暗示は「気づけば解ける」のです。悪い暗示は、そっと背中を押してくれています。あなたが本当のことに気づき、そして「更新(成長)」し続け、本当のあなたの道を歩き始めるように…。

17076 views
約 8 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
暗示は「気づけば解ける」のです。悪い暗示は、そっと背中を押してくれています。あなたが本当のことに気づき、そして「更新(成長)」し続け、本当のあなたの道を歩き始めるように…。

悪い暗示を使って支配したり心を傷つける

子供の心に毒を盛る毒親や、精神的な嫌がらせを隠蔽して巧みなモラルハラスメントを仕掛ける加害者は「悪い暗示」を使って相手の心を傷つけたり支配したり操作したりします。

暗示とは

暗示とは、以下の引用通りです。

暗示(あんじ、英: suggestion)は、言葉や合図などにより、他者の思考、感覚、行動を操作・誘導する心理作用のことをいう。暗示にかけられた者は自然にそうなったと考え、それが他者による誘導によるものであることに気が付かない。特に催眠状態において暗示は最も効力を発揮する。

引用元:暗示 – Wikipedia

暗示とは、文字取り「暗に示す」ものです。暗に示されているメッセージなので相手は気がついていません。気がついていないまま潜在意識(無意識)に刷り込まれて、作用してしまうのです。暗示を巧みに使えば人を操作しているのに、相手は「自然にこうなっている」と考えて気がつかないのです。

直接的な心への攻撃と悪い暗示を使う心への攻撃の違い

直接的な心への攻撃と悪い暗示を使う心への攻撃の違いですが、直接的な心への攻撃は相手が被害に気がつけます。当然ですよね。悪い暗示を使う心への攻撃は相手が被害に気がつけないのです。暗に示されているのですから気がつかないのも当然です。

気がつかないということは、気がつくまでその攻撃が続くということです。例えば「お前は虐められる人間だ」というメッセージを暗示によって気がつかないレベルでかけられたとします。すると無意識のうちに「私(僕)は虐められる人間だ」と考えてしまい、本人はそのことを考えていることさえ気がつかないのです。

その結果、無意識のうちに「私(僕)は虐められる人間だ」という自動的な思考などにより、本当に虐められるように自分で自分を誘導してしまうのです。つまり、直接的な心への攻撃はボクシングで言えば右ストレートのようなもので、悪い暗示を使う心への攻撃は後からじわじわと効いてくるボディブローのようなものです。このような違いがあるのです。つまり、正直者や真面目タイプのモラルハラスメント加害者は直接的な心への攻撃をしますが、陰湿で演技して自分が加害者だとばれずに弱者や涙を使い相手を傷つけているタイプは悪い暗示を使う心への攻撃をするのです。

心理学三大巨頭の1人アドラーは、「悲しいから涙を流すのではない、相手を責め、同情を引くために泣いているのだ」という。

そして、早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三さんはこういった。

こういった狡賢い攻撃者がさらにレベルアップして心理技術まで獲得すると、悪い暗示を使って心をこっそり攻撃してくるのです。水面下では刺してくるのに、水面上では何事も無いように演技もします。なので被害を受けた側が「確実」ではないことを口にしてはいけない。

何故か?

これだけ巧妙な精神的な嫌がらせは特定が難しいのです。なので、被害者側が焦ると妄想へと入っていく場合もあります。つまり、疑心暗鬼になり、加害者ではないも者を加害者扱いする場合もあるのです。それをやったら自分が加害者です。本当の加害者はそれを待っているのです。そして「ほら、あの人被害妄想だよ、やばいね」と。この手口に引っかかったものは最悪精神病院送りされてしまう可能性もあります。

つまり、ストレートタイプの攻撃者は無知な者。悪い暗示を使って攻撃する者は賢く演技力がある者というわけです。

暗示は期待するからかけられる

相手に「期待」するから悪い暗示にもかけられてしまうのですが、子供は期待するのが当然です。そういった親という立場を悪用して子供に悪い暗示をかけていくような加害者の手口に引っかからないためには期待しないことが重要です。

期待とは文字通り「期(その時)を待つ」ということ。つまり、相手に依存しているということです。依存とは餌を必要とするということ。餌をもらっている動物が飼いならされていくように、人間も同じです。餌をもらうと暗示によって飼いならされていく(操作される)のです。

悪い暗示や否定的な暗示から脱出するには

飼い主が動物の命を預かっているように、相手に期待すると相手に心を傷つけられることも当然なのです。期待しなければ相手の悪い暗示に掛けられることはありません。

 

