いきなり「節約系ミニマリスト0.5(ルパン座3)」が「Plus記事作成代行サービス」を何の確認もなしにステマ扱い!!その答えは!?

1655 views
約 16 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
いきなり「節約系ミニマリスト0.5(ルパン座3)」が「Plus記事作成代行サービス」を何の確認もなしにステマ扱い!!その答えは!?

インターネット上で、突然赤の他人によって事実無根の決めつけ(名誉毀損という犯罪に該当する恐れのある行為)をされた場合、証拠を保全したうえで、まずはこの記事のように「ありのままの事実を公開し、整理してまとめる」ことも重要です。こういった一つ一つの確かな作業が不当な嫌がらせをされた怒りを落ち着かせてくれます。

この文章は進捗があり次第、追記していきます。

Plusの運営者の菅原です。

Plusはこちら(https://plus-report.net/

この文章は、Plusの利用者様に大切なお知らせ情報の整理あとで確認するための内容となります。

突然Plusに対して迷惑行為の予告が公言された

簡単にお伝えしますと、当サイトの会員(強制退会にしました)がPlusに対して、事実無根の嘘を公然の場に書いていて、他にもとんでもない酷い内容を平気で公然の場(はてなブログ内)にて公開している(現在確認中ですが、おそらく犯罪行為に該当)という問題がありますので、それをどう受け止めるかは自由ですが、その嘘に対して不安になる方もおられると思ったので「本当のこと」を、この記事でお伝えしたいと思いこの記事URLをメールでお知らせ致しました。

この記事に書いてあることは、間違いなく本当のことです。命かけても本当だと誓えます。

2018年7月2日に、会員ID:rupannより納品された記事、案件No.19361、案件名「ステップ【4】初回お試し★初めての記事作成会員用」に対して納品された納品No.170767の外部のブログ記事URLを確認したところ、あり得ない記載を発見しました。その記載を下記に引用してご紹介します。

今後はいろいろな商品のステマ記事を作成したり、
どこぞのブログが人気あるように見せかける工作など
権謀術数を駆使してネットの闇と波を泳ぐぜ~

引用元:Plusで記事作成してお小遣いGET! – 節約系ミニマリスト0.5

2018年7月4日23:40現在、上記の記載が消されていますが、※証拠保全済み※
上記引用元の記事URLが変更されています。
変更前:https://www.rupannzasann.com/entry/2018/07/01/170504
変更後:https://www.rupannzasann.com/entry/2018/07/01/180504
記事ID?と思われる数字が変更されています。「170504」→「180504」
※相手が消した記載は、こちらで証拠保全しています。

まず、Plusに対して、ステマ記事を作成する、工作する、権謀術数(情報操作)を駆使する。こんな予告をしていたのです。こんなことを公開している会員がいれば、他の真面目に取り組んでくれている会員様もこのようなことをしているという目で見られるかもしれません。本当に酷い印象操作です。

※権謀術数というキーワード、以前ツイッターで意味不明なことを言って嫌がらせをしてきた者が使っていためったに見ないキーワードです。

当然ながら、このような迷惑行為を行う会員に対しては強制退会が必要だと判断して強制退会とさせていただきました。強制退会にする前に電話確認をしようと電話を何度もしましたが出ませんでしたので、強制退会とさせていただきました。

その時に送ったメール

利用規約違反により強制退会とさせていただきました。

納品された記事に、以下の記載がありました。

──────────────────────────
まとめ

こんな感じで書いて、あとは書いたよボタンを押せば、

OKみたい。

楽は楽ですな。

今後はいろいろな商品のステマ記事を作成したり、

どこぞのブログが人気あるように見せかける工作など

権謀術数を駆使してネットの闇と波を泳ぐぜ~
──────────────────────────

当サイトのご利用はお断りします。

宜しくお願いします。

突然Plusに対して事実無根の決めつけ(嘘)・悪評が公然の場(ブログ)に書かれた

すると今度は、別記事で下記引用文の記載…。

でも、コメントが無いブログにステマコメントを書いたりする
仕事依頼もあるから、ステマサイトDAZE!

