【研究者の声あり】「ソシオパス」や「ナルシスト」が、「ガスライティング(心理的虐待の一種)」を行い、被害者は、神経症、過敏症、疎外感などを経験している!

【研究者の声あり】「ソシオパス」や「ナルシスト」が、「ガスライティング(心理的虐待の一種)」を行い、被害者は、神経症、過敏症、疎外感などを経験している!

今回は、「ガスライティング(心理的虐待の一種)」について書きたいと思います。

これは、心理的虐待の中でも、最もたちの悪いもので、被害者は、混乱し、妄想に憑りつかれてしまうこともあるほどの威力を持っています。ですので、ガスライティング被害を語っている人たちの中には、妄想を語っている人たちもいます。詳しく書くと長くのなるので割愛しますが、要は、「複雑な問題」だということ。

ガスライティングは実際にある

アンジェリーナ・ジョリー主演の「チェンジリング」という映画があります。これは衝撃の「実話(ガスライティング)」を映画化したものです。ガスライティングは、実際にあることで、海外の心理学者や教授、カウンセラーなどはこの危険性を訴えています。日本はちょっと遅れているので、まだガスライティングに対して偏った見方しか出来ない人もいるのと、被害者が妄想に憑りつかれてしまう場合、そして、被害者ではなく元から妄想の場合、ごちゃ混ぜになっている情報が混在しているので、理解が出来なくて当然です。兎に角、難しい問題なのです。

被害者は神経症、過敏症、疎外感を経験している

ペンシルベニア州立大学ヘーズルトン校(アメリカ・ペンシルベニア州・ヘーズルトン)のシェーンラルストン氏(哲学・准教授)は、「ソシオパス」や「ナルシスト」が、「ガスライティング(心理的虐待の一種)」を行っていると言う(研究論文で確認)。被害者は、神経症、過敏症、疎外感を経験していると述べています。https://www.academia.edu/Documents/in/Gaslighting

准教授が、言っていることは「本当」です。僕も、機能不全家庭で、「ソシオパス(放火して笑っているレベルの者)」から「ガスライティング(心理的虐待の一種)」を長年受けて、極度の神経質、過敏、疎外感、人間不信、人間アレルギー等を経験しました。

「神経症」や「神経質」は、細かいことに気づける能力でもあります。つまり、准教授が言っているよう、「ガスライティング」を受けてきたから、神経症になり、気づけないガスライティングから、自分を、症状で、守っている可能性もあるのです。この准教授は、素晴らしい人(まともな人)ですね。

ガスライティングに打ち勝つための最も重要なもの

シェーンラルストン氏(哲学・准教授)が言うには、組織のトップ、人事の専門家、ビジネスパートナー、さらにはセラピスト、カウンセラーでさえ、ガスライティングを受けてしまうことがあると述べています。ガスライティングに打ち勝つための最も重要なもの、それが「強固な信念」です。

ペンシルベニア州立大学ヘーズルトン校(アメリカ・ペンシルベニア州・ヘーズルトン)のシェーンラルストン氏(哲学・准教授)は、ガスライティング加害者の目的は、「自己疑念」を植え付け、気を狂わせ、あなたの意志をコントロールし、最終的にあなたを操作することだと述べています。

つまり、ガスライティング加害者の目的である「自己疑念(自分を疑う心)」を植え付けられなければ、あなたの勝ちなのです。ではどうしたら良いか? 心の中の小さな自分を親として信じ抜き、強固な信念を持ち、「嘘」を、1つ残らず「拒否」すれば良いのです。例えば「デマ流しかなざわは許さん」と。

ガスライティングを使うのは誰なのか?

アメリカの心理学者であり作家でもあるマーサ・スタウト氏(女性)は、マクリーン精神病院で、心理学の専門的訓練を完了し、博士号を取得しています。マーサ・スタウト氏も、「ソシオパス」は「ガスライティング」の手法をよく使うと述べています。

海外の心理学者や教授等は、「ソシオパス等」が「ガスライティング」を使うことがあると、注意喚起を促してくれています。防ぐ方法も。しかし、日本の心理学者や教授等は、ガスライティングに関しては口を閉ざしている傾向にあるのは何故なのだろうか…。見つけられない…。無知なのか?それとも…。

賢い者はわかりにくい虐待(ガスライティングを行う)

日本は、知識がある者は、わかりやすい虐待はしないんですよ。代わりに「ガスライティング(心理的虐待の一種)」を行います。で、これに気づけない者が多いし、気づいても混乱している者も多い。だから問題解決が出来ていない。で、連鎖して、末端で形を変えたわかりやすい虐待が起こっているのです。

末端のわかりやすい虐待ばかり叩いている、弱い者虐めの偽善者が、そこら辺にいるでしょ。で、そいつらは「ガスライティング(心理的虐待の一種)」には触れない。逃げている。または使っている。こういった卑怯者を出し抜く人間(まともな人間)がどんどん増えないと、日本は良くなりません。

