「殺意」を消すには、殺意が形成されるまでの「過程」を、丸ごと癒すことが必要です。

「殺意」を消すには、殺意が形成されるまでの「過程」を、丸ごと癒すことが必要です。

殺意を克服した

やってもないことをやったと悪人扱いされ、嘘つきが「被害者」になりすます…。過去の僕は、弱く、頭も悪く、説明力も皆無で、散々やられた。巧みな嘘をつく者に対して、「殺意」をもったこともあった。そして、自分を守るために、「力」をつけて、これを克服した。

殺意を実行に移さなかった理由

その嘘を、現実にしてやろうか?、その嘘を本当にやっても、同じなんだろ。やってもないことをやったと扱われる気持ちがお前にわかるか…?、〇してやりたい。その嘘を本当にしてやろうか…、そう考えていた時期がある。だけど、僕は、負けなかった。

殺意を実行に移さずに済んだのは、説明が下手な僕を、信じてくれた施設の先生の涙…、そして今のパートナーが信じてくれて、それらが、心の安全装置として機能していたから。心の安全装置が一つあれば、人は、思い留まることが出来る。そして、馬鹿なりに勉強をした。自分を守るために。

子供の頃の施設の先生が、僕の気持ちを心から聴いてくれ、信じてくれた。それが無かったら、僕はあの時に、家族を惨殺していたかもしれない(それほど辛かった、悲しかった)。濡れ衣を着せられた苦しみは、それを長期的に、しかも血の繋がった者たちに、子供の頃からされ続けた者でしかわからない。

殺意を実行に移さずにすむ、心の安全装置…。あの時、限界になった時に、出した手紙の返事も支えとなっていた(今でもある)。

殺意は簡単には消えない

殺意を消すというのは、簡単なことではない。殺意は、基本的に、一回の出来事で抱くわけではない。度重なる積年の恨みのようなもの。数え切れないほど、凡ゆる出来事により構築された、「複合的な纏まり」です。ですから、その纏まりを時間をかけて解いていかないといけないので、時間がかかるものです。

殺意を克服した過程

殺意を克服した家庭の前に1つ。

僕が子供の時に入った、とある施設の先生は、「懸命に生きた自分の若い時(命がけだったのだと思う)」と、僕がその前の施設(移送される前の施設)から、「死んでも達成してやると決心し逃走した時のこと」を重ねて、僕の気持ちがわかったのだと思う(手紙にそのようなことが書かれていた)。その先生はやり遂げた。僕は投げやりになり一度逃げた。だから涙を流して怒鳴ってくれた。生まれて初めて「心」を感じた瞬間だった。

その時が、衝撃的だった。「こんな俺の気持ちをわかってくれる人がいたのか」と。

投げやりになり、規則を破ってばかりの僕は、個室に閉じ込められていた。担任じゃないから僕に話に来る必要なんてないのに、何度も現れて説教…。「しつけー奴だな」と思っていた。ある日先生が怒鳴ってきた時に、うるせー奴の顔でも見てやるかと見たら、先生、泣いていた。僕のことを心配して。そこには心があった。

この時、僕の心の深い部分にある、大きな「まとまり」が解けだした(振り返ってみてそう思う)。

そして、この心の変化(人間扱いされた喜び)が、「殺意」を実行に移さずにすむ心の安全装置として機能していて、そこから時間をかけて、自己理解を深めていったのです。

つまり、「殺意」を消すには「自己理解」が、絶対に必要なのです。

1、自分の被害者性に徹底して向き合う
2、自分が受けた被害を深く理解する
3、受けた被害を再び受けないために対処能力を身に着ける
4、自分の加害者性にも向き合う
5、心からの反省
6、感謝すべきことに気づく、新しい解釈や視点を手に入れる

これが、「殺意」を克服した過程です。

僕は、これを、「サヨナラ・モンスター」でやり続けました。「6、感謝すべきことに気づく、新しい解釈や視点を手に入れる」の、新しい解釈や視点を手に入れるは、サヨナラ・モンスター付属の専用ツールで手に入れていきました。それにより、「1、自分の被害者性に徹底して向き合う」が、更に癒されていくのです。何故なら、被害を受けた悲しみなどのマイナスから、プラスを見つけたので、心からの納得が起こったからです。

つまり、嫌な経験があったからこそ、この心の成長があるんだと、腑に落ちたからです。

今、この記事を読んでいるあなたは、誰かに「殺意」を抱いているかもしれません。その殺意は、簡単には消えません。それは当たり前です。あなたが殺意を抱いたということは、それだけのことがあった。それは認めてあげましょう。傷ついた自分、悲しんだ自分、大切にしてあげて下さい。

殺意を実行に移したら負けです。あなたは自分のために勝たないといけません。勝つということは、「殺意」を克服するということ。殺意を克服するとういことは、殺意という「まとまり」全体を変えていくこと。細分化し、1つ1つ変えていくのです。それしかないのです。殺意は、とても大きなまとまりで、複合的にまとまっているもの。深い自己理解で、自分を癒すしかないのです。

それを魔法のように消すことは無理でしょう。細分化し、1つ1つ変えていくしかないのです。それほど強力で、強大なものが、人の殺意ですから。本当の殺意を持ち、それを克服したからこそ、僕はそう確信しています。

「殺意」を消すには、殺意が形成されるまでの「過程」を、丸ごと癒すことが必要です。

 

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。

  1. 「殺意」を消すには、殺意が形成されるまでの「過程」を、丸ごと癒すことが必要です。 | 幸せの種「気づき」 https://t.co/J5oubVVf7D

  2. 「殺意」を消すには、殺意が形成されるまでの「過程」を、丸ごと癒すことが必要です。 | 幸せの種「気づき」 https://t.co/hK0HrTIVjb

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)