引用元:記事代行副業サイトPlusで小遣い稼ぎするつもりで、14時間で強制退会された件 – 節約系ミニマリスト0.5

これも酷い。ステマじゃないものに対して公然の場でステマ扱い(Plusをステマサイトだと公然の場に記載)…。これは「名誉毀損、または、信用毀損罪・業務妨害罪」に何れかに該当すると思われます。

「コメント依頼」=「ステマ」ではないのです。「コメント依頼」は「コメント依頼」です。
「コメント依頼」に「商品売るために嘘で良いこと・良い口コミ書いてね」はステマです。

信用毀損の怖いところは「嘘」が広まること

知識がないとステマなのかそうじゃないのか判断がつかない人もいます。そういった人たちに思い込み(Plusはステマやっている)を植え付けるために公然の場で平気で嘘を書いたのではないか。そう思います。これは犯罪に該当すると思いますが、該当するなら信用毀損だと思います。相手のやり方が汚いので、信用毀損が「危険犯」と言われているのも頷けます。

信用毀損の怖いところは「嘘」が広まることです。この相手の嘘を別の誰かが信じ、またそこに「嘘」を混ぜる。そして話に尾ひれはひれがついておかしな話が流れてしまう可能性もある危険な行為と言えるのです。

名誉毀損 – Wikipedia

「”虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である。”」信用毀損罪・業務妨害罪 – Wikipedia()より」

これは、書いた者がよっぽど無知なのか、それとも「名誉毀損・信用毀損・業務妨害」や「印象操作」を「目的」としているのか。それは今のところ本人しか知りえないことですから、次の1歩に進めていくほうがよさそうだと考えました。公然の場で堂々とこのような問題あることを書く者がいたとは…。

「節約系ミニマリスト0.5」さんも 良い大人なのですから、 ちゃんと自分のしたことの「責任」は持ちましょうね。証拠保全完了しました。あとから「勘違いでした」「知らなかった」では済まされませんからね。 これは。

ステマをしていないのにステマをしていると決めつけられていた

この「ステマじゃないものに対して公然の場でステマ扱い」している人物は、電話に出ることも出来ない状態で、一体何がしたいのでしょうか。何回かけても電話は出ない。そして自分のブログに「嘘」を書く。子供のいたずらや嫌がらせのようなことをせず普通に出てきてみたらよいのに。

僕は、こういうすり替えることをする者が本当に嫌いだ。実際はそうじゃないことを、その知識がない人に対して「思い込ますかのような書き方(ブログを見てきたらまさにソレ)」をするやり方。今回は、酷過ぎるなと思ったのでゆっくり進めていきたいと思います。

万が一、僕の理解不足があるのかと思って念のためネットに詳しい「システム制作会社の代表者」に聞いてみましたが「あれはステマじゃないですよ(^^)」とのこと。物事を正しく理解するというのは本当に大切なこと。同時に自分の理解力を過信して公然の場で相手に対して迷惑をかけると、時に痛い目に合うということ。彼、焦ったのか自分で書いた記事の修正をしていますが、 ちゃんと証拠は既に保全しています。 「公然の場」に公開したものも取得しています。 これは本当に遊びじゃないのです。

ステマとは何か。辞書を見てみましょう。

ステルスマーケティングとは、マーケティングの手法のうち、それが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝を行うことである。

引用元:ステルスマーケティングとは – IT用語辞典 Weblio辞書

つまり、消費者を騙すことです。

嫌がらせの相手は、僕のサイトがこれをやっていると断定していましたからね。ふざけている。こんなことをしていないから(https://plus-report.net/?cl=writer&p=writerList&type=3&guid=on)で「やかしいことは一切ありませんよ」と依頼内容を「ちゃんと公開」しています。公開されないスカウト依頼であっても利用規約(https://plus-report.net/?cl=writer&p=agree&guid=on)でステマを禁止しています。

第9条 利用の停止
・以下の場合、サービスの提供をただちに中止できるものとします。
・利用停止の場合、未納品が残っていても支払い済みの料金の返金はできないものとします。
ステルスマーケティングを目的とした依頼と判断した場合。
・記事作成会員と直接連絡を取ろうとする場合。(メールにてご連絡下さい。などを記載するなど)
・Plusに対してPlusの判断での運営妨害を行う場合。
・Plusで不適切だと判断した場合。

公然の場で「僕がやってもいないことを断定してやっていると記載した」のですから、「消しました」では終わりませんよ。消したということは「やばい」と思ったからでしょう。まずいことをしていないのなら、そのままにしておけば良いのですよ。消した部分もしっかり証拠保全しました。

あと、たくさんの漫画の画像をブログ内で使っているようなので、 現在著作者に、関係者かどうか確認中です。

僕の場合、過去に家族からやってもいないことをやったと扱われてきて、その傷はとても深く、癒えてきたとはいえ過去の古傷が痛むのです。 ですので「勝手な決めつけ」に関しては「ハッキリさせておきたい」と思うので、逃げないでくださいね。 ステマをやっていると扱われた僕が嘘つきか、相手が大嘘つきか。ハッキリさせましょう。

