恐怖に「同一化(対象のものを取り入れて自分も同じになる)」すると、その時はホッとするでしょう。しかし、やがて本当の自分のたくさんの感情が奥に引っ込んでいき抑圧されます。そして他人の感情を自分のものだと信じ込んでしまいます。すると理由もわからない苦しみが付き纏います。

恐怖に「同一化(対象のものを取り入れて自分も同じになる)」すると、その時はホッとするでしょう。しかし、やがて本当の自分のたくさんの感情が奥に引っ込んでいき抑圧されます。そして他人の感情を自分のものだと信じ込んでしまいます。すると理由もわからない苦しみが付き纏います。

恐怖に「同一化(対象のものを取り入れて自分も同じになる)」すると、その時はホッとするでしょう。しかし、やがて本当の自分のたくさんの感情が奥に引っ込んでいき抑圧されます。そして他人の感情を自分のものだと信じ込んでしまいます。すると理由もわからない苦しみが付き纏います。

理由もわからない苦しみが付き纏い、悩み、さらに苦しみ、迷走し、時に煩悩にまみれ、もがく…。そこで、ようやく「自己認識」の必要性に気づくのです。心理学者ユングは「この自己認識の要求を拒むと本当の死を意味する場合がある」と言いました。それほど人は自己認識に恐れているのです。

もしも正しく自己認識をしてしまったら、今までの「恐怖への同一化をしてきた自分は?」という「現実」を知ることが怖くなるのです。なぜなら、その「恐怖への同一化」によって成し遂げたあらゆる行いに「罪悪感」が湧いてくるから。だから人は「自己認識」を徹底して避けるのです。

スケープゴートをされた人たちの役割は、スケープゴートをしていた側の「騙しの手口の理解を深めて情報発信していくこと」だと僕は思います。その行動がスケープゴート被害者たちが救われるキッカケになります。多勢に無勢でスケープゴート被害者を食いものにしていることは悲しいことです。

僕のブログのメルマガ読者は約2000人います。その一部は「声をあげることが怖い人たち」です。スケープゴートをされた人たちはSNSにある知識人の支配の群れから繰り出される手口が怖い人もいます。僕もよくわかる。知識があると嫌がらせが水面下に潜りますから。

「声をあげることが怖い人たち」が堂々と自分の意見をルールを守って冷静に整理して正しく情報発信していくことを僕は願っています。その勇気ある行動が知識人によるモラルハラスメントの罪に引導を渡すことになるでしょう。罪を憎んで人を憎まず。

事実を「ありのまま正しく説明出来るようになる」ことで恐怖の一部を減らすことが出来ます。

恐怖の殆どは「妄想」です。ひどい恐怖を抱いている人は、この妄想を鎮めることで恐怖は減っていきます。

「恐怖」は「”知らない”という隙間」に入り込んでくるものです。つまり「知る」を増やせば恐怖が減ってくるのです。あなたがビクビク恐怖しているのは”知らないから”なのです。明確に知るほど恐怖は減っていきます。恐怖を減らすために知ることを増やしていきましょう。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)