幸せの種「気づき」

心の成長に役立つ情報サイト。大切なことは自分が自分の親になること。

タイ保育園で銃乱射。30人以上死亡。無差別殺傷事件はスケープゴート問題でもある。

この記事は211回閲覧されました。

とても悲しい事件が起こりました。

タイの保育所で元警察官が銃乱射か 子ども含む31人死亡 逃走した男は自宅で死亡(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

銃乱射事件、無差別殺傷事件など、いつまで経っても後を絶ちません。それはどうしてかというと、問題を解けない(解かない)からです。どうして解けないか、それは問題の核心部分を無視しているからです。つまりは、全体が「スケープゴート」の問題解決に乗り出さないからです。これは個人レベルだけの話ではないのです。スケープゴート問題は世界トップクラスの宗教でさえ大きく触れている部分です。キリスト教の役割の1つは、スケープゴートにされるような人を愛しなさい。こう教えています。なぜか、それが世界平和に繋がる大事なことだからです。僕は無宗教ですが。またスケープゴート問題は社会心理学者なども研究しています。それはそれほど大きな問題であり、社会、国家にまで関係している根深い複雑な問題だからなのです。国際社会でスケープゴートを創ると、スケープゴートされた国が戦争を仕掛けようと考え出す可能性もあります。ロシアはもしかしたらスケープゴートにされている部分もあったのかもしれません。それについてGoogle検索で検索をしてみましょう。

オピニオン:ロシア人はつらいよ、と思う8つの理由 – ロシア・ビヨンドという記事を見つけました。僕もそう思います。この記事に同感です。スケープゴートにされた国は戦争を仕掛けるかもしれません。個人であっても同じです。スケープゴートにされた人の一部は非行に走り、半グレになり、暴力団組員になる。海外ではマフィアになる。そうならなくても、何らかの形で社会に対し害を及ぼすようになりますが、それらには過去の被害記憶が関係しているのです。つまりスケープゴートとしてのトラウマ(未処理の冷たい記憶)です。トラウマは根深い場合、本人も気づいていません。だから様々な形で表面化するのです。無差別殺傷事件を起こすような者たちも、何らかの心の苦しみを表現したわけです。それが彼らの場合は事件を起こしてしまうのは脳の前頭葉の衰え(血流低下)が関係していると考えられます。実際無差別殺傷事件を起こした宅間の脳も血流低下が指摘されていました。自分の力で脳の前頭葉を活性化させて育てて生きてきた人間は、事件を起こさずに済みますが、それが出来なかった人の一部は犯罪に走ってしまうこともあるのです(前頭前野は犯罪抑制にも関与している部位)。スケープゴートの問題は本当に深い傷になっているのです。しかしそれらをした側は認めず、隠蔽し、過去の虐待行為さえ隠蔽します。そしてすり替え、知識武装して封じ込めることもありますので、過去の被害者は未解決問題として、未処理のままそれぞれの心の奥に隠されています。それによって、何処かの誰かが爆発してしまう場合もあります。無意識の中に出来てしまったまずいものに突き動かされる日が来る場合もあります。それが無差別殺傷事件やテロです。それらが爆発しやすいということを見抜いて利用するのがカルト教祖です。信者を駒にしてテロに出来ます。スケープゴートの心を悪用することで人間爆弾を創れます。だからスケープゴート問題は国レベルで取り組んでいくものでなければいけないのです。

前記したような事件を起こすのは「スケープゴートタイプ」です。最後の爆発を起こすわけです。加害者は過去の被害者です。そこを解決出来ない過去のスケープゴート被害者が、最期に加害者になって終わることもあるのです。

だから何が大事なのか。

その答えは、国民の親であり、出来るだけ国民全体のことを考えていた故・安倍元総理が既に出しているので僕が書くまでもありません。

友達がいなくて独りぼっちの子がいたら、ぜひ声を掛けてあげてください。私がこどものときにそういうことができなかったことを、今でも後悔しています。

安倍晋三(第90代、第96代、第97代、第98代、内閣総理大臣)