僕「ステマなど一度もやったことない」
彼「ステマサイトDAZE」と

これを公然の場、 不特定多数が閲覧できる環境でステマ扱いしたのですから、 立派な信用毀損、または名誉毀損、 あたりに該当すると思われる。 強姦したことのない実名に対して ○○は強姦した犯罪者だぜ!と書いたのと同じこと。

他人に対して「信用を失うような嘘」を平気で公然の場に書くというのは「立派な犯罪」だと思います。

何の根拠も確認もなしにいきなり「ステマ扱いする」という行為に驚きます。僕はステマなんてやっていませんし万が一気づかずにやっていることがあるなら潔く問題を認めて改善します。それを他者に「思い込み(あいつはステマだぞ)」を植え付けるかのようなブログ記事の書き方。本当に不快なやり方。

<<下に続く>>

僕は、やってるならやってると堂々と認める人間ですからね。 あれは、ふざけすぎている。

モラル・ハラスメント(精神的な嫌がらせ)だな…と強く感じる迷惑行為

モラルハラスメントの加害者は最初に「決めつけ」をする。本当にこの通りです。事実無根の決めつけから入ります。「こいつは○○だぜ!」と。この時点で非常に不快です。そして次は皆さんご存知、お決まりの「それくらいで怒るなよ!冗談だよww」とくる。相手の気持ちを平気で無視している。

その証拠が相手の下記記載。

一発バンです。
権謀術数まったくできず・・・・
いや~冗談じゃないですか~
そんなに怒らなくてもー
はあ・・・・・すみません。

引用元:記事代行副業サイトPlusで小遣い稼ぎするつもりで、14時間で強制退会された件 – 節約系ミニマリスト0.5

迷惑行為(信用毀損という犯罪に該当する恐れのある行為)をして強制退会になったら、
相手が怒っていると決めつけ、更には「冗談だよ」と。これは酷いですね。
過去にモラルハラスメントの記事でお伝えしたことですが、

加害者何怒ってんの!?
被害者「怒ってないよ」
加害者怒ってんじゃん!ほら!?怒ってるって!!
被害者「怒ってないよ!!」
加害者怒ってるって!!顔に出てるって!うわっ
被害者「怒ってないっていってんでしょ!」

と、このように誘導する手口とまったく同じだなと思います。

ステマ=「商品売るために良いコメントしてね」
ステマじゃない=「思ったことをコメントしてね」

この違いもわからないのか、虚偽の風説、信用毀損の犯罪が目的なのか。 虚偽の風説 | 静岡のまちの身近な法律事務所 佐藤清水法律事務所 (

知識ない人からしたら、なんか似ているように思う部分をうまくすり替えるやり方、これが本当に不快。ステマなんてセコい真似なんか死んでもする気なんかない。それを、ふざけた記事を書いて電話も出ない。相手の記事を見ても、平気で嘘書いておちょくっている可能性が非常に高いと思う。 なんだ、あいつ。と思いました。

会員の個人情報を売っている気がするという悪評まで…

更には、こんなことまで。

また、報酬もらうためには、本名、住所、電話番号を登録しなければ
ならないので、その個人情報売ってるんじゃねえかという気もします。
強制退会の恨みからの邪推ですがね。

引用元:記事代行副業サイトPlusで小遣い稼ぎするつもりで、14時間で強制退会された件 – 節約系ミニマリスト0.5

僕が、Plusの会員様の個人情報を売っているんじゃないか。と。僕は、そんなこと殺されたって渡しませんよ。こいつがある程度力ある者だと仮定して、個人情報を抜き取る犯罪者だったとしたら、巧妙に抜き取って漏らしてから、「ほらな?」とやる可能性はゼロとは言えないのかもしれません。(マッチポンプで)なんせ、今回のやり方自体が「決めつけて、でっち上げる」というやり方ですので。

なので、Plusではそうならないようシステム制作会社様に最善を尽くしてもらっておりますので。

このように、平気で嘘をつく者が出現しましたが、僕はステマもやっていないですし、それはPlusの会員様が一番わかっていると思います。そして皆様の個人情報を売ろうと思ったことなど1度たりともありません。Plusのシステムを制作した会社の代表の方に聞けばわかりますよ。

異常な身勝手な決めつけを公然の場に書いた「節約系ミニマリスト0.5(ルパン座3)」とは何者か

https://www.rupannzasann.com/)の記事で、例えば「手ぶらで四泊五日のカンボジア旅行の持ち物一覧(https://www.rupannzasann.com/entry/2018/05/08/200000)」や「手ぶらで三泊四日の台湾旅行に行った感想と次への改善点(https://www.rupannzasann.com/entry/2018/05/03/124942)」の記事の画像などを見たパートナーが言うには「50代くらいで小太りの男性だと思う」とのこと。

