Amazonで販売中の本「自己憐憫からの脱出(克服)」のページが、Google検索の「強調スニペット」として表示されました!

Amazonで販売中の本「自己憐憫からの脱出(克服)」は、電子書籍だけではなく「ペーパーバック(紙の本)」も販売することにしました。早速、ペーパーバックの方も読まれています。ありがとうございます。

この本では、自己憐憫(じこれんびん)にも良い部分があるということをお伝えしています。是非、読んでみてほしいと思います。読んだら一言でも良いので感想を教えていただけると有り難いです。

あと、「自己憐憫からの脱出(克服)」のページが、何と!Google検索の「強調スニペット」として表示されました!下記のスクリーンショット画像をご覧下さい。

このGoogle検索の「強調スニペット」というのは、要は「ユーザーが探している情報(検索したキーワード)に対して、その答えが見つかりやすいと判断された説明部分の文章」を強調して(検索結果の一番上に)表示する仕組みのことです。

今回の場合で言えば、ユーザーが「自己憐憫」で検索した時に、僕が書いた自己憐憫についての文章「自己憐憫とは 自分に対して抱く憐憫(れんびん)の情のことです。 自分のことを可哀想だと思う憐れみの気持ち、感情のことです。」が、ユーザーにとって役立つ答えになるであろうと判断されたことで、このように1位に掲載してもらえたということです。

ここに表示される記事(強調スニペット)は入れ替わりがあるので、別の記事が表示されることもありますけど、このように強調表示されて1位に表示されると閲覧数も上がり、僕の場合は販売している本を読んでもらえる機会も増えるのでとても嬉しいです。

この本に書いたことは自己憐憫に陥ってしまう人、自己憐憫について研究している人、加害者になってしまう人などに役立つ情報だと思っています。ですのでもっと多くの方に読んでもらい、この良さを知っていただきたいと思っています。

この記事のレビューを書く!
(レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします)

この記事のレビュー

No Title

Rated 5 out of 5
2021年11月28日
通りすがり

親に対する恨みを消すことは大事

Rated 4 out of 5
2021年11月28日

自分らしく生きてくためにも大事なことだから
すごく大切なことと思った

やす

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)