モラハラの被害が深刻だと被害者は苦しみの理由もわからず「自分が被害者だと気づいていない…」場合がある。

650 views
約 13 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

モラハラの被害が深刻だと被害者は苦しみの理由もわからず「自分が被害者だと気づいていない…」場合がある。

モラハラはハラスメントの中でもトップクラスで奥が深いもの。例えば金儲けのためのモラハラもありますし、詐欺に気づかせないために仕組むモラハラ。色々あります。そんなモラハラへの理解を深めるために「星の王子さま」も役立ちます。被害者は騙されています。上記のリンク先の記事は一度読んでおいてほしいなと思います。その記事の中から2つ引用をさせていただきます。

私の見るところこれは、家庭内における女性による男性に対する「モラル・ハラスメント」が主題であり、さらにそれを助長するおせっかいやきの外部者による「セカンド・ハラスメント」によって、王子が自殺に追い込まれる物語なのである。

引用元:星の王子さまは「モラハラ」で殺された!? (安冨 歩) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

もう1つは以下です。

このバラとの確執が、子どもに対して与える教訓はなんだろうか。それは、大人になって結婚なんかすると、往々にしてこういうひどい目にあって、家をとられて、自分はホームレスになって放浪する羽目になる、ということである。

引用元:星の王子さまは「モラハラ」で殺された!? (安冨 歩) | 現代ビジネス | 講談社(3/5)

上記の2つの引用文は、僕が言いたかったことの1つを明確に表してくれているように思える文章でした。詐欺師である女性承認欲求が強いセカンドハラスメント加害者。そして被害者。この3タイプが作り出すのが「魔の三角関係」であると僕は考えています。魔の三角関係については以下の3記事で触れてきました。魔の三角関係で利益を得ているのが詐欺師であるモラルハラスメント加害者とセカンドハラスメント加害者です。そこに無知な者が悪用されている場合があるのです。

男性に対する女性によるモラルハラスメントの場合は必ずといって良いほどセカンドハラスメントが絡みます。セカンドハラスメントをしやすいのは悪質な専門家です。これらを深く理解しないとモラルハラスメントの本当の解決はありません。

モラル・ハラスメントのセカンド・ハラスメント
セカンド・ハラスメントを行う人には少なくとも三種類ある。

悪質な「担当者」あるいは「専門家」
同じ虐待者に脅かされて混乱している周辺の人物
同じような虐待者によるハラスメント被害を受けており、それを受け入れているお節介な人

引用元:モラルハラスメント – Wikipedia

モラルハラスメント加害者の「バラ」は「詐欺師」のことです。一般的に言われるモラハラ男性は詐欺師に騙された被害者であるケースもあります。モラルハラスメントの闇が深いのは詐欺師と知識人(悪質な専門家)が結託して悪さをしているからです。実態はおぞましい世界ですよ…。

僕は、このモラルハラスメントを知っています。身近でやっていた人物たちを見てきたのでよくわかります。相手が本当に自殺しても笑っていられる加害者も実在している。残酷な世界です。相手が死んでも奪うものを奪うのですから。

被害者が自殺するまで騙して奪い続ける加害者は演技が上手い。この加害者の正体に触れたらあらゆる知識や心理的な技術によって精神的に袋叩きにされる。早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三さんのモラルハラスメントの心理構造という本に書いてある「加害者にはネクロフィラスな傾向…」は頷けます。

ネクロフィラスは「死を愛好する」というような意味。だからモラルハラスメントの加害者は相手が自殺しても笑っていられる。そして奪ったものを平気で使える。僕自身そんな世界で生きていて新しい情報に触れたから抜け出せた。異常な世界です。

そんなネクロフィラスな傾向があるモラルハラスメントの加害者たちが何故あまり知られていないか?それは「美徳」と「」でコーティングしているから。深い関わりをしないと正体が見えないからです。彼らは深い関わりをしないと正体を見せないようにしています。

ネクロフィラスな傾向がある者、サイコパス、ソシオパスが作り出す世界は「洗脳王国」です。そんな中にいたら絶えず洗脳されてしまうから気づけるものも気づけません。だから違和感を感じたらチャンス。「離れること」と「新しい情報に触れる」ことで洗脳は徐々に解けていきます。

