モラルハラスメントの加害者が「曖昧表現」を多用する理由知っていますか?

モラルハラスメントの加害者の特徴の1つ曖昧表現

モラルハラスメントの加害者の特徴の一つは「曖昧表現」を使うということ。みなさんご存知の加害者が「そんなつもりじゃねえよ」とハラスメントをした後にとぼけるためや逮捕逃れのために、意図して曖昧表現を多用する場合もあります。曖昧表現に悪意を忍ばせる。曖昧表現に対しては明確化も大切です。

加害者が「曖昧表現」を多用する理由

モラルハラスメントの加害者が「曖昧表現」を多用する理由知っていますか?その理由の1つは平気で嘘をついたり、すり替えて相手を悪者にしたりして、いつでも逃げれるように、誤魔化せるように(そんなつもりじゃなかった)とすり替えるためです。加害者の特徴の1つ…曖昧表現が癖になっています。

モラルハラスメントの世界では「曖昧表現」が多いです。ハッキリ、明確に、具体的に話すことを避けているのがモラルハラスメントの加害者です。曖昧にしておけばどうとでも誤魔化せるからです。「そんなつもりじゃねぇよ」と。誤魔化す気のない人はハッキリ話します。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)