恐怖症になる過程に、「恐怖感情を増やしながら、蓋をし続ける…」というプロセスがあった!

恐怖症になる過程に、「恐怖感情を増やしながら、蓋をし続ける…」というプロセスがあった!

「恐怖」は「感情」です。感情は、「心の燃料」です。この恐怖感情を使わないと、どんどん根っこに溜まっていき、いずれ、「何らかの恐怖症(まとまり)」になります。サヨナラ・モンスターは、恐怖を使う(感じきる・浸る)方法だから、「まとまり」が小さくなるのです。

この逆をやってしまっている人もいる(僕も過去そうだった)。思い返せば、恐怖症になる過程に、しっかりそのプロセスがあった。「恐怖感情を増やしながら、蓋をし続ける…」というプロセス…。一番大事なことから目を背けていた。「恐怖感情の役割」、それを深く知ることが大切なこと。

恐怖が酷くなるとカラダも硬直してくる。そして、心に蓄積された恐怖で、日常的に硬直するようになる場合もある。その「蓄積」を解いていくことが大切!

機能不全家庭では、「恐怖支配」が行われている場合があります。そして、恐怖で動きが鈍くなってしまい、ますます恐怖が酷くなり、そして日常生活に支障をきたすほどの恐怖症になってしまう場合もあります。そしてその恐怖を無かったことにすると更に悪化します。

「恐怖」は、人間の感情の中でも、トップクラスに強い感情です。そして、感情は行動を支配します。だから、支配者は被支配者(支配を受けている者)に恐怖感情を抱かせようとするのです。被支配者の行動をコントロールするために。恐怖克服は、本当の自分を取り戻すために必要なことです。

恐怖に向き合う、それは怖いことです。恐怖します。恐怖感情が出ます。その感情から逃げず、しっかり向き合うと恐怖は小さくなりました。サヨナラ・モンスターは、時に痛みを伴う方法です。ですから、販売ページにも書いてあるよう、「傷ついたどうしてくれる!」と言う方には不向きです。

自分で、心の中の小さな自分に向き合い、心の中で救い出す、そういった教材です。

この状態だと、恐怖はますます強くなります。

ここから、次のようになれば良いのです。

大切なことなので、もう一度繰り返します。

「恐怖感情の役割」、それを深く知ることが大切なこと。

恐怖を減らしたい…、そう思うのなら「サヨナラ・モンスター」を試してみて下さい。全額返金保証もあるので、もし何の効果も感じないのであれば返金申請をして下さい。

「まとまり」は「心の問題集」

「まとまり」は、様々な問題を引き起こします。無自覚で、無意識のうちに、問題を引き起こし、「そんなつもりじゃなかったのに…」と後で思う。それは、「まとまり」には「自動化・習慣」という特徴があるので、その深いレベルから変わる必要があるのです。言い換えれば、「まとまり」は「心の問題集」

この「心の問題集(まとまり)」を、自分の力で解いていくことで「隠れた能力」に繋がる。それが、サヨナラ・モンスターに付属している【自分の「モンスター」と「隠れた能力」を知るためのツール】です。これをまた言い換えると、「人生の課題」とも言えます。

この「心の問題集(まとまり)」は、全員違うものを持っている。全く同じものを持っている人はいない。なので、解いた後の「隠れた能力」も十人十色で、全員違う。自分の中で「自動化・習慣(自分にとってマイナス)」になっているものを変えることを、「心の問題集(まとまり)」が促してくれている。

そして、「心の問題集(まとまり)」の問題を1つ1つ解いていくと、自然と「まとまり(可愛いモンスター)」と「サヨナラ」出来るときが来る。その時に、自分にプラスになっている「何か」があるとわかる。それに気づいた時、1つの過程だったんだ…、て思うかもしれません(僕はそう思った)。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)