ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

人の心に土足で踏み込む!?勝手に心に踏み込まれたくないと言う人は自分が踏み込むのをやめればいい。

未分類(仕分け前)

人の心に土足で踏み込むな」と勝手に心に踏み込まれたくないと思う人は最初に自分が踏み込むのをやめればいいのです。

「勝手に心に踏み込まれたくない」と言いながら本人は「自分が踏み込んでいる」もしくは「踏み込もうとしている」ことに気づいていない人がいます。つまり「互いに踏み込み気があるから自分も踏み込まれる可能性が出来る」というパターンもあるのです。

ボクシングでイメージしてみて欲しいのですが、パンチを打つにはパンチが当たる距離に踏み込まないといけません。ですから踏み込んだり腰の回転を使ってパンチを打って相手を倒したいということは自分が踏み込むという事。それは「相手にも踏み込まれる可能性がある」という事です。

これは心の世界でも同じで「相手の心に土足で踏み込んだ者は、自分も相手から踏み込まれること」があるのです。「勝手に心に踏み込まれたくない」という人は自分も相手の心に勝手に踏み込んでいる場合がのです。

だって踏み込むのをやめてリングから降りて逃げれば、相手に踏み込まれる事なんてないのですから。追いかけてくれば走って逃げればいい。それと同じなのです。「心に無断で土足で踏み込まれた」と言うのであれば土足で踏み込まれないように鍵をかければいいのです。

心に土足で踏み込まれたら誰でも嫌な気持ちになりますよね。だけど嫌な気持ちにならないために、相手が土足で踏み込んでこないように、心の玄関に鍵をかける事(むやみやたら心を開かない・餌に食いつかない)ことが大切です。心の玄関に鍵をかけるということは「尊重した距離感」でもあるのです。

「何かいいもの来ないかな?」と心の玄関を開けて期待していると、泥棒や詐欺師が無断で土足で心に侵入してくることもあるのです。それでも無断で土足で踏み込まれたら警察を呼べばいいのです。心も同じです。

心の中の警察のようなもの(心の免疫力)はカラダの免疫力とも繋がって、ナチュラルキラー細胞(免疫細胞)が活性化するとパトロールして癌細胞をやっつけてくれます。免疫の仕組みは警察や軍隊に喩えられることがあります。癌細胞は犯罪者などの喩え。しかし、ナチュラルキラー細胞(免疫細胞)が活性化しないような生活をすると免疫力も低下し癌になりやすくなります。更にはストレスも増え自己免疫疾患にもなりやすくもなるでしょう。

自覚があっても無くても自分も相手の心に土足で踏み込む気があるから相手にも踏み込まれる隙を作るのです。距離感が近い馴れ合いの関係を作ってしまったのです。だから相手にも心に土足で踏み込まれるのです。

あとは、心の世界で悪事を働いている者は「人の心に土足で踏み込むな」と過剰に騒ぐこともあります。心の世界で悪事を働いてばれていない者は勘繰りが激しくなります。

例えば心の世界で冤罪に引っ掛けられたり騙された人は心の犯人を捜します。警察が犯人を捜すように。犯人がどれだけ「人の心に土足で踏み込むな」と言っても心の裁判所の令状が出ていれば心の警察が心の世界に土足で踏み込んでくることもあるのです。

犯人が「人の心に土足で踏み込むな」と騒いでもどうなるものでもないのです。

大事なことは最初から「踏み込まず踏み込まれず」と言うバランスの良い関係です。

最初に自分から相手の心に土足で踏み込むんで悪さをしておきながら、相手から同じように土足で踏み込まれ始めた時に「人の心に土足で踏み込むな」というのは犯人が騒いでいるようなものの場合もあるのです。すべてがそうではないですが。

人はどんなに心の世界で隠れて悪事を働いてばれないでいてもいつか必ず裁きに遭います。何故か。自分で自分の潜在意識(無意識)にしっかりと刻んでいるからです。「嘘つきは泥棒の始まり」と言います。「心の泥棒は土足で人の心に侵入する」のです。そして人は確認もなしに自分がしていることを人からされていると思う場合がある…。

よく言われることですが「自分の蒔いた種は自分で刈り取る日が来る」のです。

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
未分類(仕分け前)
菅原隆志をフォローする
幸せの種「気づき」

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました