モラルハラスメントの加害者が「曖昧表現」を多用する理由知っていますか?

モラルハラスメントの加害者が「曖昧表現」を多用する理由知っていますか?

モラルハラスメントの加害者の特徴の1つ曖昧表現

モラルハラスメントの加害者の特徴の一つは「曖昧表現」を使うということ。みなさんご存知の加害者が「そんなつもりじゃねえよ」とハラスメントをした後にとぼけるためや逮捕逃れのために、意図して曖昧表現を多用する場合もあります。曖昧表現に悪意を忍ばせる。曖昧表現に対しては明確化も大切です。

加害者が「曖昧表現」を多用する理由

モラルハラスメントの加害者が「曖昧表現」を多用する理由知っていますか?その理由の1つは平気で嘘をついたり、すり替えて相手を悪者にしたりして、いつでも逃げれるように、誤魔化せるように(そんなつもりじゃなかった)とすり替えるためです。加害者の特徴の1つ…曖昧表現が癖になっています。

モラルハラスメントの世界では「曖昧表現」が多いです。ハッキリ、明確に、具体的に話すことを避けているのがモラルハラスメントの加害者です。曖昧にしておけばどうとでも誤魔化せるからです。「そんなつもりじゃねぇよ」と。誤魔化す気のない人はハッキリ話します。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)