【名誉毀損】「匿名」と「個人を特定可能な実名」の違い知ってます?このような犯罪を行わないよう「遊び」と「遊びじゃないこと」の「区別」くらいしっかりつけておかないといけません。

699 views
約 4 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
【名誉毀損】「匿名」と「個人を特定可能な実名」の違い知ってます?このような犯罪を行わないよう「遊び」と「遊びじゃないこと」の「区別」くらいしっかりつけておかないといけません。

名誉毀損は立派な犯罪です。ですので、名誉毀損を行ってしまったり、名誉毀損を他人にやらせるように仕向ける者に騙されて行ってしまうことがないよう「匿名」と「個人を特定可能な実名」の違いを知っておくことが必要です。

自分が「匿名」の時に相手から「お前を必ず◯すからな」と言われても「それで?」となる。しかし自分が実名や住所を公開している場合に同じことを言われたら話は違ってくる。だから実名に対しての名誉毀損や脅迫は立派な犯罪になる。「匿名」と「個人を特定可能な実名」の違いの意味を知ることは大切。

例えば、匿名同士が相手のニックネームに対して「お前は風呂も入っていない腐ったやつだ」と言っても名誉毀損にはならない。しかし、「個人を特定可能な実名」に対して行うとこれは名誉毀損に該当します。当然のことです。

個人を特定できる情報に対し、公然の場で、誰もが見れる場所で「お前は風呂も入っていない腐ったやつだ」とか「お前は過去に強姦をしたことを隠すなよ」いう「ウソ」や「妄想から相手を不潔扱い」して社会的評価を低下させたり「名誉感情を害する」ことに繋がる書き込みをした場合、これは立派な犯罪です。刑事とは別で民事で訴えられることでもあります。

企業や個人事業主に対して、嘘を使って信用を落とさせるようなことをすれば「信用毀損罪」になることもあります。

このような犯罪を行わないよう「遊び」と「遊びじゃないこと」の「区別」くらいしっかりつけておかないといけません。

逮捕されたり民事で訴えられたら「そんなつもりじゃなかったのに」なんていう子供の言い訳は通用しません。法の裁きが待っています。

ネット上で嘘の悪評を流す人は絶対に実名や住所を出さずに匿名で無料ブログサービスなどを使って人を集めて裏で嘘の悪評を流すこともあると言われている。そして誰かに思い込ませてその思い込んだ人を利用して嫌がらせを間接的に行うという。犯罪を犯すのは鵜呑みにした人。

<<下に続く>>

嘘の悪評の火種は、匿名が無料ブログサービスなどを使い多くの人を集めて、気づかれないようにゆっくり騙しながら作られていく。それを観察して勉強している人もいる。当然、最初の火種をコツコツ作る者は実名や住所を出すわけがない。名誉毀損や信用毀損を他人にやらせる悪人です。

名誉毀損を行う者は、人を傷つけずにはいられないモラルハラスメント加害者の成れの果て。

人を傷つけずにはいられない者が人を傷つける方法を進化させていった先にあるのが名誉毀損や誹謗中傷など。更に進化したら自分の手を汚さずに他人がやるように仕向けていく。まさに精神的な嫌がらせがやめらないモラルハラスメントの加害者のやること。

やっていいこととダメなこと(犯罪)の区別もつかなくなると自分で自分の首を絞める結果にもなる。子供を犯罪者にしないためにも親が名誉毀損罪、信用毀損罪について理解を深めて教えてあげることも大切。逮捕され罰金で済んでも前科がつく。

「遊び」と「遊びじゃないこと」の「区別」

匿名同士は遊び

匿名と個人を特定可能な実名は遊びじゃすまされない

個人を特定可能な実名同士も遊びじゃすまされない

それだけ、実名と住所を公開するというのは、重要な意味があるのです。その重要な意味に対しての反応にも責任がついて回るのです。20歳過ぎたら子供じゃないのですから、しっかり法律を守ろうとする意識は大切なことです。

「匿名」の書き込みや情報発信は「責任を持ちませんよ」という意味です。

「匿名」の書き込みや情報発信は「責任を持ちませんよ」という意味です。遊びです。「個人を特定可能な実名」は「責任感持ってやっています」という意味です。匿名と個人を特定することが可能な実名の違いを知っておかないと他人を悪用する者に騙されて犯罪者になってしまうこともあるので要注意です。

このような他人を悪用して他人が名誉毀損などを起こすように仕向ける者は、嘘や、事実を歪曲した情報を裏で流している者です。このような者に「他人を悪用するなんて酷い奴だな」と思うことが大切です。良いことを言って優しい人をだまして、信じ込ませて、犯罪者にしちゃうのですからひどい話です。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・親への恨みを克服したい!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックス、優越コンプレックス、メサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・モラハラ加害者をやめたい!
・DV加害者をやめたい!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
・死にたい(死にたいくらい苦しい)
・自力でトラウマを克服したい!
・苦しい気持ちをわかってほしいという欲求が強い人!
・自分が自分の親になることが大切だとわかってきた人!
・誰かの所為にし続ける人生に終止符を打ちたい!
・自分のことをダメ人間だと思っていて無気力な人!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)