原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

洗脳されない騙されない生き方!「いい人」や「素直な人」でいることはやめましょう!

洗脳されない騙されない生き方!「いい人」や「素直な人」でいることはやめましょう!

「いい人」や「素直な人」は奈落の底に落ちていく

ここは、騙されない生き方に役立つ情報、そして「洗脳」を解き「支配」から脱出して幸せになるための「気づき」を増やす情報専門サイトです。

誰もが、必ず「親」や「教育」から「洗脳」されます。そして「洗脳」されたこに気が付かないまま自分の人生を生きていると思い込んで生きていきます。自分を見失っているのに見失っていることさえ気が付いていないのです。

だから自分の人生を生きているわけではないので、悩み、苦しみ、トラブルに巻き込まれたり、騙されたりして、不幸への道へと入っていくのです。そして「本当の自分」を取り戻すまで、「似たような問題がループする」のです。

つまり、洗脳されているから騙されるのです。騙されない生き方をすれば洗脳も解けていくし洗脳されにくくなるということです。ただし、簡単に洗脳は解けません。基本的には「気づいていない根底にある恐怖」と向き合わないと解けないです。

知らず知らずのうちに恐怖へ同一化して、他の価値観や感情などを自分のものだと思い込んでいるものがあります。それは恐怖があるから自分で気が付かないようにしているのです。だから「気づいていない根底にある恐怖」と向き合わないと解けないです。

本当の自分を取り戻す鍵は10歳前後にある可能性があります。必ずではありませんが、人は大体、小学校高学年あたりで自分でもよくわからないまま「恐怖へ同一化」していきます。それが「親」や「教育」「環境」から「洗脳」された時の大きな節目でもあるのです。自分らしくあり続けることは出来ないのが世の中です。

そこから自分を取り戻すには、我儘でいてはいけないのです。自分の中から「支配的な部分」を減らすことが出来れば「洗脳」持解けていくのです。「洗脳」と言ってもこれが「悪い」わけではないのです。「洗脳」によって命が守られたこともあるでしょう。「洗脳」が悪いのは私利私欲のために「洗脳」して「搾取」して相手を「破滅」へと導くこと。これが悪い洗脳です。

そういった意味で「教育」は悪い洗脳ではなく「良い洗脳」だと思われます。親による洗脳も、子供が結果として良い方向へ進んでいると思ったのなら良い洗脳だと思いますし、子供が毒親によって破滅へと誘導されたと思うなら一時的に悪い洗脳だと私は思います。また、それが後になってみると良い勉強になることもありますから、良い悪いで判断するものではないかもしれませんね。

なんであっても「洗脳」されたまま生き続けるのは、他人の人生を歩んでいるということなので洗脳は解けたほうがいいと思います。だから、騙されない生き方に役立つ情報、そして、誰もが親や教育によって「洗脳」され「支配」された。それを解いて幸せになるための「気づき」が大事なのです。

その「洗脳を解く」というのは言い換えれば「精神的に自立する」とか「支配的な自分を克服する」とか、そういう事なんです。ピンとこないかもしれませんが、洗脳は言い換えれば支配的で依存的だからされてしまうのです。自分の中に強い芯があっても支配的で依存的なものがあると洗脳もされてしまうのです。

幸せになるには「洗脳されない騙されない生き方」が必要なのです。「洗脳されない騙されない生き方」をするためには「洗脳」や「騙す心の詐欺師」について知る必要があります。あなたがもしも「そんなの知らなくてもいい」と思うのであれば自分に問いただしてみて下さい。「知らないものをどうやって防ぐのか?」を。

 知らないと防げません。知るから防げるのです。知るというのは大変な労力を必要とします。心の詐欺師はその「知る」ことを邪魔するものです。「勉強や本を読むことは意味がない」と。私たちが手っ取り早く知ることが出来るのは「本」です。しかも低価格、または無料で。知るための便利ツールが「本」です。なので沢山の「本」を読み続けて下さい。そして、心の詐欺師や支配者の「勉強や本を読むことは意味がない」という言葉には惑わされずに「知る」ことを増やしてください。

自分の頭で思考して下さい。

こういったことから、このブログでは「巧妙なモラルハラスメント」「支配」「心の詐欺」などについて沢山書いています。知らなければ防げないからです。だって洗脳は目に見えないんですよ。言い換えれば「洗脳は透明」です。例えば、あなたの家の周囲に透明の木が無数にあるとします。その木には沢山の毒のある棘が出ています。刺さるわけにはいきません。しかし透明だから木も棘も見えない…。これではまともに歩くことさえ出来ません。

しかし、毒の棘がある透明の木の場所を正確に描いた地図があって場所を知ることが出来れば?そう、防ぐことが出来ますよね。洗脳も同じです。

これからは本格的な洗脳時代に入ります。なぜ、本格的な洗脳時代に入るのかというと、あなたもご存知のように「○○ハラスメント」と色々なハラスメントがありますよね。最初は暴言などが主流でした。今では暴言を吐かない静かに精神的に追い詰めていき支配を成立させて精神的な嫌がらせを隠ぺいまでする陰湿なものも増え、更には被害者にでさえ攻撃を隠ぺい(被害者が気が付けない)する巧妙なハラスメントも増えてきました。

つまり、目に見えて簡単にわかる精神的な嫌がらせは減ってきているということです。当然ですよね。狡賢い者はバレないようにしますので、ますます水面下に潜り、巧妙になっていく。ロボットの時代ですから、もっと進化していくと一部の警察官もロボットになると思います。そして、街中で暴言吐いたりすれば「即罰金」のように厳しくなると思います。