ブログ内を見る限り、顔写真は公開していない。プロフ画に使われている外国人女性の画像は他人の画像でしょう。「50代くらいで小太りの男性だと思う」のほうが可能性としては非常に高いと思われます。プロフ画に使われている外国人女性は他人の画像なのでしょう。そして、ブログ内で「ジョジョの奇妙な冒険」の画像を多用している。

一連の嫌がらせを受けてきてわかったことは「すり替え」をするということ。なので、こちらが悪く見えるようなことを何だって考えつくのだと思いますので、そのうち自分のブログで「アンチコメントが来ました!もしかして・・・」など自分が被害者だという茶番で騒ぎ出すかもしれません。そうやって騒ぐことで、こちらが裏から嫌がらせコメントを向こうにしたかのような空気を作り出すかもしれませんね。僕は、そんなせこい真似は一切しません。

久しぶりに、本当にとんでもない酷いやり方(嘘)をしてくる者に出くわしました。びっくりです。

全て公開している

僕が「ステマ(商品を売るために嘘でも良いことを書いて)」と一度でも言ったことがありますでしょうか?

ステマは禁止していますし、コメント依頼も「あなたが思ったことを自由にコメント(Plusで納品すればOK)して下さい。」と書いて、それを公開もしています。

やましいことなど1つもないのに、すべて公開しています。

コメントの投稿先でも

「また、投稿コメントの一部は僕の運営サイト(Plus)の会員に記事を読んでもらって書いてもらっているコメントもあります。(反応などを知りたいため)これは良いことを書いてもらうためのステマではなく「あなたが思ったことを自由にコメントして下さい。」と明記してお願いしている者です。目的は「記事では伝えきれない別の視点でのコメントも併せて読んでもらいたいから」です。

このように記載もしています。記載していないサイト(作ったばかりのサイトやアクセスのないサイトなど)もあるかもしれませんが。

このように、虚偽の悪評を平気で書いている驚くべき者がいたので、僕は「本当のこと」をここに書きました。どう思うかは本人の自由ですが、嘘を平気で公然の場に書き込む。これは酷いことだなと思います。

それをどう解釈して、どう信じるかはあなたの自由です。そしてPlusで長く利用されている会員様が一番よく知っているのではないでしょうか。

ご質問、ご不明な点等ございましたら何でもお問い合わせください。

嘘・悪評を流す者によって真面目に取り組んでくださっている会員様の悪評が流れないようにこの記事を残しておきます

以下は、会員様から届いたメールです。

〇〇〇です。
登録してからほとんどお仕事できず、申し訳ありません。
これから少し、生活の合間を縫って作業をしていきたいと思います。
今回お問い合わせを送るのは、本日頂きました「ステマ犯罪に関するメール」についての感想です。
plus(菅原)様は過去にも利用させて頂いておりましたが、あのような悪質な事を堂々と行う輩が会員登録をしていたのには驚きました。
迅速な対応を取っていただき、しっかり報告して下さったことに感謝します。
これからも運営、頑張ってくださいね!!
質問ではないので、特に返信は不要です。
お手間を取らせました。

今回の対応(記事投稿&メールでのお知らせ)で安心された会員様もいて、このように真面目に取り組んでくださっている会員様の悪評が流れないようにこの記事を残しておきます。

なぜ堂々と出来るのですか?自分も堂々としたいけど相手からの嫌がらせが怖くてできません

まず、やましいことなど1つもないですし、相手が嫌がらせをしてきているのに「黙る」ということは「受け入れる」と同じことなのです。相手がインターネット上(誰もが閲覧できる公然の場)に平気で嘘を書き込んでいたのです。しかも嘘で、僕が悪いことをしている人間だということを書いたわけです。そんな者の嫌がらせに黙るほうがどうかしていると思います。

相手が嘘つきだということは僕の心の中でハッキリしているので、ありのまま「相手が嘘つきだよ」と言えばいいだけです。相手が不当な決めつけをしてきているのに「NO」と言わないということは、それを受け入れたということ。つまり「自分への心理的な虐待」と同じことです。しかも、こういった記事を書く作業が自分の説明力や、確認力などをアップさせてくれますので、良い経験となるのです。

なので、やりたいことをやっている。という感じです。

嫌がらせをしておいて「それくらいで…」というのはおかしい

「それくらいで…」というのはモラルハラスメントの加害者が吐く言葉ですね。例えば、その人が刺されたとする。刺した相手が「おいおい、それくらいで痛がるなよ…」と言っても痛がらないのだろうか。人それぞれ、心の痛みかカラダの痛みか、耐えれるモノは違いますからね。

このようなことが平気出来る人は「相手の嫌がること」を全く理解しない人なんですよね。だから平気出来るのです。そして相手の気持ちを考えてこともないから「過剰反応している」とか「それくらいで怒るなよ」と驚く言葉を吐く。人それぞれ嫌がることも心に刺さることも違うという人生勉強が必要だと思います。

相手は自分が書いた記事を削除した!

