僕が書いた記事を数年前に読んで、自分の手口(悪事)が見透かされているような気になり、苦しくなったというMさま。しかし、今は「心が浄化された(解放された)」と感じるようになったとのこと!

僕が書いた記事を数年前に読んで、自分の手口(悪事)が見透かされているような気になり、苦しくなったというMさま。しかし、今は「心が浄化された(解放された)」と感じるようになったとのこと!

※許可をもらって掲載しています。

僕が書いた記事を数年前に読んでいて、自分の手口(悪事)が見透かされているような気になり、苦しくなったというMさま。この方は、当時、自分の悪い部分を認めることが出来なかったとのこと。何故か、僕の文章を読むことで、自分の心の奥にある、邪悪なものが刺激されていたという。隠していたものが動かされたような感じだったとのこと。その時は、自分でも自分にも悪い部分があるなんて思いもせず、他人が全て悪いと思っていたそうです。

そして、それから数年、僕の記事を読み続けていた中で、サヨナラ・モンスターの購入を決め、それによって「過去を整理することが出来た」そうです。自分も被害を受けていたことに深く気づき、自分を大切に思えるようになり、自分も同じように人を傷つけていた部分もあったことに気づき、自分の非を認めることが出来るようになり、今は「心が浄化された(解放された)」と感じるようになったとのこと!素晴らしいですね!

僕の文章を読んでいるうちに、自分の心の奥にある黒いものが浮上してきて、数年間、色々感情の解放もあり、考え方も変わり、邪悪な部分も含めて自分だと認めることが出来るようになり、自然と邪悪な部分が減っていったとのこと。

どんな人も、悪い部分もあるし、人に言えないこともある。隠して忘れていることもある。隠して蓋をしたことで、根腐れが起こり始めて問題がどんどん増える人もいる。それを他人にいう必要はありません。自分の中で、清算をすればよいと思う。それが、相手がいるなら、その相手に謝ることで、スッキリすることもあると思います。そして自分も傷つけられたこともある、それが人間ですから、自分を守れるようになっていくとよいと思います。自分を守り、害を被らず、害を加えず、、、そうなっていけたらよいと思います。

心の奥に黒いものを隠し続けたら苦しいと思います。人は誰もが必ず死を迎えます。その前に、綺麗に清算すると穏やかな最期に繋がるのだと、僕は思います。数年間も、僕が書いた記事、教材などに向き合ってくれていた人がいたなんて、驚き、そして、それによってよい変化があったこと、良かったです。僕も嬉しく思います。人は、どれだけ悪いことをしても、自分次第で変わることが出来ます。自分を大切にしていくと、人の気持ちもわかるようになってくるので、まず、、自分を大切にする。これが【最も重要なこと】です。支配者は、これをさせないようにします。何故なら、美徳で支配して、犠牲になることを良しとして、支配者に尽くさせようとするから、支配者からすると、「自分を大切にする」=「悪いこと」なのです。騙されないように。

 

 

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)