そうなれば当然狡賢い者はもっと狡賢くなる。そしたら「洗脳」を覚えていくのは間違いないくらいのことです。だから人々は「洗脳」をするようになるのです。

「洗脳」が本格化してくると同時に「虐待」も更に深刻化していくのがこれからの流れです。つまり「洗脳されない」ことが「虐待を増やさない」ことに繋がる。虐待者は洗脳されて自分を見失って弱い者に八つ当たりしている。

この記事でお伝えしたことです。

<<下に続く>>

「洗脳」が本格化してくると同時に「虐待」も更に深刻化していくのがこれからの流れです。つまり「洗脳されない」ことが「虐待を増やさない」ことに繋がるのです。虐待者は洗脳されたことさえ気づいておらず「心を攻撃」されたことも気づかない。そして自覚のない鬱憤を「虐待など」に変えています。

「洗脳は心が弱い人がされるもの。だから自分は平気」と思っているタイプが一番洗脳されやすいし気がつかないものです。

伝わりましたか?陰湿で狡賢い者は、直接虐待などしません。煽って「間接的に虐待」を楽しむのです。そういった時に「洗脳」が使われます。洗脳者がAを洗脳。AがBを虐待するように仕向ける。Bは洗脳者の存在には気づけない。当然Aも洗脳者の洗脳の手口には気づけない。そしてAが「誰かに操作された気がする…」なんて明確に出来ないことを話したらお決まりの「Aは病気じゃないか?」と二次的の問題が生まれます。

Aが本当に誰かに操作されていると思うのであれば、その「誰か」を捕まえたらいいのです。その「誰か」を捕まえられないのなら病気だと言われてしまうのも仕方ない部分もあるのかもしれません。実際にちょろちょろ悪さをしている「誰か」がいるのであれば静かにチャンスを待って捕まえたらいいと思います。

このように洗脳する側は上手にバレないようにちょろちょろします。こういったものが増えていけば勉強をしてこなかった者は「転がされているのに転がされていることさえ気づけないまま不幸になる」可能性が高いと思います。

騙されないためには勉強が大事だということです。

よく「いい人」や「素直な人」ほど騙される世知辛い世の中だ…。なんて言いますよね。私も昔はこう思っていて、騙す側は悪い奴だ!と思っていたんです。だけど、これって違うんですよ。「いい人」や「素直な人」って実は虐待者である可能性があるんです。

だって、自分の大切な家族を守るために「いい人」や「素直な人」でいては守れません。そもそも誰に対し「いい人」や「素直な人」なのか。外部の人間にですよね。言い換えれば「媚びている」部分もあるのです。外部に媚びていると内部にマイナスになったりしやすいのです。

騙す側からすると「いい人」は「騙すのに都合のいい人」です。「素直な人」は「餌にホイホイ食いつく鵜呑みにする人」なんです。まさに騙す側からすると「鴨が葱を背負って来る」という見方をするのです。

だから「いい人」や「素直な人」でいることはやめましょう。

今から約16年前に日本人の多くは洗脳されていった…。その結果、虐待やいじめも増えた。今後、人は、洗脳も併せて「差別」を楽しみ、「差別」を娯楽にし、「差別」を趣味にしていく。洗脳を防ぐには!?

この記事でお伝えしたよう、今までも「洗脳」はありましたが、それは序の口です。これからが本番です。今まで「優しく泳がされていた」時代です。これからが「本格的な洗脳(狩り)」の時代です。

自分たちの「心」は自分たちで守ることが大切です。

【ピノキオ効果】ウソをつくと本当に鼻に変化が現れると判明!ただし、“伸びる”のではなく“温かく”なるらしいゾ

嘘をつくと鼻が伸びると言われますが、実際は、研究で判明したことは、鼻、目頭の周りの温度が上昇するということだそうです。ま、これは関係ないのですが、、、

もう一度この画像を見て下さい。

洗脳して嘘をついて騙して奈落の底に落とす心の詐欺師。人々は「餌」欲しさに全体も見ずに、奈落の底に落ちていく。だけど、よく考えて下さい。騙されたとしても、落ちる選択をしたのは誰か。心の詐欺師は直接手を下していません。ただ長い鼻に餌をぶら下げているだけで「いい人」や「素直な人」が勝手に落ちていくのです。

「いい人」や「素直な人」は目先の「餌」しか見えていない。目先の「餌」を見ている時に、家で子供が涙しているかもしれません。大切な家族の一員が「辛いよ」「苦しいよ」と言えず、一人、「普通の顔してこらえている」かもしれませんね。

目先の餌」と「家族の助けての声」。

一体、どちらを選ぶのか。詐欺師は、そういったことを見たいだけなのかもしれない…。ただ、相手の本性を引き出しているだけなのかもしれない。そう思うことも私にはある。そう思えば、「騙す奴は許せない!」ではなく「騙されない自分になろう」と思えるのではないでしょうか。

「いい人」や「素直な人」でいることが良いことだと騙されたのです。

それを「美徳による支配」と言います。

「洗脳は弱いからされる」というのは大きな勘違いです。正しくは「洗脳は強い人のほうがされる可能性がある」です。自爆テロ。洗脳されていますが、芯は強い。絶対に曲げない信念を持っている人もいるでしょう。逆に洗脳する側からすれば利用したいのですから、弱い者を洗脳しても利用価値がない。だから出来る限り強いものを洗脳したいと思うはずです。

頭も弱い。心も弱い。体も弱い。そういった弱い人を洗脳して何になるのか。洗脳はラジコンです。洗脳者がリモコンを持ち、被洗脳者がラジコン本体です。弱くて動きが今にも止まりそうなラジコンを欲しいですか?いりませんよね。洗脳者は出来る限り強くて利用価値のある者を洗脳しようとするのです。

「洗脳は弱いからされる」という考え方を持っている人ほど、洗脳されても気が付けない人なのです。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。