恐怖感情を誤魔化すと問題は深刻になっていく。恐怖が酷い人は脳の扁桃体が興奮している。

恐怖感情を誤魔化すと問題は深刻になっていく。恐怖が酷い人は脳の扁桃体が興奮している。

恐怖が強い人は、「恐怖感情」が自分に何を教えてくれているのかを知ることが、とても苦手な人です。その知るべきことを知ろうとせずに、恐怖感情に蓋をしようとするから、ますます恐怖が強くなってしまう。それを別の何かで誤魔化すと、問題は深刻になっていきます。

複合的に働きかけるからよくなっていく

では、どうやって恐怖感情を減らせばよいのか。僕は長年苦しみ、そのための良い方法を見つけました。それがこの「サヨナラ・モンスター」です。恐怖を減らすには、複合的なことをしなければいけない。これ1つで恐怖は消えます、なんて単純なものではない。複合的に働きかけて、よくなっていくのです。

複合的に働きかける方法はコチラ

恐怖が酷いということは脳の扁桃体が興奮しているということ

僕は脳の専門的知識は殆どありませんが、簡単に言えば、恐怖が酷いということは脳の扁桃体(恐怖を感じる部分)が興奮している。だから、この扁桃体を鎮めればいい。では、この扁桃体を鎮めるにはどうしたらいいか。それが、脳の前頭前野を働かせればよいのです。何故なら、脳の前頭前野を使うと、扁桃体の興奮を鎮めてくれるから。

サヨナラ・モンスターは脳の前頭前野を使う方法でもある

脳の前頭前野を使う方法が、サヨナラ・モンスターなのです。サヨナラ・モンスターでは、読み書きもします。付属のプラス感情トレーニング2では、やる気を出します。読み書きも、思考することも、やる気を出すことも、前頭前野の働きです。更に前頭前野を活性化させる音読も勧めています。

サヨナラ・モンスターは、前頭前野を働かせて恐怖を感じる扁桃体の興奮を鎮めることに繋がる方法でもあるのです。あなたが思っている以上に、サヨナラ・モンスターにはプラスな働き(複合的な働き)が隠れているのです。ですので、僕を信じて、取り組んでみて欲しいなと思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
恐怖感情を誤魔化すと問題は深刻になっていく。恐怖が酷い人は脳の扁桃体が興奮している。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
恐怖感情を誤魔化すと問題は深刻になっていく。恐怖が酷い人は脳の扁桃体が興奮している。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. 恐怖感情を誤魔化すと問題は深刻になっていく。恐怖が酷い人は脳の扁桃体が興奮している。 https://t.co/I0P1VrFB0S

    だから、酷い恐怖を減らしていきたいのなら、脳の扁桃体の興奮を鎮めれば良いのです。

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)