→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

子供を無視する人(親)の心理!無意識裡の心理的ネグレクトに気付こう!

社会貢献・価値創造

あなたが生きる居場所・・・ありますか?

無意識裡の心理的ネグレクトとは

「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」というのは、「無意識のうちに行う心理的ネグレクト」という意味です。ネグレクトは「無視する、必要なことを怠る」という意味です。つまり、無意識のうちに無視している、という意味です。これは、親が子供にしてしまえば、子供の心を殺すような悲しいことです。

心が育たない子は異常な事件を起こす可能性もある

「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」を解決しないと、今後も、異常な事件を起こした、宮崎勤、角田美代子、酒鬼薔薇聖斗、その他、異常者と呼ばれる者たちを超えるレベルの恐ろしい人間が増えてくることは間違いないと僕は思っています。何故なら、異常なことをしてしまう人は、無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクトを受けてきて、存在を殺されてきた人が多いからです。

無視や軽視が世代間連鎖している

僕は、この「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」が、何故、多くの方が気が付かないのに絶大な影響力を出して流れているかを考えてみました。そうすると「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」が「増えるような仕組みになっている一連の流れ」があることに気が付きました。

ネグレクトは無視するということ。無視よりは軽視のほうがまだましです。軽視はディスカウント。つまり、その相手の存在や価値を無いものとしてして見ているのです。「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」は「無意識のうちに相手(子供)をゴミやクズのように見ている」のです。

子供は、本来「宝」です。その宝がどうして「ゴミやクズ」のように感じてしまうのか。それが、「本当の自分を生きていないから」なんです。本当の自分を生きていないから幸せを感じない。幸せではないから小さな一つ一つが楽しくない。そうなったら当然、「宝」であるはずの子供が邪魔なものに感じる。邪魔に感じることを感じることさえ苦痛なので無視をするようになるのです。

親が、本当の自分を生きていないまま子供を作ってしまうから、「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」をしてしまうようになるのです。それが、先ほど書いた、「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」が「増えるような仕組みになっている一連の流れ」があるということ。つまり、本当の自分を生きていない者たちの間で、世代間連鎖しているのです。

無意識のうちに、身近なものを軽視し、無視する、あらゆる情報や感情、価値観を受け継いでいるのです。受け継いだまま、自分で省いたりしないから続いているのです。

無意識裡の心理的ネグレクトを解決するには

「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」を解決するには、悪い世代間連鎖を断ち切って、1人1人が本当の自分を生きていけるようになり、幸せになることなんです。あなたが幸せになれば、子供を自然と大切に思えるのです。間違いありません。自分の価値をしっかりと創造していくことが大切なのです。

「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」をしてしまう親も、きっと、親から軽視されたり、無視されてきたはずです。だからこそ、もう、その苦しみを終わりにする時です。流れを変えるときなのです。あなたが幸せになれば、流れを変えることが出来ます。

あなたの生きる居場所を、あなたの心の中に創って下さい。そして、その安心できる居場所の創り方を大切な子供にも教えてあげて下さい。それが出来たら、次のは世の中に発信して下さい。他の人が、勇気を持って自分の価値を感じられるようになる情報を発信して下さい。1人1人が自分のやり方で発信していけば、自分の価値を感じられる人も増えてくると思います。それが増えてくれば、無意識のうちに無視してしまう人も減ってくるでしょう。結果、異常な事件を起こす人も減らせるでしょう。

まずは自分。次は身近な人。そして自分を含めた家族などの小さな組織で情報を発信していけばそれはいつか大きな意味を持つようになるかもしれません。それも1つの小さな社会貢献です。

無視ではなく、温かい言葉がけをしていこう!

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
社会貢献・価値創造家族問題(2)家族問題(1)家族問題(3)
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。