WHO(世界保健機関)が、パンデミックが「加速している」と言っていますが、SNSでは、「自分の意見や言葉が盗まれているという嘘情報」が「加速」している。

WHO(世界保健機関)が、パンデミックが「加速している」と言っていますが、SNSでは、「自分の意見や言葉が盗まれているという嘘情報」が「加速」している。

WHO(世界保健機関)が、パンデミックが「加速している」と言っていますが、
SNSでは、「デマ」や「嘘」も「加速している」のです。

嘘は有害

SNSには、他人を陥れるための嘘や、被害妄想からの嘘など、あらゆる種類の嘘が蔓延しています。これが、「SNSは有害」「SNSをやると病む」という理由の1つで、悪い噂を流されて自殺をした子供もいます。嘘は、非常に悪質で、人の心を殺す刃物なのです。

心の免疫力になる1つが、確認力

そして嘘は、思考停止状態の者たちの間で広まるのです。心の免疫力が高い者たちには浸透しません。心の免疫力が「確認力」です。嘘か本当か確認すればわかります。確認しない者たちが鵜呑みにして騒ぐのです。騒がなくても確認するまで永遠とその妄想を持っているのです。困った世界ですね。

自分の意見や言葉が盗まれているという嘘

深刻な劣等コンプレックスを抱え、被害妄想をしている者は「自分の意見や言葉が盗まれている」と妄想にやられているけど、これも明るみに出せばハッキリします。しかし病気の彼らは決して明るみに出さない(出せない)彼らは自分が嘘つきだってわかっているから。だから確認させないように逃げている。

はい。「自分の意見や言葉が盗まれている」という、「嘘」も、SNSでは、同一人物によって何年も前から流れていて、何年も同じ被害を訴えている者たちがいます。それに感化される者もいて、これは「有害」だなと思っています。普通に考えたらおかしいと思いますよね? 何年も「私(僕)の文章が盗まれている!パクられた!許せない!」と騒ぐ、これは、コロナのパンデミックの加速のように、嘘が加速している状態です。

本当に盗まれた場合は、すぐ解決が出来る

本当に盗まれた場合は、盗まれた証拠があります。ですから当然、下記のように、すぐ解決が出来ます。

僕が書いた記事が丸ごと盗まれていた(無断転載)!しかも相手は多数の資格保有者でボランティア活動や教育委員会講師などもしていた人間なのにこの無責任さ。ブログの運営「Ameba」の対応は完璧で、即日削除してくれた!

僕が書いた文章が自称心理カウンセラーに盗まれた(勝手に使われていた)ことについて!最大の問題は「僕が詐欺仲間だと疑われ、相談者は深く傷つく…」という二次被害に繋がる可能性があることだから「問題解決」へ!

上記は、実際に、僕の文章が全く知らない赤の他人に盗まれていて、それを解決したことをまとめた記事です。僕の文章は、多くの人から「気づきに繋がりました!」とか喜ばれることが多いので、上記のように「自称心理カウンセラーM」や「多数の資格保有者」などのように、バレないと思って盗んでいく者から的にされやすかったのです。しかし、上の記事でご紹介したように、盗まれていないかをチェックする専用ソフト(コピペリン)を使うと、ネット上に、自分の文章を無断で使っているサイトがないか、チェックしてくれます。

記事・文章コピペチェックツール「コピペリン」

ですから、泥棒を発見できるのです。そして、証拠と共に、問題解決が出来ます。こういった場合は、相手を特定し、損害賠償請求(責任追及)も出来ます。ですから、「解決もしないで、自分の文章や意見が盗まれた」と何年も騒いでいる時点で、もう普通じゃないことがわかると思います。重度の被害妄想か、もしくは誰かを陥れるために固有名詞を書かずに悪い噂を作って流しているか、そのどちらかでしょう。

なぜ解決をしないで何年も同じことを言い続けているか?