そんな悪い暗示や否定的な暗示から脱出するには以下の本もとてもおすすめです。

<<下に続く>>

上記の本は実際に僕も読ませていただき実践しましたところ本当に効果がありました。これにより悪い暗示を防ぐこともできるようになります。

上記の本は、大嶋信頼 (著)同じく大嶋さんの以下の本「支配されちゃう人たち 親や上司の否定的な暗示から解放される超簡単テクニック」も、かなりおすすめです。

実際に、僕の紹介からもたくさん売れていますので、それだけ悪い暗示の支配から抜け出そうと動き出している方も増えているのです。僕も、購入済みです。図書館で借りたい方は、カーリル | 日本最大の図書館蔵書検索サイトで検索してみて下さい。

暗示は「気づけば解ける」のです。気がつかないままだと暗示はずっと作用しています。それが良い暗示なら良いですが、悪い暗示なら人生が上手くいかない…。なぜか不幸なことが続く…。ということになります。だけど、餌に食いついて、相手の誘導に乗っていたことにも気づき、いつ、どの言葉、そういった詳細が見えてきて、自分自身が「いらない。断ち切る」と決めたら解けます。

「気づかない」ということは「起きながらにして寝ている」ようなものです。

人は起きながらにして寝ている。つまり無意識でいる。そして無意識をコントロールされている。

気づく生活をしていくことが悪い暗示を防ぐ方法

気づく生活をしていくことが悪い暗示を防ぐ方法です。暗示は、実は日常的に至る所にあります。人とのコミュニケーションにも潜んでいることもあります。そんな毎日知らず知らず触れてしまう暗示を防ぐにはどうしたら良いか。

 

人は無数の「良い暗示」や「悪い暗示」の中で日々生きています。暗示(暗に示す)なので、気づいていないだけです。暗に示されたメッセージがあるのです。気づけるものは明示ですから。気づかないから暗示なのです。その、暗示にかからない人などいません。かかるわけないと思う人ほどかかりやすいでしょう。

そして、バランスが崩れ、悪い暗示ばかりを受け続ける環境で過ごすと、自分であって自分じゃない感覚に苦しみます。脳にはモノマネ細胞と言われる、人を真似る神経細胞があります。ミラーニューロンって聞いたことある方もいると思います。人は相手の動作を見た時に、ミラーニューロンを通じて脳の中で相手の動作を真似するんです。だから他者の思考や感情が自分の中に入っているんです。

つまり苦しいという事は本当の自分を生きていないわけです。自分を生きていないという事は「自分軸」ではなく「他人軸」で生きているという事です。自分を生きていないという事は、他者の思考、他者の感情を感じているから苦しくなるんですよ。だって、自分の人生だったら楽しいに決まっているじゃないですか。

 

支配されないためには、自分の中にある他者の思考や感情を棄てる決心をしましょう。それは「依存をやめる決意」でもあります。誰でも何かに依存します。ライフラインにも依存しています。依存しないと生きることは出来ません。だけど、依存を減らすいていくことは出来ます。依存を減らすことが本当の自分へと近づく道なのです。

あなたには、あなたの「道」があるのです。それは誰かに教えてもらえるものではありません。あなたの「道」はあなたが「今」を生きながら「創る」のです。創った道は創り終わった後にしか全体像が見えないのです。

自分の感情を感じたい方は「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」をよかったらお試し下さい。自分の感情を感じるための12のステップです。本当の自分に近づくには「気づく」生活が必要です。過去の記憶のまま起きるのではなく。気づくことで「更新」していくのです。死ぬまで「更新(成長)」していく必要があるのです。

悪い暗示は、そっと背中を押してくれています。あなたが「更新(成長)」し続け、本当のあなたの道を歩き始めるように…。自分が成長していくと「憎き支配」が「えてってくれた支配」に見えてくるかもしれません…。

気づくことが大事

「お前は不幸になれ」という家族からの「無数の暗示」に気づくことは大切です。暗示とは「暗に示すもの」ですから明示されていません。明示されないまま水面下で受け取っているのです。美徳の言葉の裏にくっついた悪い暗示もセットで。気づいて捨ててしまえば二度と同じ暗示はかかりません。

「聖闘士星矢」というアニメがあるのですが、その中で「聖闘士に同じ技は通じない」というような言葉があるのですが、これ暗示でも同じこと。自分の望みを無視された刷り込みの暗示って潜在意識に働きかける技のようなもので気づかない。だけど1度でもハッキリ気づいたら二度目はかからないのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)