自分の深い悲しみを知ることのできない者は他人の深い悲しみを知ることは出来ない。

自分の深い悲しみを知ることのできない者は他人の深い悲しみを知ることは出来ない。

「あの親は自分のことをモノとしか見ていなかった…」と自分が思う親のことを許せるようになると、また1つ心が自由になれます。許せるようになるには知り尽くせることを知り尽くすこと。「見ていなかった…」が「見れるほどの余裕がなかったんだね…」と変わることもあります。

僕も、ずっと「あの親は自分のことをモノとしか見ていなかった…」と思っていた。だけど、自分の悲しみの感情に向き合っていくと「あの親は自分のことをモノとしか見ていなかった…」が「見れるほどの余裕がなかったんだね…」と変わっていきました。相手の立場になって考えれば考えるほど、そんな余裕なんてなかったことを知りました。そして、その相手の立場で見れば「そんな大変な中、親なりに一生懸命育ててくれていたんだ」と腑に落ちたのです。

知らないことを知る。この積み重ねによって、新しい視点がたくさん手に入ります。新しい視点がたくさん手に入れば、違う一面、親の違う一面が見えてきます。そうすると、今まではごく一部しか知らなかったのだということがわかり、それが全てじゃないことを知れます。「あの時に俺に力があったなら、助けてあげたかったな」と思うことだってあります。

このような心の変化は、嬉しくもあり、心を軽くしてくれます。そして、また1つ心が自由になれます。

深い悲しみに浸ることが大切

僕の場合は、自分の深い悲しみに浸り、1つ1つの悲しみ、大きな悲しみを構成しているまとまり全体を感じきったのです。自分でも気がついていなかった自分の悲しみです。自分で自分を心理的に虐待していたから気づいてあげることが出来なかった過去の悲しみです。その悲しみを「気づいてあげられなくて申し訳なかった」という思いで、未処理の感情を感じきったのです。

これにより「深い悲しみ(大きな悲しみを構成しているまとまり全体)」を知ることが出来たのです。「自分の悲しみを知ることのできない者は他人の悲しみを知ることは出来ない」と僕は考えています。一番身近である自分の深い悲しみを知ることが出来ない者が、どのようにしてもっと難しい他人の悲しみを理解できるのか。出来るわけがない。

つまり、僕の場合は、自分の深い悲しみを知ることで、親の深い悲しみも少し知れたのです。だからあの怒りも、あの脅迫も、あれもこれもあの裏には深い悲しみ、そして絶望の淵でなんとか強く生きようと頑張っていたんだ…ということがわかったのです。それがわかれば過去に自分がされたことも許せます。

自分の深い悲しみを知ることのできない者は他人の深い悲しみを知ることは出来ない。

自分の深い悲しみを知ることで他人の深い悲しみを知ることが少し出来る。

僕は、こう考えています。

自分の心の深い悲しみに気づいてあげる。
すると、親の深い悲しみも不思議と見えてくる。
そして、理由を知ることで親を許すことが出来るようになる。

「悲しみ」の感情って、
こういった大切なことに気づかせてくれる大切な感情なんだなって思いました。

本当の自分の人生の始まり

大体10歳前後で人は本当の自分を見失います。そこから他人の感情を自分のものだと信じて疑わない「嘘の人生」が始まります。そして色々な問題を乗り越えながら本当の自分を取り戻すのが人生です。置き去りにされた心の中の小さな自分を見つけ出して救い出すことで本当の自分の人生が始まります。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
自分の深い悲しみを知ることのできない者は他人の深い悲しみを知ることは出来ない。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
自分の深い悲しみを知ることのできない者は他人の深い悲しみを知ることは出来ない。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)