不安神経症(全般性不安障害)の人の「気づき」。過去の環境では「知ったかぶり」が必要だった。だけど「今」は違う。そう自分で納得が出来ると自然と「知ったかぶり」が治っていく場合もあります。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
不安神経症(全般性不安障害)の人の「気づき」。過去の環境では「知ったかぶり」が必要だった。だけど「今」は違う。そう自分で納得が出来ると自然と「知ったかぶり」が治っていく場合もあります。

ある不安神経症(全般性不安障害)の人は、話をしているときに1つの大きな癖がありました。その癖が「知ったかぶり」です。実際には知らないのに、知った気になり、知ったふりをしてコミュニケーションをとっていました。

 

Mさんは、知らないのに、知った気でいることで不安が酷くなってしまっていたのです。実際には知らないのに知った気でいることで話の流れの結果、結局は行き詰ってしまうのです。嘘に嘘を積み重ねてコミュニケーションを取り続ければ相手から「信用できない」と思われて好ましくない結果となります。そして本人が嫌な気持ちになります。

本人は無意識のうちに知らないのに、知った気になり、知ったふりをしてコミュニケーションをとることでメリットを得ることが出来たのは「今」ではなく「過去」です。

この方の場合、幼少期に周りから「○○は言わなくてもできるから」とか「○○は出来て当たり前」と何度も何度も刷り込まれてきたそうです。小さな子供が言わなくてもできるなんて普通はありません。こういった「○○はは言わなくてもできるから」の心理には「親は辛いのだから、私に何も言わせないでよね」というような親の子供への依存、子育て放棄などが潜んでいることがよくあります。

そして子供が少しでも知らない雰囲気(本音)を出すと圧力をかけられるので、その結果、知らないことは悪いことだと思い込んでしまって、知ったふりをするようになってしまったのです。つまり知ったふりをすることが安全である環境の場合もあるのです。そういった「過去」で「今」を見ているからデメリットだらけの「知ったかぶり」を今も続けてしまうのです。

<<下に続く>>

実際には知らないのに知ったふりを積み重ねることで、「知ったふり」のレベルまで「準備」が出来ていないため不安が強まっていたのでした。「知ったふり」と「準備の準備」の間の嘘が大きくなるほど苦しくなっていきます。

そして、本人は「○○は言わなくてもできるから」とか「○○は出来て当たり前」という言葉が親の苦しさから来ていたであろう間違いだと知って、「過去はもう終わったこと。これからは正しく準備していきたい。」そう思うようになったとのことです。

そして、実際に正しく準備をする為に色々気づいていくことで不安も少しずつ消えてきたとのことです。準備ができてないのに、準備が出来ている(知ったふり)と思い込んでいるから、実際に対象が迫ってくると不安になるのです。その為に、色々なことを学ぶこと。 それが大事なのです。新しい学習をして認知の歪みを修正していくと強い不安が減ります。

今まで知ったふりをしなければいけなかったこと、本当に辛いことだったと思います。もしこの記事を読んでいる方の周りに「知ったかぶり」をする人がいましたら、バカにするのではなく理解してあげることが大切だなと僕は思いますよ。

過去の環境では「知ったかぶり」が必要だった。だけど「今」は違う。そう自分で納得が出来ると自然と「知ったかぶり」が治っていく場合もあります。

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)