こんな中に長年いたら「人間不信」になります。それが防衛手段だから。離れても、洗脳王国にいたようなタイプか「人間を信じないのはお前が嘘つきだからだ」とセカンドハラスメントを受ける場合もあります。

大事なのは「なんだこの支配者が、人間不信になってもお前に関係ないだろ、付き纏うなよ、ストーカーが。」という「跳ね除ける考え」を持つことです。支配者だから相手の人間不信に口を挟むのですから。モラルハラスメントの被害者には跳ね除ける考えを持つことも必要です。

ネクロフィラスな傾向があるモラルハラスメントの加害者から離れないとボロボロになります。真の被害者たちは再起不能かと思うほど精神的に深く傷ついた人たちです。言葉で説明出来るレベルではありません。

今まで僕が発信してきたモラルハラスメントは「女性の加害者」のほうの内容と「セカンドハラスメント加害者(悪質な知識人)」についてが多いです。だから僕の周辺にはチクチクしてくる加害者が今までいたのはこういった情報発信によるもの。

未だに自分が被害者だと気づいていない”被害が深刻な被害者”は貯金や家を奪われる前に気づくことが大切だと思います。モラルハラスメントの加害者は被害者に「自分が悪い」と思い込ませてから貯金や家を巧みに奪っていく。

被害者の深刻さを隠すために、加害者側は深刻さを「そんな大事にしちゃって…」とすり替えていくこともあります。

モラハラについて偏った情報を鵜呑みにしている人が多いのは、星の王子さまで言うところの「バラ」と「キツネ」が「情報操作」をしているからです。彼らは「思い込ませるプロ」ですので「空気」を操るのが上手いのです。モラルハラスメント本質はそこにあります。

ツイッター上で、どのグループに「バラ」と「キツネ」がいるのかを見てきましたが、だいたい目星がついてきました。臨床心理士や、ライター、劇作家、そういった者にも「バラ」と「キツネ」がいます。知識があるから彼らのモラハラは暴きにくいですね。替え玉を使うのも上手い。

彼らの真のモラルハラスメントを暴くには、同じように、臨床心理士や、ライター、劇作家、などの中の「真実を見抜ける心ある人」たちが連携して情報発信していくことが大事ですね。「情報発信」こそが徐々に変化を起こしていくのです。

僕が今まで発してきた情報の一部は「バラ」と「キツネ」が「支配したくなる」内容が多いです。「バラ」と「キツネ」が誰なのか知りたければ、僕を攻撃してきた者を見ればよいです。「バラ」と「キツネ」は「悪者」を生涯必要としますので。「魔の三角関係」を作り出す必要があるのです。

「バラ(モラハラ加害者)」と「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」は「被害者に悪いと思い込ませる(悪役にしちゃう)」ことで、「願望実現」や「目的達成」をしています。それが彼らの生き方ですのでパターンは毎度同じ。

ちょうど「バラ(モラハラ加害者)」と「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」と「思い込まされた被害者」の関係のある事件がありました。「思い込まされた被害者」が「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」に対して危害を加えてしまった事件が。一番賢いのは「バラ(モラハラ加害者)」でした。

「思い込まされた被害者」は刑務所。「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」は病院送り。「バラ(モラハラ加害者)」は奪うものを奪って邪魔者2名を使い捨てて新しい宿探し…。そして次の被害者がまた生まれる…。賢いのはバラです。

<<下に続く>>

僕は以前、個人的に聞きたいことがあって「バラ(モラハラ加害者)」が支配して搾取した相手(思い込ませられた被害者)に電話をしてみた。被害者は加害者扱いされていた。そしてたくさん奪われていた。そして「どのようにソレらが起こったのか全然理解できていない状態」でした。被害者は混乱している

モラハラ加害者には詐欺師が多い。貯金や家を奪っていく詐欺師です。彼らにとっては奪うことが仕事です。だから賢いし、知識もある。演技力もある。餌の投げ方も知っている。食いついたら縛る術も身につけている。そして吸いつくしたころにキツネ(セカンドハラスメント加害者)に処理させるのです。

