ガスライティングは現代の魔女狩り!

URLの変更に伴いShare数がリセットされました。沢山のShareをいつもありがとうございます。
虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
ガスライティングは現代の魔女狩り!

ガスライティングについては、過去に何度か書いてきました。

集団ストーカーの被害を受けているという人たちをあなたは知っていますか。彼らは「妄想」が「現実」であるかのように錯覚を起こしています。その錯覚を起こすのが「ガスライティング」なのです。ガスライティングの罠にかかった者は「見えない敵」と戦い続けるのです。

ガスライティング自体は実際にあります。実話をもとにした映画もあります。そのガスライティングの罠にかかると妄想に入っていくということです。ガスライティングを受け続けると、本当の妄想になっていくということ。だから、被害が深刻になるほど被害者は妄想が酷くなるのです。言い換えればガスライティングは大人虐めです。

そういった大人の虐めであるガスライティングに恐怖した者たちが、ガスライティングまがいのことを真似して、家庭で子供にガスライティングをすることもあるのです。ガスライティングに怯えた者たちが「矛先を変えてモラルハラスメントをする」ことはよくあることです。

ガスライティングに立ち向かわずに、ガスライティングから目を逸らして、家庭のなかで「どうでもよいことをネタにして家族を虐める」というケースもあります。「家族の所為」にするわけです。ガスライティングは大半は実害はありません。被害者の妄想を掻き立てて精神的に追い詰めていくのです。

ガスライティング対策において大事なことの1つは「レベルの低いことは相手にしない」ということです。それだけでガスライティングの8割くらいかな?解決したようなものです。

ガスライティングは、基本、社会的地位の高いところから流れている「大人の虐め、巧妙な心理的な虐待の1種」です。それに打ち勝つのはものすごく難しい。だから人は「矛先を変える」のです。ガスライティングを流す者を前にして回れ右をして「家庭内でモラルハラスメント」をすることで誤魔化す。

ガスライティングを仕掛ける知識人たちが、なぜ、仕掛けているか。きっと、その理由の1つは「過去に酷いいじめを受けた」のではないか。そういった人が多いのではないか。そう、僕は思います。だから、知識をつけて、自分たちを虐めたような者(他人の所為にする者)を追い詰めているのだと思います。

このガスライティングに関しての映画があります。それは、アンジェリーナ・ジョリー主演の「チェンジリング」です。この映画は「実話」です。主人公は巧妙なガスライティングを仕掛けられて頭おかしい扱いをされて精神病院送りにされますが戦って最後はしっかり勝ちます。



「チェンジリング」映画予告編

「魔女狩り」を知っていますか。魔女だとレッテルを貼られた人々が裁判にかけられ「死罪」となることもあった残酷な現象。これは実際に魔女なんかいないのに、魔女がいることにしたい、または、そう本気で思い込んでいる妄想者たちの「強い思い込み」が繰り出した恐ろしい現象です。

魔女でも何でもない普通の人が、妄想者によって「おかしいと決めつけられて、死刑に遭い、殺される」という異常なことが起こっていたわけです。これは、その妄想者の「自らの心」を他人に映し出して「魔女と決めつけていた」ケースもあるのです。

この、妄想者の「自らの心」を他人に映し出して「魔女と決めつけていた」のは、現代でも普通に起こっている。例えば、自己愛性人格障害の人を「自己愛は許すな!」と追い詰めている者たちの中に、まさに「自己愛性人格障害だと思われる」人がいたりする。本人は自分がそうだと気がついていない。

そして、その本人は、自分から相手に近寄っていき精神的な嫌がらせをしているのに「相手が怒ったとき」に「ほら!キチガイめ!正体出したな!」と言っていますが、傍から見れば「いや、あなたが相手に近寄って、相手を傷つけているから、相手も怒ったのでしょう」と分かりますが、本人は自覚がない。

こういった「相手を悪だと思い込みたい人」は、自分から近寄っていきながら無意識の自作自演で相手を自分の理想通りに誘導して「ほらね!」と納得するのです。これは先ほどお伝えした「魔女狩り」とそっくりです。ないものをあると作り出して相手を追い詰めて反応を引き出していく自作自演。

このような「魔女狩り」のような精神的な嫌がらせこそが「ガスライティング」なのです。ガスライティングは「現代の魔女狩り」ということです。魔女狩りの価値観を潜在意識レベルで先祖から受け継いできた者が、「魔女狩り」を「ガスライティング」として形を変えて行っているのです。

<<下に続く>>

例えば、ガスライティングの無数の手口の1つに「統合失調症のレッテル貼り」というものがあります。これは、1度でも被害者に「統合失調症というレッテルを貼る」ことに成功すると「発言力」を奪うことが出来るので追い詰める側にとってはどうしてもやっておきたいことの1つなのです。

どうしてガスライティング加害者は、被害者から「発言力」を奪うか。それは、被害者が誰にも助けを求めることが出来なくなるようにしたいから。被害者の主張を「あれ妄想だよ」という空気を作ってしまえば被害者は誰にも助けを求めることが出来なくなる。心理的ダメージとして絶大な効果を発揮する。

