等感が生まれます。そして、その劣等感をバネにせず放置していると、やがて劣等コンプレックスになり、それでも回避し続けると、深刻な劣等コンプレックスになり、他人を攻撃せずにはいらない状態になってしまう事もありますから、劣等感の扱いには注意が必要です。その為にも原因となる「他人との比較」はしすぎないことが大事です。

人は比較しようのない、それぞれが「かけがえのない尊い存在」だと理解し思えば他人との比較は不要だとわかるとおもいます。「あれもいい」「これにはまた違った良さがある」「それも素敵」と、それぞれの良さを見ようとすると比較が不要だとわかるでしょう。上には上があるので比較をして上にいっても劣等感は強くなる一方です。ですので上下ではなく横として人を見ればよいのです。そして、それは比較しようのない素敵な存在であると思える部分を見つけることです。自分にとって嫌な奴だと思っても、その人にしかない良さもあるのです。

ですので比較をすると劣等感が生まれるので、比較しすぎないで、自分がバネにしたい分だけ劣等感を生み出したら、あとは比較をやめて、比較しようのない素敵な存在であると思える部分を見つけましょう。

自分の恐怖を知る

自信とは、文字通り自分を信じることです。自信が無いという事は自分を信じれないという事です。では自分を信じずに、いったい何を信じているのか?自分を無視してまで何を、誰を信じているのか?

そして、自分を信じると何に恐怖するかを知ることが大事です。自分の本当の意見を言ったら否定されるのが怖いとか、拒否されるのが怖いとか、自分が必要以上に恐怖しているものがあると思います。その必要以上に恐怖しているものを特定し、本当にそうなのかを本気で確かめると、それは自分が必要以上に恐怖していただけだったと分かる事もあります。

自信が無いから出来ないという人がいますが、それは自信が無いから出来ないのではなく「恐怖しているから出来ない」のです。恐怖に立ち向かっていく勇気を持つことです。

継続すること

自信をつけるためには、今日明日で魔法のように自信をつけることは出来ません。何故なら、自信とは無意識(潜在意識)の自分のイメージの纏まりだからです。その纏まりは時間をかけて蓄積してきたものです。思考、行動、感情、で日々蓄積してきたものです。

例えば「あとでやろう!」と自分で思ったのに「面倒だからいいや」とやらない。すると自分と約束したことなのに、平気で自分との約束を破って、約束を破ったことの罪悪感もありませんよね。これが他人だったら「あんないい加減な奴、絶対信じれない!」と思うと思いますが、それは自分に対しても同じです。

<<下に続く>>

ですので、自信がつくことを繰り返しトレーニングのように継続することが必要なのです。そして結果を出したとき、自分で自分を信じることが出来るのです。このサイトで紹介をしている「プラス思考トレーニング」も同じです。くり返しトレーニングするから変われるのです。命にかかわるような衝撃的な事がない限り、人は一瞬で変わるのは難しいのです。ですので自信をつけるには諦めずに継続することが大事です。

自分を尊重すること

自信をつけるには自分を尊重しましょう。尊重するという事は自分を価値ある存在として扱う事です。自分に価値があるかないかに根拠など不要です。今すぐに「自分には価値がある」と断定的に思っても良いのです。自分を価値ある存在として扱えば、自分との約束を守りたい気持ちにもなります。自分を癒したくもなりますし、自分を労わりたくもなります。そして自分をレベルアップさせたいとも思えます。あなたがレベルアップしていった先には、あなたにしかない能力が手に入るでしょう。

相手の反応は自分次第

これは本当に凄く大事なことです。すぐに怒る人や、モラルハラスメントをする人、殴ってくる人、など色々いますが、それらの人が100人とコミュニケーションをとって100人みんなに同じ反応をすることはありません。Aさんには怒るけどBさんには笑顔だったということはよくあることです。

つまり、自分のコミュニケーションによって、相手の反応は変わるという事です。ですから相手の反応は自分次第なのです。相手に良い反応をしてほしければ、自分が相手にとって良いコミュニケーションを取ればよいのです。責任とは「反応する能力」のことですから、自分が相手に正しく反応すれば相手は怒り出すことは少ないのです。そして自分が相手に正しく反応していけば、相手も正しく反応してくれやすくなります。

ですので自分のコミュニケーション能力を上げていけば、それは自分を信じていけることに繋がるのです。コミュニケーション能力を上げるには、脳の前頭葉の中にある前頭前野を鍛えることが大事だといわれます。前頭前野は、「人と上手にコミュニケーションをとる力」にも関係しています。ですから、前頭前野を鍛えることは自信をつけることにも繋がってくるのです。

自分の弱さを認めて受け入れる事

自分の弱さを認めて受け入れる事が自信をつけることに繋がります。自分のことを弱さも全部含めて受け入れてくれたら、その人を信じれる気がしませんか。それと同じで自分で自分自身の弱さを受け入れ認めることで自分で自分を信じれるようになれるのです。弱い部分はあって当たり前です。弱い部分があるからと言って悪い事ではないのです。

 

以下の記事も読んでみて下さい。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)