相手は自分が書いた記事を削除していました。やましいことがないならそのまま削除せず残しておけば良いのです。

非常に不審な動きですね。

Plusに対して、いきなりステマ記事を作成する、工作する、権謀術数(情報操作)を駆使する。こんな予告をしてきて、次はステマサイトだと断定し、挙句の果てには個人情報を売っている気がするという嘘を平気で書いて、そして、何回かけても電話も出ない。そして今度は自分で書いた記事を削除している。不審な動きです。

もしも、僕が会員の個人情報をこっそり売っているのなら、切腹でもなんでもしてやりますよ。後にも先にもあり得ないことです。

 

 

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ネット上だから何を書いてもいいという神経の持ち主なのかな、と読んでいて思いました。確かに認識違いでそんな勝手なことをブログに書かれ、それが多くの人の目に当たれば本当のことが嘘だと思われやすいですよね。ネット上なので、信じる信じない本当に人それぞれになるかと思います。私もネットでお仕事して収入をもらっているのに少ししかやってないくせに収入がもらえない、これは詐欺だと喚いてる人がいます。挙げ句のはてには同じように無視されたことさえあります。ただ、私は納得しない部分もあります。「思ったことを書いてください」とあるので思ったらことを書いただけなのにそれはいう必要ないのではないかと評価され、それはどんな部分につけた当たるのかと思いました。

    • 相手からの評価も相手が思ったことです。
      「思ったことを書いてください」と書かれていても、
      相手が、すべてを受け取るわけじゃないのは当然ですよね。

      今回の相手のように、異常なことを書く人や、サラッと嫌味を書く人、
      ブログの趣旨に合わないことを書く人、自覚なしに変なことを書く人、
      書き出せばキリがないくらい色々な人がいます。

      ですので、相手も評価で返せるようになっていますし、それもちゃんと公開しています。
      そしてその情報も残っております。(いつでも確認が出来る)

      「思ったことを書いてください」=「何でも書いていい」というわけじゃないことです。
      「思ったことを書いてください」=「無法地帯」ではないということです。

  2. とんでもない人ですね、引用元のサイト等を見て来ましたが腸が煮えくり返る程の怒りを感じました。

    あたかも自分が行った行為は正当化して嘘や悪評を公共の場で振り撒いています、これは間違いなく風評被害や業務妨害だと思いました。

    自分で悪い事を行ったのにそれを悪いとは認めず、今度は悪質な事をネットで書く事により無関係な人達に嘘の情報を吹き込んでいる事に強い憤りを感じました。

    記事を作成する上で書いてはいけない事や守らなければいけない事を理解出来ていない可哀想な人だったんですね。

    このような人がたった一人居る事により、Plus様の評判が悪い方へと行ってしまう事が大変悲しいです。
    きっとこの人は今でも自分の何が悪かったのか等、理解出来ていないのでしょう。

    • 「あたかも自分が行った行為は正当化して嘘や悪評を公共の場で振り撒いています、」

      ↑本当にこの通りでした。

      真面目に取り組んでくださっている会員様のイメージが低下しないよう、最善を尽くしてみたいと思います。
      宜しくお願いします。

  3. 本当に酷いなと思いました
    プラスでお金を稼がせて頂いているものとして、これは本当に酷いなと思いました。逆にいえば、このように対応しているプラス運営局の方は、逆に信頼できるとも思いました。ステマという言葉自体あまり私は理解していませんでしたが、これを読み、よく理解することができて、自分はこのようなことは絶対にしたくないと感じました。まさに、この記事に書いてあるモラルハラスメントのようなことであり、とても許される行為ではありませんので、強制退会してもらって本当に良かったと思いました。これからも私はまじめにプラスを行い、お金を稼がせていただきたいと思っておりますので、宜しくお願いします。この経験ものちに活かせる良い経験になるのではないかと思います。

    • 今の経験を活かせるよう、良い成長になっていくと僕も思います。

      これからもよろしくお願いします。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)