あなたも1度は見たことがあるかもしれません。「匿名が群れて、1人に対して、長期的に、統合失調症、統合失調症と決めつけているコメント欄や掲示板など」を。あれがガスライティングの手口の1つです。冷静に見ればわかることです。

まず、ガスライティングをしている加害者が、被害者に「統合失調症だ!」と「断定」して決めつけをしていますけど、そもそも「統合失調症だ!」と病名を相手に断定していることは条件によっては「医師法違反」に該当するケースもあるでしょう。

このように「違法行為」または「法律ギリギリ」のことを繰り返している匿名こそが「統合失調症のレッテルを貼り、ガスライティングを仕掛けている」というケースもあるのです。こういった者は傍からみればわかりやすい。何故なら「いつも大合唱」だから。「統合失調症!糖質!あれ糖質だから!」と。

被害者を庇う者が出てきたら、その人にまで「出た糖質2号!これも糖質!統合失調症!」と複数人で統合失調症の大合唱の歌を歌い出しているから傍から見たらわかりやすい。そうやってレッテルを貼って負荷をかけ続け、被害者の頭を混乱させて、混乱の反応を引き出してから「ほらね?」とでっち上げる。

で、最近はネットユーザーたちが、こういったガスライティングの汚い手口にどんどん気づきだしているのです。そして、今まで仕掛けていた側が押され出しているのです。僕は、それでいいと思う。やったことはいずれ自分に返ってくるのですから。自業自得でしょう。

このような、でっち上げるやり方を「マッチポンプ(偽善的な自作自演の手法)」と言います。でっち上げているほうは「頭のおかしい人に病気を自覚させるためだ」という「偽善」を理由にする。偽善の裏には「悪意」があることもあります。そのイメージ画像はこちら。

「偽善」の裏に「悪意」を隠しているイメージ画像です。これが「マッチポンプ(偽善的な自作自演の手法)」を生み出していくのです。マッチポンプはモラルハラスメントの加害者も使うことがあるんですよ。

「マッチポンプ(偽善的な自作自演の手法)」は「マッチポンプ商法(トラブルをでっち上げ解決策を売る)」というものもある。これは、例えば、床下工事業者を呼ぶ。業者がこっそり床下などにネズミ(子が産まれそうな)を放す。ネズミが繁殖。そんな頃に自然を装って「ネズミ駆除のチラシ」を入れる。

別に、僕はこういった業者の邪魔をする気はない。出そうと思ったら出せる名前も出す気もない。だから、こういった業者は僕に嫌がらせをするのはやめて下さいね。こっちもちゃんと「暗黙のルール」「境界線は守っている」のですから。

そして、先ほど書いた「モラルハラスメントの加害者」も「マッチポンプ」を使うことがあるというのは、早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三さんの「モラルハラスメントの心理構造」に9回「マッチポンプ」という言葉が出てくるので読んでみて下さい。

モラルハラスメントの加害者は、自覚していても、していなくても、「マッチポンプ」な人々なのです。恐怖を植え付けて、恐怖の解決策はここにしかない。と縛り上げていくこともあります。

僕が、情報発信する目的の1つは「騙されない人間になってほしい」という考えもあるからです。マッチポンプな業者の邪魔をする目的ではないのです。結果として「騙される人(カモにする相手)」が少しばかり減るかもしれません。だけどそれは許容範囲内として考えてほしいものです。選ぶのは本人です。

そういった、「選択の材料」を「置いておく」というのが僕の目的の1つであって、「詐欺撲滅!」とか「悪は許さん!」とか「暴きだして警察に証拠と共に突き出してやる」っていうことじゃないのです。ただ、そこにそっと「選択の材料」を「置いておく」というだけのことです。本人の自由ですから。

関連コンテンツ

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】です。

こちらは、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんという方が制作したマニュアルで、2898人以上の被虐体験者のトラウマを解消してきた方法です。

虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

虐待専門カウンセラー岡田ユキさんは、虐待のトラウマを克服した専門カウンセラーです。

【虐待根絶マニュアル】の特徴
●なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
●自分を虐待してきた家族への対処法がわかります!
●「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
●恋愛、夫婦、親子、上司部下などすべての人間関係が改善します!
●岡田式AC判別法により、自分に合った治療法がわかります!
●セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
●「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
●自分自身への罪悪感が消えて、人生が好転します!

【サポート体制も万全】
ご購入された方は、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんの個別のメールカウンセリングでのサポートを60日間回数無制限で受けることができます。

更に、対面カウンセリングをしてほしいと方は、通常20,000円いただいている対面でのカウンセリング(2時間)を 5,000円値引きの15,000円で受けることができます。

サポートも充実しています!

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」は、自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法です。生きづらさを抱えているあなたは是非試して下さい。とくに自分がHSPだと思うのならこちらのマニュアルがおすすめです。

仕事、家庭、育児などで人間関係がうまくいかないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで、自分で解決できる内容になっています。

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)