→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

日本はもう、シロアリに侵食されているようなもの:世界は今、グローバリストとの最終戦争へ向けて進んでいる

この記事でお伝えする話は、物事の本質や世界情勢がわかる人だけが理解できる話です。一般的な人からすると???となる話です。

まず、平和ボケしている人たちが多いですが、はっきり言っておきます。日本はもう、シロアリに侵食されているようなものです。一般の人たちが思っている以上に侵食はもう既に進んでいます。表の人間たちには、娯楽を与えつつ、呑気に平和ボケと欲望の餌に食いつかせておいて、水面下ではかなり前から侵食は進んでいました。

侵食が強くなった時期は2000年頃だと僕は考えています。しかし多くのぼんやりとした一般人たちがほとんど気づかないから、家がシロアリ被害によって食い散らかされているのに気づかない人間がいるように、日本も気づかないうちに水面下から侵食されてきたわけです。

シロアリ被害は家の基礎に関係する木材にダメージを与えることがあり、その結果、家全体に影響を及ぼす可能性があります。これと侵食している側、つまり某国関係等の侵食は非常によく似ていて、日本の基礎に関する組織に、凡ゆる形で侵食をしてきたわけです。加入戦術ような横から侵食するやり方で侵食しているわけですから、一部の組織には、侵食側にとって都合よく動かせる仕組みも創られていますから、何らかの悪事の隠蔽もしやすくなっているのです。

故・安倍元総理を殺害した人間は、おそらくは本人の自覚の有無に関わらず「駒」であると僕は思います。そしてそれも計画的であり、侵食の一環です。侵食において最も邪魔になる存在が故・安倍元総理でしたので(有能かつ世界の平和を願っていたから)、そこに関しては強硬手段に出たのでしょう。

こういった侵食が、残念ながら基礎の周辺にかなり侵食しているわけです。つまりは日本の政治の中枢にまで入り込んで影響を及ぼしているわけです。みんなが一気に気づいて全体で侵食を駆除し、立て直さないと無理なほどの侵食済ですから、結果は、侵食側の思い通りになる可能性がとても高い状態であると考えられます。簡単に言えば、日本の未来は非常に暗いということです。

侵食側は支配的で独裁的です。要は侵食側が力持ってその影響を強く与えていると、一般市民は苦しむことが増えます。独裁国家みたらわかりますよね。あれが答えです。侵食側は恨みつらみ復讐心が非常に強いです。だから自然と下が苦しむことを促すのです。表向きは弱者の味方になっていることが多いですけど、実態は、弱者を利用し、自分たちの独裁を強化しようとしているのです。

つまり世界は今、グローバリストとの最終戦争へ向けて進んでいるわけです。本当の意味で平和を望んでいた大統領や首相などが悪者扱いされて立場をすり替えられたりして、一般人は騙され、本質もわからず転がされてきて、そういった騙される人間も多いから、結果として今、グローバリストなどの侵食がここまで進み、そして戦争を起こさない側を悪者扱いしながら戦争を起こし始めた……というわけで、第三次世界大戦間近になっているのが現状です。

1年前の馬渕睦夫さん(元駐ウクライナ大使・外交官) の動画もご覧ください。

非常に簡単なイメージで伝えるなら、まず、国民が自由なのはどこか?自由の国、自由の女神アメリカですよね。つまりアメリカは、基本、世界の警察的な役割の国なのです。そしてそれが面白くない国は、基本、独裁的なのです。このように世界は、悪玉菌と善玉菌が戦っているイメージで、一般人で何もわかっていない人は常に日和っている日和見菌のようなものなのです。そして今世界は、悪玉菌優勢になりつつあるというわけです。人間の身体も、悪玉菌(有害な腸内細菌)が増殖すると、癌になりやすくなる可能性があります。慢性炎症から癌になる可能性があります。これ世界も非常に似ていて、

1、人間の腸内に悪玉菌が増えると、慢性炎症から癌になる可能性

2、この世界に悪玉菌のような支配者や独裁者、その奴隷のような存在が増えて力を持つと、戦争が起こる。

1と2、似ていますよね。炎症は戦争です。そして身体の一部が癌になるということは、都市や国の崩壊です。

ではなぜこういう結果に向かっているかわかりますか?

答えは僕のようなまともな心を持つ人間が減ったからです。悪いことはやめろ!汚いことはするな!健全に、誠実に生きろ!という人間が減り、逆に、2000年以降、面白おかしく、楽しく、優しく、そして食と性ばかりで楽しむ人間が量産されたからです。それもグローバリスト側が気づかれないように仕向けたものだとも知らずに・・・。メディアなどを通して思想を誘導されていたとも気づかず。モラハラの概念が悪用されたとも気づかず、、、。しかも、その誘導がまるで正しいことかのように思い込まされ、実態は精神が未熟で腐敗し弱体化する誘導だったのに、それにも気づかずまるで茹でガエルの法則の如く茹で上がってしまい、まんまとグローバリスト側が仕向けた通りの精神を持ってしまったから、侵食も容易になったといわけです。

つまり今の日本は、もう侵食がだいぶ進んでいる状態、癌になっている、あるいはなりかけの状態ですから、立て直すにしても非常に困難な状態なのです。だから最悪の結果も覚悟しておくことを、僕はお勧めします。平和ボケの精神は自分にとってマイナスになるので、そろそろ目を覚ましたほうがいいと思います。2000年に僕がこのことを言ったとしたら誰が聞く耳持ちますか?誰も持たないでしょう。僕は2000年頃から方向性に確信を持っていたのですが、確信通りでした。しかし、ここまで侵食が進んでいると体感的にわかるほど悪化してきた今なら、こういった話も「なるほどな!」と思えるのではないでしょうか。しかし時すでに遅し。日本は壊れてきてます。

これからは今まで以上に、大変なことが増えてくるでしょう。だけど悲観しても仕方ありません!大変な中だからこその楽しみ方や心理的な成長があります。

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
政治・戦争・宗教
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。