心理的虐待の一種ガスライティングは魔女狩りのようなもの!

4561 views
約 13 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
心理的虐待の一種ガスライティングは魔女狩りのようなもの!

ガスライティングについては、過去に何度か書いてきました。

集団ストーカーの被害を受けているという人たちをあなたは知っていますか。彼らは「妄想」が「現実」であるかのように錯覚を起こしています。その錯覚を起こすのが「ガスライティング」なのです。ガスライティングの罠にかかった者は「見えない敵」と戦い続けるのです。

ガスライティング自体は実際にあります。実話をもとにした映画もあります。そのガスライティングの罠にかかると妄想に入っていくということです。ガスライティングを受け続けると、本当の妄想になっていくということ。だから、被害が深刻になるほど被害者は妄想が酷くなるのです。言い換えればガスライティングは大人虐めです。

そういった大人の虐めであるガスライティングに恐怖した者たちが、ガスライティングまがいのことを真似して、家庭で子供にガスライティングをすることもあるのです。ガスライティングに怯えた者たちが「矛先を変えてモラルハラスメントをする」ことはよくあることです。

ガスライティングに立ち向かわずに、ガスライティングから目を逸らして、家庭のなかで「どうでもよいことをネタにして家族を虐める」というケースもあります。「家族の所為」にするわけです。ガスライティングは大半は実害はありません。被害者の妄想を掻き立てて精神的に追い詰めていくのです。

ガスライティング対策において大事なことの1つは「レベルの低いことは相手にしない」ということです。それだけでガスライティングの8割くらいかな?解決したようなものです。あとは「無料の餌」に食いつかないことです。詐欺師は「無料の餌」で吊り上げたりします「無料であなたの悩みを聞きますよ」と。大事なことは「実名を公開しているか」「独自ドメインで作っているサイトか」を見ること。実名を公開せずに、無料レンタルサービスなどを使って自分を特定できない状況下で、あなたの悩みをタダだ聴きますというのは怪しいので注意が必要です。

ガスライティングは、基本、社会的地位の高いところから流れている「大人の虐め、巧妙な心理的な虐待の1種」です。それに打ち勝つのはものすごく難しい。だから人は「矛先を変える」のです。ガスライティングを流す者を前にして回れ右をして「家庭内でモラルハラスメント」をすることで誤魔化す。

ガスライティングを仕掛ける知識人たちが、なぜ、仕掛けているか。きっと、その理由の1つは「過去に酷いいじめを受けた」のではないか。そういった人が多いのではないか。そう、僕は思います。だから、知識をつけて、自分たちを虐めたような者(他人の所為にする者)を追い詰めているのだと思います。

このガスライティングに関しての映画があります。それは、アンジェリーナ・ジョリー主演の「チェンジリング」です。この映画は「実話」です。主人公は巧妙なガスライティングを仕掛けられて頭おかしい扱いをされて精神病院送りにされますが戦って最後はしっかり勝ちます。

「チェンジリング」映画予告編

「魔女狩り」を知っていますか。魔女だとレッテルを貼られた人々が裁判にかけられ「死罪」となることもあった残酷な現象。これは実際に魔女なんかいないのに、魔女がいることにしたい、または、そう本気で思い込んでいる妄想者たちの「強い思い込み」が繰り出した恐ろしい現象です。

魔女でも何でもない普通の人が、妄想者によって「おかしいと決めつけられて、死刑に遭い、殺される」という異常なことが起こっていたわけです。これは、その妄想者の「自らの心」を他人に映し出して「魔女と決めつけていた」ケースもあるのです。

この、妄想者の「自らの心」を他人に映し出して「魔女と決めつけていた」のは、現代でも普通に起こっている。例えば、自己愛性人格障害の人を「自己愛は許すな!」と追い詰めている者たちの中に、まさに「自己愛性人格障害だと思われる」人がいたりする。本人は自分がそうだと気がついていない。

