実家の掃除に行ってきて改めて過去の振り返りの素晴らしさを再確認した!

今日は、パートナーと実家の掃除に行ってきました。

サライウォーターを持って行って、壁や食器棚などをサライウォーターで綺麗に拭いて除菌して、台所も綺麗にして三角コーナーとまな板とスポンジが汚かったから新品のに交換して、スロージューサーで、無農薬ジュースを作ってきた。人参3本、リンゴ2個、レモン1個の、最強健康、癌も消す勢いのスペシャルジュースを作ったら「美味しい!」と親が喜んでいました。そして作り方を教えて毎日朝飲んでと伝えて帰りました。この無農薬人参リンゴレモンジュースは癌の人にもおすすめです。

老夫婦2人で大変だなと思い、今後も出来る限り協力していきます。かなり喜んでくれて、こちらも嬉しかったですね(*^-^*)

過去にはたくさんの恨みもあったけど、今は、感謝の気持ちもあり、過去に気がつかなかった親の良い部分などをたくさん知れました。過去を振り返ることって本当に素晴らしい。僕は逃げるために過去を振り返ったのではない。今の親への感謝の気持ちを持つために、過去を振り返って、過去に向き合ったのです。

そして、兄弟の1人がこの前「親への感謝の気持ちが出てきた」と言っていたので、そのことも親に「〇〇が感謝の気持ちが出てきたって言ってたよ」伝えました。その瞬間顔をしかめて泣いていました。親の心を楽にしてあげるのは子の務めだな、と、僕は思っています。

母親が癌の手術で入院している時に、父親は2日に一回、2時間かけて面会に行って、それ以外に仕事もしていた。大変だった。そして母親に「絶対に癌を治そうな」って言っていたという。未熟な僕は、それまで親を悪く見ていた部分もあったのです。だけどその親の行動をずっと見てきて、その気持ちを確認することが出来た。だから、自分にできる限りの協力をしたいと思っています。

人は誰しもが、完璧になんて生きられない。勿論、うちにも虐待はあった。僕もされたことがある。だけど、今、そんなことは何の恨みにもなっていない。それどころか、そこから親の痛みを知れた。優しさも知れた。生きることが大変な中、一生懸命生きてきたのです。僕は親に何かを期待していることはもうないから、1人の人間として見れるようになったのです。親の、痛みも苦しみも悲しみも、努力も、頑張りも、今はわかっている。今は照れくさくて直接言えないけど、いつか「育ててくれてありがとうな」と言おうと思っている。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)