ガスライティングが通じないほど、人間的成長することが大切

「ガスライティング(心理的虐待の一種)」の問題は、とても大きな問題で、気づけない者、混乱している者、妄想に憑りつかれてしまった者、目を背けている者、力だと思って使っている者、色々いて、全く解決が出来ていません。1人1人が通じないよう「強固な信念」で、しっかりするしかありません。

「ガスライティング(心理的虐待の一種)」が通じない人が増えてくれば、彼ら(ガスライティング加害者)なんて、単なるアリンコのようなものになるのです。つまり、日本人は、強固な信念を持ち、自分を信じて大切にしていくことが必要なのです。その1つの試練だと思えば、楽しめるかもしれませんよ。

「ガスライティング(心理的虐待の一種)」の「経験値」はかなり大きく、「人間的成長」に繋がります。ドラクエで言えば、メタルキングを倒すようなものですから、彼らの「嘘」を全部叩き落して、「強固な信念」で、大切なもの(自分や家族)を守りましょう。それが出来た人は、温かい家庭を築けます。

機能不全家庭で育ち、「ガスライティング(心理的虐待の一種)」を長年受けて、極度の神経質、過敏、疎外感、人間不信、人間アレルギー等を経験し、トラウマとなり、そこから、恨みも「転換」されて「感謝」を持てるようになり、過去をありのまま受け入れることが出来るようになりました。PTGです。

ガスライティングに関する最近の「研究論文」をダウンロード

それでは、ガスライティングに関する最近の「研究論文」をダウンロード出来るサイトをご紹介しましょう。准教授、博士(社会心理学)、オックスフォード大学の博士、色々な人が、研究論文を登録しています。翻訳ライターの方は、是非、記事を増やして下さい。
https://www.academia.edu/Documents/in/Gaslighting
無料会員登録後、「最新の研究論文」を、ダウンロードすることが出来ます。このサイトはすごいです。毎月7360万人の「研究者(一般人ではない)」が、このサイトを使用しています。ぜひ、翻訳ライターの方は、翻訳し、日本語で、素人にわかりやすい記事を書いて下さい。

研究者向けSNS

https://www.academia.edu/Documents/in/Gaslighting)このサイトは、「研究者向けSNS」と呼ばれているもので、研究者であれば、普通は知っているであろうサイトの1つです。知らない方は、「新しい査読のあり方を問う研究者向けSNS | 英文校正と論文翻訳の医学英語総合サービス」を見て下さい。
「世界の研究を加速する」、いいですね!その通りだなと思う。既に、「ガスライティング研究」も加速しています。犯人の一部は、「ソシオパス」です。
(PDF) 研究者SNSとそこに収録された文献の利用 | Keita Bando – Academia.eduを見ればわかるよう、(https://www.academia.edu/Documents/in/Gaslighting)のサイトの利用者数は、研究者SNSの中で、1位です。
ほら、このように「知的」で「美人」の方も、研究者向けSNSを使っている。色々な人の研究論文が集結し、より強固な集合知となり、ガスライティング加害者(モラルハラスメントの加害者)の終焉が来るのです。

ガスライティングは機能不全家庭でも起こっている

ガスライティングは、機能不全家庭でも起こることです。例えば、心が弱った妻に、浮気を勘ぐられていて、バレたくない夫が妻にガスライティングを仕掛け、ダブルバインドで混乱させ、妻自身、自分がおかしいのかと、自分の妄想なのだと思うように仕向けられている場合も…。別れたほうが良いです。
心理学者ロビンストーン博士が教えてくれたガスライティングの特徴 ~省略~ このような洗脳が繰り返されると、言われている側は自分を信じられなくなり、自尊心も低くなります。
つまり、「ガスライティングを受けている気がする…」と被害を訴えた相手に対し、すぐに「統合失調症」「妄想」と決めつけようとしている側は、「ガスライティング加害者」か、「無知」、または、「妄想状態」、このどれかだと思います。1つ1つ、細かいところを見なければ真実はわかりませんので。

怒りの反応を引き出す

クイーン・メアリー(ロンドン大学)、社会・地域精神医学、名誉上級研究員、臨床心理士、心理療法士、作家、学術コンサルタント(グーグル翻訳)である、ジェイ・ワッツ博士は、「ガスライティングは人々を怒らせるものである」と述べています。怒りを引き出して、すり替えて、悪人扱いします。
デマ流しかなざわがやっていたことですね。相手が嫌がること、相手の大切にしていることに対して、デマ、悪い噂を流し、相手が反応したら、悉くすり替え、相手を悪人扱いし、相手に僅かにでも怒りが出たら、それを逆手に取り、相手を一気に悪人扱いしていくという。
これも、間違いなく、 「ガスライティング」ですね。

 

モラルハラスメントの加害者は、(https://twitter.com/moral88887777/status/1236459433439293441)に書いたよう、ジェイ・ワッツ博士が、「ガスライティングは人々を怒らせるものである」と述べているように、嫌がらせをして、被害者の怒りを引き出して、すり替えて、おかしい扱いします。