そして、その本人は、自分から相手に近寄っていき精神的な嫌がらせをしているのに「相手が怒ったとき」に「ほら!キチガイめ!正体出したな!」と言っていますが、傍から見れば「いや、あなたが相手に近寄って、相手を傷つけているから、相手も怒ったのでしょう」と分かりますが、本人は自覚がない。

こういった「相手を悪だと思い込みたい人」は、自分から近寄っていきながら無意識の自作自演で相手を自分の理想通りに誘導して「ほらね!」と納得するのです。これは先ほどお伝えした「魔女狩り」とそっくりです。ないものをあると作り出して相手を追い詰めて反応を引き出していく自作自演。

このような「魔女狩り」のような精神的な嫌がらせこそが「ガスライティング」なのです。ガスライティングは「現代の魔女狩り」ということです。魔女狩りの価値観を潜在意識レベルで先祖から受け継いできた者が、「魔女狩り」を「ガスライティング」として形を変えて行っているのです。

例えば、ガスライティングの無数の手口の1つに「統合失調症のレッテル貼り」というものがあります。これは、1度でも被害者に「統合失調症というレッテルを貼る」ことに成功すると「発言力」を奪うことが出来るので追い詰める側にとってはどうしてもやっておきたいことの1つなのです。

どうしてガスライティング加害者は、被害者から「発言力」を奪うか。それは、被害者が誰にも助けを求めることが出来なくなるようにしたいから。被害者の主張を「あれ妄想だよ」という空気を作ってしまえば被害者は誰にも助けを求めることが出来なくなる。心理的ダメージとして絶大な効果を発揮する。

あなたも1度は見たことがあるかもしれません。「匿名が群れて、1人に対して、長期的に、統合失調症、統合失調症と決めつけているコメント欄や掲示板など」を。あれがガスライティングの手口の1つです。冷静に見ればわかることです。

まず、ガスライティングをしている加害者が、被害者に「統合失調症だ!」と「断定」して決めつけをしていますけど、そもそも「統合失調症だ!」と病名を相手に断定していることは条件によっては「医師法違反」に該当するケースもあるでしょう。

このように「違法行為」または「法律ギリギリ」のことを繰り返している匿名こそが「統合失調症のレッテルを貼り、ガスライティングを仕掛けている」というケースもあるのです。こういった者は傍からみればわかりやすい。何故なら「いつも大合唱」だから。「統合失調症!糖質!あれ糖質だから!」と。

被害者を庇う者が出てきたら、その人にまで「出た糖質2号!これも糖質!統合失調症!」と複数人で統合失調症の大合唱の歌を歌い出しているから傍から見たらわかりやすい。そうやってレッテルを貼って負荷をかけ続け、被害者の頭を混乱させて、混乱の反応を引き出してから「ほらね?」とでっち上げる。

で、最近はネットユーザーたちが、こういったガスライティングの汚い手口にどんどん気づきだしているのです。そして、今まで仕掛けていた側が押され出しているのです。僕は、それでいいと思う。やったことはいずれ自分に返ってくるのですから。自業自得でしょう。

このような、でっち上げるやり方を「マッチポンプ(偽善的な自作自演の手法)」と言います。でっち上げているほうは「頭のおかしい人に病気を自覚させるためだ」という「偽善」を理由にする。偽善の裏には「悪意」があることもあります。そのイメージ画像はこちら。

「偽善」の裏に「悪意」を隠しているイメージ画像です。これが「マッチポンプ(偽善的な自作自演の手法)」を生み出していくのです。マッチポンプはモラルハラスメントの加害者も使うことがあるんですよ。

「マッチポンプ(偽善的な自作自演の手法)」は「マッチポンプ商法(トラブルをでっち上げ解決策を売る)」というものもある。これは、例えば、床下工事業者を呼ぶ。業者がこっそり床下などにネズミ(子が産まれそうな)を放す。ネズミが繁殖。そんな頃に自然を装って「ネズミ駆除のチラシ」を入れる。

