疑うことは悪いことか。いえ、悪いことではありません。人は「信じたい時に疑う」のです。だから必要なことは「確認」なのです。

1708 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
疑うことは悪いことか。いえ、悪いことではありません。人は「信じたい時に疑う」のです。だから必要なことは「確認」なのです。

疑うことは悪いことか。いえ、悪いことではありませんが「疑われることで、嫌な気持ちになる人もいる」というのは事実ですね。疑うということは、事実と違うのではないか、間違っていないのか、と信じたいから疑うのです。つまり「疑うことは信じること」なのです。

この世の中に「嘘をつく人」が0人だったのなら「疑う」ことは誰もしません。世の中には、嘘をつき、人を騙し、陥れる人がいる。だから、人は「信じたい時に疑う」のです。明らかに信じる必要性もないと思ったら、人は、疑うことさえしません。

「容疑者」というのは「犯罪の疑いをかけられている段階」の呼び方です。つまり、「○○容疑者」は「まだ犯人と確定したわけではない」のです。まだ疑われている段階です。そこから「確かなこと」を集めて確定されていくわけです。

つまり、疑うということは、「確認」の一歩手前であり、「確認していく必要性がある」ということでもあるのです。疑ったままだと、自分も相手も嫌な気分になりますよね。ですので、「確認」して、進めていくことが大事なのです。

<<下に続く>>

人と人に、完全に近い「信頼関係」があると、「疑うことは基本出てこない」のです。お互いに、無意識のうちに「確認する必要性がある」と感じているから「疑う」のです。

疑ったままだと、なんの進展もない。進展させるために「確認」して、進捗状況を確認し、1歩ずつ進めていくことが必要だと「疑う気持ちは教えてくれている」のです。ですから、疑いが出ているのなら、「正しく確認していくことをおすすめ」します。

確認の結果、相手の嘘が明るみに出てしまうこともあります。そうだったとしても、責め立てず、相手が嘘をついていた理由を相手の立場になって理解できる部分は理解してみれば、新たな進展(プラスな意味)があるかもしれません。

どんな人も、赤ちゃんの時、子供の頃は嘘をつきません。生存のために「嘘を覚える」のです。つまり、嘘をつかなくとも安心して生きれるのならば、人は嘘をつかないで生きていけるのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)