「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」は悪質な専門家だったりする。意図してしない場合であっても「見抜けませんでした…」じゃ済まない話だと思います。真の被害者をバラと一緒に結託して追い詰めていた…となれば”あるまじき行為”ですからね。

「悪いと思い込ませられた被害者」は「最初に餌に食いついていた」のです。バラ(加害者)は「お人好しな人が食いつく餌」を投げて見事に食いつかせた。被害者は心理的に縛り上げられた。そしてバラの餌食になって病んでいき奪われていった。そしてバラはキツネに処理させた。

このバラは毎度同じような手口で奪っています。僕は介入する気はない。だからバラもそんなに隠しはしない。バラは「騙される奴が悪い」と言う。どうやら騙されるような隙だらけの人間が嫌いなようです。恨みからの行動かもしれない。やはり、大切なのは「本当の自分を救い出すこと」です。人は変わる。

8年くらい前にパートナーからもらった手紙を発見した。ご飯もまともに食べられないほどスケープゴートされて過呼吸とパニック発作を頻繁に起こしていてボロボロになっていたパートナー。深い支配から逃げてきた。

僕のパートナーは、この「バラ(モラハラ加害者)」に雁字搦めにされていた。散々水面下で悪事を働いたバラは必ず清算の時が来ます。自業自得。許さない。身をもって思い知ることも一つの人生勉強になるでしょう。

演技と嘘が上手い「バラ(モラハラ加害者)」は人間をここまで精神的に追い詰める。人間不信になりボロボロになり誰にも気持ちも言えなくなっても更に追い詰める。絶対に許さない。メッキを剥がしていかないといくない。本当に声を上げることが出来ない被害者は深い支配の恐怖に怯えている。

中途半端なキツネ。君のやっていることは大罪です。心理に携わる者なは尚更だ。「見抜けませんでした」じゃ済まない。一切の許しは必要ない。

向精神薬に頼り野菜スープばかりで本当にガリガリだった。そこまで追い詰め口を封じそれをした側が被害者ヅラ。そして追い詰められて反撃をしてしまったら今度はそれを悪用し「はい!加害者!証拠とった」と。そして演技でキツネに処理させる。腐った茶番劇はお終い。「バラとキツネ」は明るみに出る。

涙と嘘を巧みに使う詐欺師タイプのモラルハラスメントの加害者によって真の被害者は口を封じられている。これが本当のモラルハラスメントです。一般的なわかりやすいモラハラで騒いでいる中にその「バラ(モラハラ加害者)」が紛れています。これに光を照らす必要があります。

過去に名誉毀損という犯罪を行ってまで僕たちに嫌がらせをしてきた者たちがいる理由が何となくわかってきましたよね。「バラ(モラハラ加害者)」に支配されたパートナー。その手口を同じ被害に遭う人が出ないために情報発信。→邪魔される。つまり「バラ(モラハラ加害者)」が邪魔しているのです。

支配をしている「バラ(モラハラ加害者)」じゃないのなら邪魔する理由なんて1つもない。それどころか真の被害者が増えないために役立つ社会貢献になっているのですから喜ばしいことです。それを邪魔するのは支配者であり「バラ(モラハラ加害者)」または「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」

僕は、その「バラ(モラハラ加害者)」または「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」 を「もっと知る」ために情報発信している部分もあります。僕が巧妙なモラルハラスメント情報を発するほど、「バラ(モラハラ加害者)」や「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」 は姿を隠れながら表してくる。

僕からは一切支配もしていないし何もしていない。一方的に近寄ってきて支配してこようとする。そういった確かな形をとることで「バラ(モラハラ加害者)」または「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」が手を挙げて近寄ってくる。彼らは支配者だから他人の表現の自由を奪おうとしている。

「バラ(モラハラ加害者)」または「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」のやっていることは「しゃべるなよ」という「口封じ」なのです。この口封じの空気が「支配の深いモラルハラスメント被害者に水面下で恐怖を与えている」のです。長年勉強させてもらいました。