別に、僕はこういった業者の邪魔をする気はない。出そうと思ったら出せる名前も出す気もない。だから、こういった業者は僕に嫌がらせをするのはやめて下さいね。こっちもちゃんと「暗黙のルール」「境界線は守っている」のですから。

そして、先ほど書いた「モラルハラスメントの加害者」も「マッチポンプ」を使うことがあるというのは、早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三さんの「モラルハラスメントの心理構造」に9回「マッチポンプ」という言葉が出てくるので読んでみて下さい。

<<下に続く>>

モラルハラスメントの加害者は、自覚していても、していなくても、「マッチポンプ」な人々なのです。恐怖を植え付けて、恐怖の解決策はここにしかない。と縛り上げていくこともあります。

僕が、情報発信する目的の1つは「騙されない人間になってほしい」という考えもあるからです。マッチポンプな業者の邪魔をする目的ではないのです。結果として「騙される人(カモにする相手)」が少しばかり減るかもしれません。だけどそれは許容範囲内として考えてほしいものです。選ぶのは本人です。

そういった、「選択の材料」を「置いておく」というのが僕の目的の1つであって、「詐欺撲滅!」とか「悪は許さん!」とか「暴きだして警察に証拠と共に突き出してやる」っていうことじゃないのです。ただ、そこにそっと「選択の材料」を「置いておく」というだけのことです。本人の自由ですから。

本当の意味でガスライティングを知っている人は、「ガスライティングを受けて回復した人」か「ガスライティングを仕掛けた人」でしょう。それ以外は、体感したことがないから知らないのです。

この記事に対してレッテルを貼られていた(キャッチコピーを盗んだという決めつけ)

先日、被リンク元を調査しているとこの記事にリンクを貼っている記事の中から1件、問題のある記事を発見しました。その記事にはこう書かれていました。

私のブログのキャッチコピーを丸パクリしているサイトまであります。

私が考えたキャッチコピーなんですが.  .  .  .  .

引用元:(http://qpc.hatenablog.jp/entry/2018/02/05/090000

まるで、僕が盗んだみたいに書いていますね。被害妄想が酷い人なのか、何なのか相手は返事もしないので確認のしようがありません。

これは、ちょっと問題ですね。

確かに確認をすると、この記事のタイトル(編集前)は「ガスライティングは現代の魔女狩り!」でした。そして、先ほどの記事を確認すると、記事の上で灰色の画像で表示されているキャッチコピー?が「ガスライティングは現代の魔女狩り」と書かれている。

実際、僕は、これを見てパクったわけではない。今までガスライティングなるものを調べていく中で、魔女狩りに似ている。という考えを持っていたから「ガスライティングは現代の魔女狩り!」という考えがあったから記事タイトルに設定したわけです。この記事の投稿が「2017年11月29日」ですが、僕は「ガスライティングは現代の魔女狩り!」という考えは前々から持っていた。なので、「2014年6月10日」に書いた「黒猫が不吉だなんてとんでもない!見えない支配的な悪い暗示を解きたい場合は黒猫を大事にすると良い! | 幸せの種「気づき」」の記事内で紹介している引用文に「魔女狩り」のことが書かれていることを引用している。

それは、その頃から、すでに「ガスライティングは現代の魔女狩り」であるという考えを持っているからだ。なので、他人のキャッチコピーパクったわけでもないのに「丸パクリ」されているという思い込みから、決めつけることをされていることはちょっと問題だと思う。

そして僕は「2013年9月23日の記事」「2014年2月11日」「2014年5月15日」の記事内でもガスライティングについて触れている。向こう無料ブログの作成は「2016年2月」と書かれている。こちらとして、こっちの記事を読みに来て、あちこち読んで、自分のブログのネタにしているのではないか?と思う部分も若干あります。

相手が書いていたことですが、

私のブログのキャッチコピーを丸パクリしているサイトまであります。

引用元:(http://qpc.hatenablog.jp/entry/2018/02/05/090000

 

