不安神経症(全般性不安障害)の人の「気づき」。過去の環境では「知ったかぶり」が必要だった。だけど「今」は違う。そう自分で納得が出来ると自然と「知ったかぶり」が治っていく場合もあります。

9633 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
不安神経症(全般性不安障害)の人の「気づき」。過去の環境では「知ったかぶり」が必要だった。だけど「今」は違う。そう自分で納得が出来ると自然と「知ったかぶり」が治っていく場合もあります。

ある不安神経症(全般性不安障害)の人は、話をしているときに1つの大きな癖がありました。その癖が「知ったかぶり」です。実際には知らないのに、知った気になり、知ったふりをしてコミュニケーションをとっていました。

 

Mさんは、知らないのに、知った気でいることで不安が酷くなってしまっていたのです。実際には知らないのに知った気でいることで話の流れの結果、結局は行き詰ってしまうのです。嘘に嘘を積み重ねてコミュニケーションを取り続ければ相手から「信用できない」と思われて好ましくない結果となります。そして本人が嫌な気持ちになります。

本人は無意識のうちに知らないのに、知った気になり、知ったふりをしてコミュニケーションをとることでメリットを得ることが出来たのは「今」ではなく「過去」です。

この方の場合、幼少期に周りから「○○は言わなくてもできるから」とか「○○は出来て当たり前」と何度も何度も刷り込まれてきたそうです。小さな子供が言わなくてもできるなんて普通はありません。こういった「○○はは言わなくてもできるから」の心理には「親は辛いのだから、私に何も言わせないでよね」というような親の子供への依存、子育て放棄などが潜んでいることがよくあります。

そして子供が少しでも知らない雰囲気(本音)を出すと圧力をかけられるので、その結果、知らないことは悪いことだと思い込んでしまって、知ったふりをするようになってしまったのです。つまり知ったふりをすることが安全である環境の場合もあるのです。そういった「過去」で「今」を見ているからデメリットだらけの「知ったかぶり」を今も続けてしまうのです。

<<下に続く>>

実際には知らないのに知ったふりを積み重ねることで、「知ったふり」のレベルまで「準備」が出来ていないため不安が強まっていたのでした。「知ったふり」と「準備の準備」の間の嘘が大きくなるほど苦しくなっていきます。

そして、本人は「○○は言わなくてもできるから」とか「○○は出来て当たり前」という言葉が親の苦しさから来ていたであろう間違いだと知って、「過去はもう終わったこと。これからは正しく準備していきたい。」そう思うようになったとのことです。

そして、実際に正しく準備をする為に色々気づいていくことで不安も少しずつ消えてきたとのことです。準備ができてないのに、準備が出来ている(知ったふり)と思い込んでいるから、実際に対象が迫ってくると不安になるのです。その為に、色々なことを学ぶこと。 それが大事なのです。新しい学習をして認知の歪みを修正していくと強い不安が減ります。

今まで知ったふりをしなければいけなかったこと、本当に辛いことだったと思います。もしこの記事を読んでいる方の周りに「知ったかぶり」をする人がいましたら、バカにするのではなく理解してあげることが大切だなと僕は思いますよ。

過去の環境では「知ったかぶり」が必要だった。だけど「今」は違う。そう自分で納得が出来ると自然と「知ったかぶり」が治っていく場合もあります。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)