考えられることは2つ。

1、重度の被害妄想者
2、文章を書く誰かを陥れるための悪い噂を作って流している

です。

上記の「1」か「2」は、どちらも「確認」「解決」が不要ですよね(彼らにとっては)。

とくに「2」の人物は、確認されたら困るのです。目的が悪い噂を作って流すことだから。そうすることでターゲットの発言力を低下させれますし、ターゲットのフォロワーさんがターゲットの伝えたいことを信じなくなるよう誘導できます。解決もせず何年も同じことを言い続けているのは、異常ですよね。

たったの1つも事実確認できる情報がない

デマ流し加害者、または、重度の被害妄想者が騒いでいる、「パクられた!(自分の意見や言葉が盗まれているという嘘)」は、証拠もないので、万年被害を訴えています。彼らの発する情報には、「たったの1つも事実確認できる情報がない」のです。それは、嘘だからです。

ですので、その証拠は?と確認してみると良いと思います。

万年、「パクられた!(自分の意見や言葉が盗まれているという嘘)」と騒いで、名誉毀損にならないよう、表には相手の名前を出さず、裏でこっそり相手の名前を他人を使って流布している場合があります。これは、物書きやライターを陥れるために使う手口の場合もあり、「あの人は自分の言葉で語ってない、他人の言葉を盗んでいる」と悪い噂を作って広めれば、一部の確認脳力の無い者たちを騙すことが出来ます。こうやって、悪い噂を裏から流している者が、表で「あの人は自分の言葉で語ってない、他人の言葉を盗んでいる」と万年騒いでいることがあります。馬鹿ですよね。それが彼らの人生だと考えると、何だか生産性もなく、可能思考もなく、落ちぶれた人間だなって個人的には思いますね。

たったの1つも事実確認できる情報がない。それを信じる者も、おかしいのです。

繰り返しますが、本当に盗まれたら下記のように解決出来るのです。

僕が書いた記事が丸ごと盗まれていた(無断転載)!しかも相手は多数の資格保有者でボランティア活動や教育委員会講師などもしていた人間なのにこの無責任さ。ブログの運営「Ameba」の対応は完璧で、即日削除してくれた!

僕が書いた文章が自称心理カウンセラーに盗まれた(勝手に使われていた)ことについて!最大の問題は「僕が詐欺仲間だと疑われ、相談者は深く傷つく…」という二次被害に繋がる可能性があることだから「問題解決」へ!

 

本当に盗まれた場合は、大手サイトもすぐ削除してくれますし、特定して、損害賠償請求訴訟も出来ます。逆に考えたら、出来ない場合は盗まれていないのです。

例えば、あなたは小学校の時に算数を勉強しました。掛け算を覚えました。それを自分の子供に掛け算を教えました。それは「教科書の言葉をパクった」とはなりませんよね。こういったレベルのことを「盗まれた!」と騒いでいるのならば、一から勉強をし直したほうが良いですね。

1、重度の被害妄想者
2、文章を書く誰かを陥れるための悪い噂を作って流している

どちらであっても有害なので、
その証拠は?と確認してみることが大切だと思います。
相手に厳しい目を向けることも、相手のための優しさだと思いますよ。

妄想話をしていると、巻き込まれた側もマイナスになってしまうことがありますので、あなたの近くに「あの人は自分の言葉で語ってない、他人の言葉を盗んでいる」と万年騒いでいる人がいたら、まずは本当か嘘かを確認すると良いです。

その証拠は?と確認してみることが大切だと思います。

そして何事も、「なぜ?」を使っていくことも大事です。

なぜそう思うの?

その証拠は?

どうやって確認したの?

1つ1つ確認すれば、確かなことがわかります。
ですので、「1」の人は確認をさせてくれますが(悪意がない)、

1、重度の被害妄想者
2、文章を書く誰かを陥れるための悪い噂を作って流している

「2」は悪意ある嘘つきなので、「確認」をさせずに必ず逃げますよ。デマ流し加害者であり、大嘘つきですから。

以上、嘘つきに騙されないように、そして被害妄想者の場合は相手の心を傷つけないように、「確認」してみると良いと思います。

もう一度繰り返します。

心の免疫力になる1つが、確認力

そして嘘は、思考停止状態の者たちの間で広まるのです。心の免疫力が高い者たちには浸透しません。心の免疫力が「確認力」です。嘘か本当か確認すればわかります。確認しない者たちが鵜呑みにして騒ぐのです。騒がなくても確認するまで永遠とその妄想を持っているのです。困った世界ですね。

この記事が良いと思ったら、良かったら、SNSで広めて下さいね(^^♪

この記事が、既に彼らに騙されてしまった人の「マインドコントロール」が解けるキッカケになれば幸いです。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)