アダルトチルドレンのスケープゴートタイプ(身代わり)の傷が深い理由。自己愛性人格障害はアダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人に多い。

URLの変更に伴いShare数がリセットされました。沢山のShareをいつもありがとうございます。
虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
アダルトチルドレンのスケープゴートタイプ(身代わり)の傷が深い理由。自己愛性人格障害はアダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人に多い。

人に迷惑をかけたり助け合ったり。それが人間らしく大切だという人もいる。それは確かに美しいかもしれない。しかし、考えないといけないのは、そういった仕組みの中で一部の人間だけがスケープゴートされている事実。そしてそのスケープゴートされた者には苦しみを表に出させないように蓋をすること。

こういった「一部が犠牲になる仕組み」は、機能不全家庭でよくあること。そして、そういった機能不全家庭で育ったまま、毒を断ち切っていない者たちは、他所でも「無意識のうちにスケープゴート」するのです。要は「身代わりとして悪用」するのです。

この話は、アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人にはよく分かるお話ですが、逆に、身代わりを使って逃れてきたタイプの人にとっては面白くない話となります。

実は、自己愛性人格障害はアダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人に多い。自己愛性人格障害の人は、騙されやすく、傷だらけで、身代わりを作って逃れようとするタイプから攻撃を受けやすい存在です。その為、怒りを使ってしまいやすいという特徴があります。

アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人は、犯罪者になりやすいのですが、自己愛性人格障害の人も同じく犯罪者になりやすいのです。共通点はたくさんあります。自己愛性人格障害の人も心の傷がすごく深いのに言えない。アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人もアダルトチルドレンの中で最も傷が深いと言われています。

そして、身代わりを作って逃れようとするタイプからは徹底した攻撃を受けやすいというのも共通点としてあります。身代わりを作って逃れようとするタイプは「人の所為」が得意です。自己愛性人格障害の人たちは実は人の所為が下手です。

つまり、本当に人の所為にするのが上手い身代わりを作って逃れようとするタイプから「お前は人の所為にするな」とすり替えられやすいのです。だから、自己愛性人格障害は爆発しやすいのです。

真実を見る目がある僕が見ると「すり替えが上手いな」と思う部分もありますので、こうして「真実」を残しておこうと書いておきます。

最初のお話に戻りますが、

人に迷惑をかけたり助け合ったり。それが人間らしく大切だという人もいる。それは確かに美しいかもしれない。しかし、考えないといけないのは、そういった仕組みの中で一部の人間だけがスケープゴートされている事実。そしてそのスケープゴートされた者には苦しみを表に出させないように蓋をすること。

ここの赤文字部分。これが「自己愛は悪だ!悪人だ!」という「障害を抱えている人への差別やハラスメント」が、「スケープゴートされた者には苦しみを表に出させないように蓋をする」という部分です。

「自己愛性人格障害」は「障害」です。それ以上でも、それ以下でもない。そこに「悪だ!」「完全な悪だ!」というレッテル貼りと印象操作があるのです。しかも、時々、大の大人までもが「平気で差別」をしている。差別はよくない。不満や恨みは、その「個人」に対して向けたらいい。

「自己愛性人格障害」は「悪だ!」「完全な悪だ!」というのは、その者たちのフィルターで見ているのすぎないのです。レッテルを貼って、嫌がらせをして、そして相手が怒ったら、更に一方的に悪人扱いする。正義の名の下追い詰める卑しい行為です。

ですから、どっちが悪か、とあえて言うのであれば、「追いかけているほう」が「悪」なのではないでしょうか。意外と、自己愛性人格障害の人は、「攻撃されたから、反撃している」というケースもありますよ。攻撃は、何も目に見えるものだけではありませんから。

自己愛性人格障害の人や、アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人は「他人から罪を被せられて追いやられやすい人たち」なのです。どうしてそうなのかというと、嘘がつけない、根はやさしく、真面目。自分の傷が深すぎるから自分を見れない。そういった状態です。だから利用されやすいのです。

<<下に続く>>

他人から罪を被せられて追いやられやすい人たち」は、「虚偽告訴罪」について勉強しておくことをおすすめします。

虚偽告訴等罪(きょぎこくそとうざい)とは、刑法が定める犯罪類型の一つで、刑事実務上および刑法学上の用語。誣告罪とも呼ばれる。他人に刑罰や懲戒を受けさせる目的で、虚偽の告訴をする行為を内容とする。告訴だけでなく虚偽の告発や、処罰を求めての申告も含む。

引用元:虚偽告訴罪 – Wikipedia

あなたを陥れようとして、虚偽の告訴や告発をした場合、虚偽告訴罪に該当することがあるのです。虚偽告訴罪はけっこう罪が重く、「3月以上10年以下の懲役に処する(刑法第172条)」となっています。

「スケープゴート」は、まさにこういうことです。

スケープゴートの存在があったから周囲の者は「生き延びることが出来た」のです。その証拠に、その家族からスケープゴートされている者が抜け出そうとすればわかります。必死に引き止めたり、戻ってくるように仕向けますから。

「自己愛性人格障害」は「悪だ!」「完全な悪だ!」と無関係な者も、結局はスケープゴートされている存在を必要としているのです。そうじゃないなら、赤の他人の自己愛性人格障害に関与する必要はないでしょう。自分に対して攻撃してきた者がいるのなら、その者にだけ対処すればいいのです。

スケープゴートタイプの人は、もう背負う必要はない。そう、僕は思います。あなたが、身代わりや犠牲をやめると、あなたを利用していた者たちは豹変し情に訴えてくる可能性は高い。僕もそうだったからよくわかる。それでも切り捨てていいと僕は思います。自分を大切にすることが1番必要なことです。

優しすぎる人たちは自らを犠牲にして家族に尽くして来た人が多い。「きっといつか犠牲になったことが無駄ではなかったと思える日が来る…」と信じて、家族の中でスケープゴートされていることに何となく気づいていても我慢してきた人もいるでしょう。だけど、報われる日は来ない。

スケープゴートする側は、その時の自分に都合よく犠牲者を利用をするもの。つまり、それは、ずっと続ける可能性が高い。だから、もう背負う必要はないのだと思う。あなたが他の人の罪を背負って自分を犠牲にしても彼らは改心はしない。人生、時間は限られている。もう、自分のために生きていいのです。

関連コンテンツ

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】です。

こちらは、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんという方が制作したマニュアルで、2898人以上の被虐体験者のトラウマを解消してきた方法です。

虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

虐待専門カウンセラー岡田ユキさんは、虐待のトラウマを克服した専門カウンセラーです。

【虐待根絶マニュアル】の特徴
●なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
●自分を虐待してきた家族への対処法がわかります!
●「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
●恋愛、夫婦、親子、上司部下などすべての人間関係が改善します!
●岡田式AC判別法により、自分に合った治療法がわかります!
●セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
●「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
●自分自身への罪悪感が消えて、人生が好転します!

【サポート体制も万全】
ご購入された方は、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんの個別のメールカウンセリングでのサポートを60日間回数無制限で受けることができます。

更に、対面カウンセリングをしてほしいと方は、通常20,000円いただいている対面でのカウンセリング(2時間)を 5,000円値引きの15,000円で受けることができます。

サポートも充実しています!

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」は、自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法です。生きづらさを抱えているあなたは是非試して下さい。とくに自分がHSPだと思うのならこちらのマニュアルがおすすめです。

仕事、家庭、育児などで人間関係がうまくいかないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで、自分で解決できる内容になっています。

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)