僕のパートナーの立場は加害者に追い詰められたのに自分の気持ちを言えなかったことを逆手に取られ巧みに悪者扱いされて加害者が被害者として見られている。そして搾取の仕組みが作られていた。その子も便乗して親を支配した。それは最初からそれが”当たり前”になっていたから子供は仕方ない部分はある

スケープゴートは本当にかわいそうだ。煩悩まみれの者たちが作り出す「搾取の仕組み」は実に巧妙に「悪者をつくる」から悪質です。悪くもないのに悪いと扱い、正気を失うほど刷り込んでいく。架空の罪を植え付けて支配していく。そして他の支配者も便乗していく。本当に汚い。

そしてこのような深い傷のおかげで強くなれるし成長もできる。僕たちは経験者ですから「バラ(モラハラ加害者)」や「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」がよくわかる。すぐに見抜くことが出来るようになりました。

ツイッター上にいる「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」は今日も「支配者は許さん!」と「承認されることを目的として」叫んでいる。「バラ(加害者)」に転がされながら…。それが居心地が良いのでしょうね。事実の歪曲をしてまで誰かを悪者扱いしバラから「いい子いい子」してほしいのでしょう

そんな、

「バラ(加害者)」
「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」
「悪者扱いされる人(勉強を放棄した者)」

が構築する「魔の三角関係」はちゃんと成り立っているのです。
成るようになっているだけです。

気づいて嫌気がさしたら抜け出せばよいのです。
僕たちは抜け出しました。

1、「バラ(加害者)」
2、「キツネ(セカンドハラスメント加害者)」
3、「悪者扱いされる人(勉強を放棄した者)」

これらが構築する「魔の三角関係」は「モラルハラスメント界」の基本です。嘘と矛盾に満ちた心理的ピラミッドとも言えます。

こちらの「モラルハラスメント界」には「モラルハラスメントの椅子」があります。その椅子に座らせられる者が「スケープゴート(生贄)」です。煩悩まみれの者たちが構築する嘘と矛盾に満ちた心理的ピラミッドを維持するために必要な犠牲の1つです。そうじゃない世界もちゃんとあります。

「モラルハラスメント界」の中から「支配をやめろ」と騒ぐことは無意味です。大事なのは、自分がその「モラルハラスメント界(縦の世界)」から抜け出して「横の世界(尊重と感謝)」の世界に移動することです。心の在り方が変われば抜け出していけます。

「モラルハラスメント界」は「心理的な蜘蛛の巣だらけの世界」です。引っかかってもがけばもがくほど蜘蛛の糸が絡まって身動きが取れなくなります。縦は(支配)で横は(尊重)です。

実際に蜘蛛の巣は蜘蛛自身が引っかからないように蜘蛛が歩く縦の糸は粘着性がない。横の糸は粘着性がある。蜘蛛は縦の糸だけを歩く。つまり蜘蛛の巣だらけの世界(モラルハラスメント界)は縦(支配)は許すけど横(尊重・感謝)は許さないという世界なのです。蜘蛛が教えてくれている。

僕のパートナーはずっと働いていた。そのお金を嘘つきの「バラ(加害者)」たちによって巧みに騙され搾取していた。そんな者たちは平気で嘘をつく。時に生活保護不正受給までする。詐欺だ。そんな詐欺師たちがスケープゴートを作って人をボロボロにして口封じをする。悪質です。

そこまで追い詰められていたパートナーだったから、僕のようなクズのような生き方をしていた者のところにきて、それでも「出逢ってくれてありがとう」と言ってくれたのです。スケープゴートの傷は誰にも理解されません。僕はスケープゴートされた人間だったから少しは理解できた。

「バラ(加害者)」と「キツネ(セカンドハラスメント加害者)が茶番劇を演じて何らかの利益を得ているところには「声を上げられない被害者」がいる。それが本当のモラルハラスメントです。被害が深刻な被害者ほど「自分が被害者だとわかっていない…」のです。

自分が被害者だと知ることは本人にとってとてもつらく悲しいことです。被害者だったと気が付いてからも苦しむことになる。今度は「どのようなことが起こっていたか」がわからない。その理解ができるのは後からです。回復して過去を振り返って少しずつわかってくるのです。被害が深刻だと時間がかかる。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)