故・安倍晋三元総理は、最後まで人の為に自己成長し続けた人だと思います。人格者です。だからこそ見えていた視点があるのではないか。一番大事な部分に気づかれていたのではないか。そう思います。故・安倍元総理は「友達がいなくて独りぼっちの子」=「スケープゴート」がいたらぜひ声を掛けてあげて下さいと言っています。つまり安倍さんの言葉は「スケープゴートを減らそうよ。みんなでそうしようよ」と言っていると考えることも出来ます。ここが理解出来れば安倍さんが統一教会にメッセージを送ったのもどうにか全体の平和、恨みを減らして和解に繋げたいという思いがあったからなのではないか、僕はそう思います。何故かと言うと、宗教は実はスケープゴートにされた人たちの集まりなのです。スケープゴートは宗教の信者になる、或いは裏社会の信者になりやすいのです。だから誰かが健全な教祖、或いは健全な指導者として裏にいかないといけないのです。その役割を担う人は凄まじいほど勇気ある人物です。健全な指導者として機能している人はいない、或いは少ないのだと思います。ごく稀にしかいないと思います。

話は戻りますが、故・安倍晋三元総理が言った『”「友達がいなくて独りぼっちの子」=「スケープゴート」がいたらぜひ声を掛けてあげて下さい”』この優しさが増えれば増えるほど将来の加害者(無差別殺傷事件)を減らせます。無差別殺傷事件はスケープゴートにされた被害者が何年、或いは何十年か経って熟成されて出来るものです。だからそうならないよう、予防として、早い段階の悪化を食い止めることが大切です。故・安倍元総理が言っていることをみんなで実践していく必要があります。しかしそれをやると、必ず邪魔する者が出てきます。それが「スケープゴートを必要とする者」です。そういった者がこのような文章にも否定的になります。良くなることはみんなにとって良いはずなのに。スケープゴートを必要とする者は、スケープゴートが過去においてスケープゴートだったということさえも隠蔽しようとします。必要とする側にとって悪役でなければいけないからです。悪役がまさか被害者の部分があった!?それがバレてしまっては辻褄が合わなくなるから断固阻止(巧みな演技で弱者を装いながら)します。

この「スケープゴートを必要とする者」が何を指しているか、それは社会心理学者の記事をお読み下さい。その答えがちゃんと書いてあります。

人はなぜスケープゴートを作り出すのか?/釘原直樹 – SYNODOS

上記を読めば、国民全体でやめなければいけないことがあるとわかります。そしてそれらをやめないように維持しようと座っている者たちがいるのもわかるでしょう。その永遠の赤ん坊をどうしていくか、どう育てていくか、そこも考えていかないといけません。このままではいけないのです。スケープゴート問題が深刻化すればするほど無差別殺傷事件も増えていきます。実際増えてきていますよね。それはスケープゴート問題が無視されているからです。ということはこのままだと10年後、20年後にもっと無差別殺傷事件が増えるということです。しかし今から予防出来ることもあります。まだ事件を起こしていないスケープゴーとタイプの過去の傷が癒やされたら?そう事件を起こすわけがないのです。だから故・安倍晋三元総理が言ったことが大事なのです。ここを軽視せず、重く受け止めてほしい。

勉強すれば以下に弱者が悪であるか。そのままではいけないのだということ。つまりは弱者が将来の加害者を創っている側面もあると言えるのです。

ブルーハーツの「TRAIN-TRAIN」という曲に、次の一節があります。

弱い者達が夕暮れさらに弱い者をたたく

ザ・ブルーハーツの曲「TRAIN-TRAIN」

心理学三大巨頭の1人アドラーはこう言いました。

わたしたちの文化においては、弱さは非常に強くて権力がある

アルフレッド・アドラー

哲学者ニーチェの名言をお読み下さい。

かれらはその手足が弱々しく萎えているので、自分を善良だと信じているのだ。

フリードリヒ・ニーチェ

自分のことを善良だと信じ込んで邪悪な心を抑圧している者ほど、悪役を必要とします。そして彼らが自分を善良だと信じ込んで、その者から認められたい承認欲求が強い偽善者が共依存に陥り、ごっこをしているので、それが悪役を創っています。

下記記事でお伝えしたこと、、、

加害者のくせに被害者面!?こうしてスケープゴートを必要とする。

これをよく理解し、全体でやめていかないといけないのです。これが僕が10年以上かけて追求してわかってきた1つの仕組みです。スケープゴートにされている人たちを囲んでいる側をよく観察すると良いでしょう。そしてその観察視点として、心理学三大巨頭の1人アドラーが言う「人や感情には隠された目的」があるということの視点でみてみましょう。あとは「マッチポンプ」のキーワードも頭に入れておきましょう。一部の弱者や承認欲求が強い偽善者などが、相手を悪者に仕立て上げている働きがあります。それをスケープゴーティング現象と言います。そこをしっかり見抜いて指摘する大人がどんどん増えないといけません。それが結果として悲しい事件を減らすことに繋がります。

