温故知新(おんこちしん)過去の振り返りは「天才脳」を目覚めさせるために重要なことだった!

1259 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

温故知新(おんこちしん)過去の振り返りは「天才脳」を目覚めさせるために重要なことだった!

こんにちは!

菅原です。

前回お送りしたメールの、
「実は、既に色々と引き寄せてきた」ということ。

多くの方が購読をされていますが、
このことは納得した人も多かったのではないでしょうか(^^)

・前回のメール内容
https://bright-ms.net/?p=5770

問題は「脳の使い方」なんですよね。

─────────────────────────────

脳科学の裏付けがなされた、
科学的に成功を引き寄せるメソッド

詳細はこちら

※期間限定※
2017-05-11 18:00:00まで

─────────────────────────────

こちらの動画の0:40あたりで
「天才性っていうのは誰でも持っている」と、

10万人以上の人生を変えてきた、
実践的脳科学コンサルタント石川大雅先生が仰っています。

※まだ見ていないなら動画を見て下さいね。

つまり、あなたも天才性を持っている。
持っているのに使えていない。

何故か?

それが「脳の使い方」を知らないからなんです。
「天才性」は「脳のワーキングメモリ」と関係があります。

「脳のワーキングメモリ」は
「作業場」のようなものです。

脳の作業場です。
~~~~~~~~~~

つまり「脳のワーキングメモリ」を鍛えたり、
効率よく使うということは、
広くて便利な道具が沢山ある作業場ってことなんです。

「天才脳」になるための1つは
「ワーキングメモリを鍛える」ということなんです。

ここで引用文をお読み下さい。

─────────────────────────────

そして、「天才脳」を目覚めさせている人は、
無自覚に自分独自のデータベースをつかいこなしています。

未来のデータベースの情報から、
成功までの最短経路を導き出し、

過去のデータベースに蓄積された
ノウハウ、スキル、マインドを活かし、

現在のデータベース(脳のCPU)の力を最大化し、
常に最高のパフォーマンスを維持していく。

引用元:
→ https://forestpubafc.com/lp/11629/694659

─────────────────────────────

<<下に続く>>

はい。

次に、私が記事で過去にお伝えしたことから。

─────────────────────────────

何故、過去を振り返ることこそが真の「自己肯定」なのか。
過去の事実は自分が生きた証。自分の創った道。
それを自分で無視する。まるで自分への心理的ネグレクト。
どんな過去もしっかり振り返ることが出来たら自分が自分に感謝出来る。

自分の過去には、苦しいことや辛いこと色々あるでしょう。
だけど、それが今のあなたが今生きている証なのです。
他人から見たらどんな無様に見える過去でもいいのです。
それが紛れもない生きた証だから。無様ではないのです。

引用元:
https://bright-ms.net/?p=1331

─────────────────────────────

つまり「天才脳」になるには、
「過去の振り返り」が重要だということなんです。

こんな”ことわざ”があります。
「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る(温故知新)」

過去の振り返りこそお宝の山です。
過去を振り返って過去を活かす。

それが「天才脳」になるために
大切なことなんです。

今回お伝えしたかったことは、
「天才脳」になるためには、
「過去に蓋をしないことも大切」だとお伝えしたかったのです。

苦しい過去には、プラスが隠れています。
その過去と向き合い、プラスを見つければ、
それが、

─────────────────────────────

そして、「天才脳」を目覚めさせている人は、
無自覚に自分独自のデータベースをつかいこなしています。

未来のデータベースの情報から、
成功までの最短経路を導き出し、

過去のデータベースに蓄積された
ノウハウ、スキル、マインドを活かし、

現在のデータベース(脳のCPU)の力を最大化し、
常に最高のパフォーマンスを維持していく。

引用元:
→ https://forestpubafc.com/lp/11629/694659
─────────────────────────────

このことに役立つのです。

過去に蓋をすれば
「天才脳」を目覚めさせることは出来ません。

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)