温故知新(おんこちしん)過去の振り返りは「天才脳」を目覚めさせるために重要なことだった!

温故知新(おんこちしん)過去の振り返りは「天才脳」を目覚めさせるために重要なことだった!

こんにちは!

菅原です。

前回お送りしたメールの、
「実は、既に色々と引き寄せてきた」ということ。

多くの方が購読をされていますが、
このことは納得した人も多かったのではないでしょうか(^^)

・前回のメール内容
https://bright-ms.net/?p=5770

問題は「脳の使い方」なんですよね。

─────────────────────────────

脳科学の裏付けがなされた、
科学的に成功を引き寄せるメソッド

詳細はこちら

※期間限定※
2017-05-11 18:00:00まで

─────────────────────────────

こちらの動画の0:40あたりで
「天才性っていうのは誰でも持っている」と、

10万人以上の人生を変えてきた、
実践的脳科学コンサルタント石川大雅先生が仰っています。

※まだ見ていないなら動画を見て下さいね。

つまり、あなたも天才性を持っている。
持っているのに使えていない。

何故か?

それが「脳の使い方」を知らないからなんです。
「天才性」は「脳のワーキングメモリ」と関係があります。

「脳のワーキングメモリ」は
「作業場」のようなものです。

脳の作業場です。
~~~~~~~~~~

つまり「脳のワーキングメモリ」を鍛えたり、
効率よく使うということは、
広くて便利な道具が沢山ある作業場ってことなんです。

「天才脳」になるための1つは
「ワーキングメモリを鍛える」ということなんです。

ここで引用文をお読み下さい。

─────────────────────────────

そして、「天才脳」を目覚めさせている人は、
無自覚に自分独自のデータベースをつかいこなしています。

未来のデータベースの情報から、
成功までの最短経路を導き出し、

過去のデータベースに蓄積された
ノウハウ、スキル、マインドを活かし、

現在のデータベース(脳のCPU)の力を最大化し、
常に最高のパフォーマンスを維持していく。

引用元:
→ https://forestpubafc.com/lp/11629/694659

─────────────────────────────

はい。

次に、私が記事で過去にお伝えしたことから。

─────────────────────────────

何故、過去を振り返ることこそが真の「自己肯定」なのか。
過去の事実は自分が生きた証。自分の創った道。
それを自分で無視する。まるで自分への心理的ネグレクト。
どんな過去もしっかり振り返ることが出来たら自分が自分に感謝出来る。

自分の過去には、苦しいことや辛いこと色々あるでしょう。
だけど、それが今のあなたが今生きている証なのです。
他人から見たらどんな無様に見える過去でもいいのです。
それが紛れもない生きた証だから。無様ではないのです。

引用元:
https://bright-ms.net/?p=1331

─────────────────────────────

つまり「天才脳」になるには、
「過去の振り返り」が重要だということなんです。

こんな”ことわざ”があります。
「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る(温故知新)」

過去の振り返りこそお宝の山です。
過去を振り返って過去を活かす。

それが「天才脳」になるために
大切なことなんです。

今回お伝えしたかったことは、
「天才脳」になるためには、
「過去に蓋をしないことも大切」だとお伝えしたかったのです。

苦しい過去には、プラスが隠れています。
その過去と向き合い、プラスを見つければ、
それが、

─────────────────────────────

そして、「天才脳」を目覚めさせている人は、
無自覚に自分独自のデータベースをつかいこなしています。

未来のデータベースの情報から、
成功までの最短経路を導き出し、

過去のデータベースに蓄積された
ノウハウ、スキル、マインドを活かし、

現在のデータベース(脳のCPU)の力を最大化し、
常に最高のパフォーマンスを維持していく。

引用元:
→ https://forestpubafc.com/lp/11629/694659
─────────────────────────────

このことに役立つのです。

過去に蓋をすれば
「天才脳」を目覚めさせることは出来ません。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
温故知新(おんこちしん)過去の振り返りは「天才脳」を目覚めさせるために重要なことだった!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
温故知新(おんこちしん)過去の振り返りは「天才脳」を目覚めさせるために重要なことだった!

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)