ふざけた茶番に終止符を打ちましょう。

この構図が3を殺す(これを見抜く大人が増えないといけない!
1、メサイアコンプレックスを抱えている支援者
2、加害者のくせに被害者になりすます弱者
3、悪役とされる被害者
(1と2の手口を絶対に許してはいけない)

「3」は最悪事件を起こすこともあります。被害者が加害者に変わります。その為に「2」がとんでもないことをしている場合もあります。

だから「3」が着せられた冷たい濡れ衣を脱がせてあげて、温かい言葉をかけてあげることそれが国益にも繋がります。スケープゴートタイプたちの心が冷え切っています。だからサイコパスのようになっている人もいます。それが誰かの本当の愛などによって温まると、彼らは真実に生きるようになります。スケープゴートほど真実をみれる人間はいませんから。洞察力も高くなり大きく育つ。

無差別殺傷事件は、何かわからないものを受けて深く傷ついて、我慢出来なくなって発狂して、無差別に向けたようなものです。最初の被害部分を明確にして解き明かしておけば事件を起こすわけがないのです。

最初に読むべき一冊(ミニ書籍)


心が傷つき病んでしまったら「心の問題解決」を始めることが大切です。その為の「心構え(心の用意)」の一部として機能するものがこの書籍の中でお伝えしていることです。この書籍でお伝えしていることを心に置いておくことで、自分の心の問題解決への対処の方向性が定まりやすくなります。

まずはマイナス化思考(認知の歪み)を修正しよう

認知の歪みの中で最も厄介とされる「マイナス化思考」ですが、これを修正するツールをご用意しました。
→ https://sayonara-monster.com/post-2956/

認知の歪みの1つであるマイナス化思考は誰でも大なり小なりあるものです。このマイナス化思考がうつの原因になってしまうこともありますし、ストレスや苦しみを増やしてしまうこともありますので、出来るだけ多く修正していきたいものです。この部分を効率良く変えていく為に役立つツールが上記のリンク先でご紹介しているツールです。とても簡単な方法で、質問に沿って入力していくこと(書くこと)でポジティブな回路をつくっていけます。

新着・更新情報をメールで受け取る

自分が自分の親になって
自分と向き合って心の深い部分を変える方法
「サヨナラ・モンスター」

自分が自分の親になって自分と向き合って心の深い部分を変える方法「サヨナラ・モンスター」
心の苦しみを減らすには認知を変えれば良いのです。しかしそれを変えることは難しい場合もあります。そこで、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変わることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
人の心が変わるということは脳の活性化と共にあるものなのです。それを促しながら潜在意識(無意識)に対して複合的に働きかける方法です。返金保証もありますのでご安心下さい。効果が無かった場合、返金申請することが出来ます。あなたが変わるための材料を徹底してご用意しました。あとはあなたの変わる気持ちが必要です。自分を変えていきましょう! 基本は「付属ツール(書くこと)」で細部の変化を起こしていきます。

正確なIQがわかる知能テスト(医師作成)

【広告】「公式Worldwide IQ Test」をオンラインで受けて、メンサテストに合格できる「脳力」があるか簡単にチェックできます(有料)。信頼性が高く、すぐに正確なIQがわかる知能テストで30分以内にあなたのIQスコアが分かります!(このIQテストはこの分野に精通した若くて経験豊富な医者により作成されたものです)。フィンランドの会社が運営しているサイトです。テストを行う方は十分な準備をしてから行いましょう(疲労や空腹が無い状態・心が落ち着いている状態で)。結果に大きく差が出ます。

極度のあがり症改善に特化した教材

極度のあがり症を改善し、スピーチの全国大会で準優勝した心理カウンセラー・セラピストが、あがり症改善に特に効果のある各種心理療法と、スピーチ・プレゼンに必要なスキルをまとめました。既存の話し方教材・教室では解決できない課題解決が期待出来るレベルの教材です。
あがり症改善プログラム
~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします(投稿は最下部から)。

サイト内検索

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

コメントを投稿する(レビューは最下部)

*

CAPTCHA


・日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
・コメント欄を設置してみました!良かったらコメントを残して下さい。
・記事のレビューは最下部からお願いします。
・あなたの前向きな気持ち(積極的で発展的な宣言等)を残していって下さい。