引きこもりの息子の家庭内暴力の相談や施設をお探しなら、自立のために心のがっこうの在宅支援を検討してみてはいかがですか。

引きこもりの息子の家庭内暴力の相談や施設をお探しなら、自立のために心のがっこうの在宅支援を検討してみてはいかがですか。



家庭内暴力は口で言ってもやめることはない

ご家族の、ひきこもり・家庭内暴力で悩んでいる方にお伝えしたいことがあります。

それは、ひきこもりであっても、家庭内暴力であっても、「本人は自分の善に沿って行っている」ということ。善というのは善悪という意味ではなく為になるという意味です。ひきこもりの人は引き篭ることが自分の為になると信じています。家庭内暴力を行う人も、家庭内暴力が自分の為になると信じています。

なので、口で「やめないさい!」と言ったってやめることは出来ないのです。頑なに信じ込んでいる自分の為になっているという思い込みがあるうちはやめないのです。ただ、もっと良い方法を知らないだけなんです。もっと良い方法(自分の為になる良い方法)を知ることが出来れば変わることも可能なのです。

家庭内暴力の原因

家庭内暴力の原因は1つではありません。原因が1つなのであれば簡単に家庭内暴力を未然に防ぐことが出来ます。1つの原因ではなく色々な要素や原因が連鎖して複雑に絡み合いながら複数の要素や原因が大きな纏まりとなり、結果として暴力を引き起こしています。

簡単に作った図なのでわかりにくいかもしれませんが、以下の図のようなイメージです。

このように、1つの暴力の原因と言っても、その中には、色々な要素や原因が連鎖して複雑に絡み合いながら複数の要素や原因が大きな纏まりとなり、結果として暴力を引き起こしています。

「これが原因です」というものを特定することは非常に困難です。何故なら1つの原因があるわけではなく様々な原因が複雑に絡み合って大きな纏まりとなっているからです。心の傷や、深刻なコンプレックス、精神疾患、社会的要因、本人さえも自覚の出来ない心の問題など。

原因探しをしているだけで時間を浪費してしまい、家庭内暴力や引きこもりが悪化していく可能性もあります。

暴力団も、実はこの内容を大きくしたようなものです。1人1人に様々な暴力を引き起こす要素などがあり、それが集合的になって集まって組織することで、非常に複雑な集合的な無意識の纏まりとなるため、暴力団の解体は非常に難しいのです。

家庭内暴力の対策

暴力は、見えない場所ではエスカレートしやすいものです。ですので、見えない場所としておくことは危険です。暴力を振るう側は暴力によって相手を支配できると、更に続けます。なので、初期段階で第三者や専門家へ相談することが大切です。

<<下に続く>>

暴力を振るう側が、娘であっても、息子であっても、高校生であっても、親であっても、まずは専門家などに相談して下さい。

家庭内暴力の施設や相談は

家庭内暴力はエスカレートしていきやすい。だから動き出さなくてはいけない。だけど本人は動き出せない。だから周りが出来ることがあればしてあげたらいいのです。そこで、僕がおすすめするのが「在宅支援|こころのがっこう」です。ひきこもり・家庭内暴力社会復帰支援プログラム(3カ月コース)です。

完全在宅ではないですが、専門指導員が社会復帰支援プログラムに沿って在宅支援を進めていきます。元警部警察歴20年の警察OBが運営する全国で唯一の自立支援施設です。

ひきこもり専門相談員の配置、警察など関係機関からスタッフの受け入れ、ハローワークを通じた就労支援など常に行政機関と緊密に連携した体制を確立しております。

そしてこれまでたくさんの、ひきこもり、家庭内暴力、ニート問題等解決困難と思われた事案の「最後の砦」として皆さんの期待に応えてきました。警察OBのプロにすべてお任せ出来ます。

先ほどもお伝えしましたが、ひきこもりの人は引き篭ることが自分の為になると信じています。家庭内暴力を行う人も、家庭内暴力が自分の為になると信じています。ただ、もっと良い方法を知らないだけなんです。もっと良い方法(自分の為になる良い方法)を知ることが出来れば変わることも可能なのです。

社会復帰支援プログラムの流れ

1、ひきこもり・家庭内暴力社会復帰支援プログラムお申込み
このページの「お申込」ボタンからお申込手続きをお願いします。

2、第1回面談実施(当社)?
ご家族から詳しくご本人の状態をお聞きして社会復帰支援プログラム実施計画を策定。

3、社会復帰支援プログラムの実施?
実施計画に基づき3か月間、専門指導員のサポートにより支援プログラム実施。

4、定期面談、24時間サポート?
月1回の面談、ご本人への接し方等アドバイス、随時面談、緊急時は24時間サポート

5、効果、成果の検討?
ご本人の社会復帰への準備活動、在宅支援の継続、自立支援施設への入所などを検討します。

引用元:在宅支援|こころのがっこう

本人も苦しんでいると思います。苦しみから抜け出すには新しいことを知る必要があります。こちらのプロのお力を借りて是非大きな変化を起こしてみて下さい。家庭内暴力や引きこもりは放置すればするほど悪化していきます。悪化する前に対処していかなくてはいけない大問題です。

 

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)