ここでおかしい点は、「断定していること」です。通常、短いキャッチコピーが同じだからといって「盗まれた!」という考えには直結はしにくいものです。例えばコピーチェックツールなどでも引っかかるレベルだったり、もう少し長い文章が同じならば「コピーされたかもしれない」という考えから、次は「確認できることをしよう」となるのが普通だと思うんです。「結論の飛躍」がおかしい点ですね。

キャッチフレーズにすごく詳しい記事を見つけたので、その記事から引用をさせていただきます。

一般的には、キャッチフレーズのような短い文章は著作物とは言えないとされています。

それと同様に、この裁判でも、記事冒頭に書いたキャッチフレーズには著作物性が認められないと判断されています。

引用元:キャッチフレーズを無断で使ったら著作権侵害となる? | 著作権のネタ帳

引用元に書いてあったのですが、裁判でも認められなかったキャッチフレーズは(18文字)です。今回の僕の修正前の記事タイトルは17文字。過去に著作権について色々調べたことがありますが、裁判してもまず向こうの言い分は通らないでしょう。

つまり、現段階ではこの問題は「事実ではない”丸パクリ”しているというレッテル貼りをこちらがされている状態」なのです。つまり、こちらが「名誉毀損」などで検討する必要性がある状態とも言えるのです。何故なら、相手の記載は「公然の場」であり、僕の「個人を特定できる状況下」にあるので、名誉毀損の条件を満たしている可能性はとても高い。と言えるからです。

僕としては、こちらの個人を特定できる状況下で「丸パクリしている」という決めつけを公然の場でされているという問題がありますので、このままにしておけないな。と考えています。「丸パクリしている」というのは「泥棒した」や「著作権侵害した」って意味になる可能性が高いと思いますので、公衆の面前で、犯罪をした者と決めつけられている状況下ですから放置はしておけません。何故なら、名誉毀損は「立派な犯罪」ですので。

しかも、こちらは「個人を特定できる状況」で向こうは「匿名」です。リンクを移動し、そこから特定商取引法や運営者情報に移動できるリンクがある。これは過去の判例からも個人を特定できる状況下だと認められていることです。

と、現実的に考えるとこういった問題であり、状況ですよってこと。

相手も気分が悪くなっているのでしょうし、ちゃんと解決しないといけないなと思っております。僕としては、今の段階では、決めつけの文言を消していただき、リンクを撤去していただければそれで納得です。

僕もできることをしようと思い、とりあえず、記事タイトル1つ。変えるくらいなら問題ない。大きな問題になる必要もない。

なので、僕としてはパクっていないが、向こうはそう思っている。ならば記事タイトルをこちらで変えようということで「心理的虐待の一種ガスライティングは魔女狩りのようなもの!」に変えました。そのことを向こうに連絡しようとしてブログ内を見たけど、実名も、住所も書かれておらず、どこの誰がやっているブログかわからないので、お問い合わせフォームがあったので、そこから下記のようにメールをしました。

菅原と申します。 http://qpc.hatenablog.jp/entry/2018/02/05/090000 こちらの記事を読んだのですが、 「さらに驚く事に、私のブログのキャッチコピーを丸パクリしているサイトまであります。」 と書かれていて僕の記事へのリンクが貼られていて気づいたのですが、 そちら様のブログのキャッチコピー盗んだつもりはないのですが、同じになっていました。 https://bright-ms.net/post-8037/ ですので、「心理的虐待の一種ガスライティングは魔女狩りのようなもの!」に変えたのですが、こちら、問題ないでしょうか? ご不快な思いをさせてしまったようで、申し訳ありません。

こちを、2018/03/16 (金) 22:19に送りました。

これで、あとは「向こうの出方を待つだけ」です。向こうの出方によって、目的も見えてくるでしょうし、次、どうなっていくのかを考えたいと思います。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)