ガスライティングは理解されにくい心理的な虐待

クイーン・メアリー(ロンドン大学)、社会・地域精神医学、名誉上級研究員、臨床心理士、心理療法士、作家、学術コンサルタントである、ジェイ・ワッツ博士は、「ガスライティングは、非常に現実的で、ほとんど理解されていない」と述べています。つまり、理解出来ている人たちはかなり賢い者たち。

被害者の中に、偽被害者が混ざっている

あと気をつけないといけないことは、ガスライティングだけではないですが、被害者の中に、偽被害者が混ざっているということ。偽被害者は、被害者の中で被害者に成りすましながら「情報操作」をしているのです。気をつけましょう。

ガスライティング加害者は、悪い噂を作って流す

ガスライティング加害者は、悪い噂を作って流すこともあります。全く知らない赤の他人に、デマを流されたことがある人もいるでしょう。事実を歪曲され、嘘を書かれたり。掲示板や、SNSなどに、執拗に何年も書かれた被害者たち。その相手はガスライティング加害者であり、専門家が言っているように、「ソシオパス」の可能性があります。

ガスライティング被害者はガスライティングに無知なセラピストを頼ってはいけない

心理学者の Gertrude Gass と William C. Nichols は、夫婦間の不義で時々見られるある種の原動力を描写するのにガスライティングという語を使っている。「セラピストは被害者である女性の反応を誤って解釈することで彼女の苦痛をさらに強めてしまうことがある。… 夫が行なうガスライティングは、一部の女性にはいわゆる神経衰弱をもたらし、最悪の場合、自殺につながる。」

引用元:ガスライティング – Wikipedia

ガスライティング被害者は、ガスライティングに無知なセラピストを頼ってはいけません。心理学者のGertrude Gass とWilliam C. Nicholsなどが述べているよう、被害者の反応を誤って解釈し、深い傷を更に抉ることになるので、最悪の場合、被害者の自殺に繋がります。

親子間、兄弟間、精神病院の入院患者と医療スタッフの間でも

ガスライティングは親子関係で見られることもある。親、あるいは子、あるいは両方が、相手を騙して正常な認知を損なわせようとするのである。さらにガスライティングは、精神病院の入院患者と医療スタッフの間でも見られる。
 

あの心理職の者が使っているガスライティングは「巧妙」だから、決して「証拠」を落とさない。穴の開いたポケットからポロッと落ちることもない(現時点では)。あのように、ある程度知識のある人間が使うガスライティングは、心の弱った被害者を自殺させるには十分な力を持っているでしょう。

例えば、心理職Aが心理職Bを陥れる場合、心理職Aの「駒」の「駒」が、心理職Bのクライアントに接触をする(事前に入手した情報を元に自然を装って)。そして、ガスライティング等で自殺に追い込んでいく。こうすることで「心理職Bの周辺で不審なクライアントの死がある」という話を作れるのです。

例えば、こんなことも不可能ではないでしょう。心理職Aの駒たちが、裏から、心理職Bのクライアントに対し、「偽記憶(偽被害)」を繰り返し刷り込んで、無意識下で色々繋いで、心を傷だらけにしてしまう…。そして被害者は耐えきれなくなり、自殺してしまう。そして心理職Bの所為だと誰かが騒ぐ。

「偽記憶(偽被害)」なんて植え付けること出来るの? いくら何でも映画の見過ぎじゃない? そう思う人もいるでしょう。我々も昔はそう思っていました。今から、数記事ご紹介します。これらの記事を読めば、「偽記憶(偽被害)」は簡単に植え付けることが出来るとわかるでしょう。

ニセの記憶は簡単に植えつけられる!全米で話題の「記憶ハッカー」が明らかにした、あいまいな人間の記憶の実態とは? | ダ・ヴィンチニュース

特定の技術を用いることで多くの人にリアルな偽の記憶を植え付けることに成功したと、英国・カナダの心理学者チームが発表しました。

引用元:行っていない犯罪のリアルなニセ記憶植え付けは容易、心理学者チームが実証 – Engadget 日本版

例えば、親の「妄想」や「願望」で、子供に「前世の記憶(架空)」を植え付けることも不可能ではないでしょう。「うちの子は前世の記憶を持って生まれたのよ!」と、特別でありたいメサイアコンプレックスを抱えている親などは、こういった刷り込みや植え付けを子供に行う場合もあるでしょう。

このようなことを書くなと、邪魔してくるのが、何故か、あの「かなざわ」なんですよね。何が不都合なのか…。こんな有益すぎる情報(被害者を未然に守ることになる情報)を発信しているのに、一体何が気に入らないのだろうか。普通は、どんどん拡散のお手伝いをしたくなるはずなのにな。面白いな。

 

「つぶやき」や「記事」の
「スキ(♡)」を押して応援して下さい!
新しい「つぶやき」と「記事」はこちら

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)