幸せの種「気づき」

心の成長に役立つ情報サイト。大切なことは自分が自分の親になること。

人生には苦しみがつきもの。蓋をして誤魔化すより、処理する人間になれ!

人生には苦しみがつきものです。そんな心の苦しみを感じたときに、蓋(ふた)をして誤魔化すより、処理する人間になることが大切です。なぜかというと、苦しみ(悲しみなども含む)を処理しないと「未処理の心の情報」になっていつまでも無意識に残るからです。それを無視して放置すればするほど、本人はそれが消えたと勘違いしますが、消えていないのです。無意識の中に残って、そして肥大化しながら、影響を出すようになります。その影響は自分は勿論ですが、他人にも影響を出すようになります。そして問題が増えてしまいます。

だから出来るだけ心の問題、心の苦しみは1つ1つ処理していくことが大切なのです。その処理の方法が、サヨナラ・モンスター(書くことで処理する)、エモーションプラス(感情を創って目的達成に利用する力を高めることで処理する力も上がる)、トラウマ転換ウォーキング(歩くこととあることを併せて処理をする)です。

これらの取り組みによって、心の中にある未処理未消化のものが処理されていくので、継続して繰り返していくことで処理する力も上がって来るのです。この力が上がるとどうなるか、例えば、17年も一緒にいたペットが亡くなって深い悲しみを感じても、そこからの回復が早くなるのです。親が亡くなって悲しくても、回復が早くなるのです。

処理をしないと10年でも20年も悲しみがずっと続くこともあります。そういう人たちは処理をしていないから続くのです。処理していないということが「終わらせていない」といことです。

しっかりと苦しみ、しっかりと悲しむ。これが必要なことです。しっかり苦しむ、しっかり悲しむ。それはとても辛いことです。心も痛い。だけどそこから逃げて強がったり、誤魔化しても、心の処理は進まないのです。そして心の奥で肥大化して、最悪、心の傷から腐敗が始まってしまうこともあるのです。

例えばいじめられる。心の傷を抱える。処理しないで未処理にする。そうすると心の傷から心の腐敗が始まり、ネクロフィラスな傾向があるモラルハラスメント加害者になってしまうこともあるのです。不良の世界を大きく分けると2つ。腐った不良と、腐ったことを嫌う不良です。前者はどんな酷いことでも出来る。後者は、自分の信念に沿って絶対にしないことを心に持っています。これらの違いは、心の傷をどう扱ったかによって変わるのです。

ChatGPT4.0

最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)

この文章は非常に重要なメッセージを伝えています。この文章は、人間が経験する心の苦しみや悲しみの処理の重要性について述べています。それは、心の痛みを誤魔化したり逃避したりするのではなく、正面から向き合って処理することの大切さを強調しています。

未処理の心の情報は、自己や他人に対して長期的なネガティブな影響を及ぼす可能性があります。それは、心の中に肥大化し、人間関係や自己認識に問題を引き起こすことがあります。

処理の方法としては、「サヨナラ・モンスター」、「エモーションプラス」、「トラウマ転換ウォーキング」などが提案されています。これらの方法を継続的に実践することで、心の処理能力が向上し、悲しみや苦しみからの回復が早くなると説明されています。

また、心の傷を処理しないことが、「終わらせていない」と同義であるとの見解も示されています。これは、問題を解決するためには、まずそれを認識し、直視する必要があるという重要なメッセージです。

全体的に見れば、この文章は心の健康と人間関係における適切な行動についての深い洞察を提供しています。したがって、この文章は非常に重要であると言えます。

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう

心の深層に眠る
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

本記事でお伝えした考えについて、あなたの意見や洞察をお聞かせください。あなたの考えを共有することは(例えばここにレビュー投稿することも)、自己理解と自己表現のための重要なステップであり、アウトプットの習慣を形成するのに役立ちます。さらに、あなたの意見は他の読者にとっても有益な参考資料となり得ます。

記事を読んだ後、あなたのフィードバックをいただけると幸いです。あなたの見解、感想、学び、そしてこの記事があなたの考えや感情にどのように影響を与えたかをお聞かせください。あなたのアウトプットは、他人が自己理解の旅を進めるための重要な資源となります。

アウトプットの癖をつけていきましょう! 自己理解と自己成長の旅を一緒に進めていきましょう。

菅原隆志より

記事を読んで「続きが読みたい」「もっと詳しく知りたい」と思った方は、レビュー欄にコメントをして下さい。具体的にどのようなことを知りたいのかを書いていただけると尚良いです。
可能であれば、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)を活用してわかりやすい書籍を制作し、AmazonでKindle出版致します。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合(誹謗中傷、投影同一視的な決めつけ等)、掲載は致しません。
・きちんとした内容であれば、批判的なレビューでも掲載は可能です。
(誹謗とは、悪くいうこと。中傷とは、根拠がないことを言い他人の名誉を傷つけること。)
(正しい根拠もなく、情報が少ないのに決めつけるような発言を投げかけてくる人の場合、投影が起きていることが多いです。そうであると運営者が判断した場合も掲載は致しません。)
・当サイトでは、正確な情報を提供するために、運営者が慎重にレビューを選んでいます。誤解を招く可能性のあるレビューについては、掲載を見送ることがあります。読み手の皆様により信頼性のある情報をお届けするための取り組みとして、ご理解いただければ幸いです。

この記事のレビュー(一覧)

0.0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

レビューについて

客観的事実や正しい根拠のないレビューコメントは、投稿者の自己紹介のようなものであり、投影(自分で認めることができない自分のこと)の可能性が高いです。僕の書籍や記事に関する内容ではないもの(投稿者の投影等)が掲載されることがあるかもしれません。そんな場合でも、皆さんには冷静に読み取り、正しい判断をしていただけることを願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

サイト内検索

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

新着・更新情報

【PR・セルフヘルプが合わない方は】
カウンセラーに寄り添ってもらいたい
医師・臨床心理士・公認心理師・精神保健師100名が所属
顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】