→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

無意識

無意識は意識が無い状態のことで自分で気づいていないものです。
そして自動化システムのようなものですからどのように無意識を使うかが大切です。
無意識を上手に使うには「エモーションプラス」がおすすめです。

洗脳・マインドコントロール・暗示

言語化を否定されたり、コンテンツ化を悪く言われたことはありませんか?

🎶 心の声を取り戻せ - Suno AIによるオリジナルソング 🎶 🎶 心の声を取り戻せ - Suno AIによるオリジナルソング 🎶 こんにちは、皆さん!この曲「心の声を取り戻せ」は、あなたの大切な心の声を奪う邪悪な影を撃退するための力強...
脳の前頭前野・海馬の活性化(3)

「エモーションプラス」、「サヨナラ・モンスター」、「トラウマ転換ウォーキング」の3つの方法は、脳科学的、心理学的、哲学的、仏教的な観点から見ても非常に高い効果が期待できる方法

思考は現実化する 「この世のすべては、思いの結果である。我々は思いによって創られる。」- 仏陀 思考は現実化する。これは意識的な思考だけではなく、無意識レベルの思考も、です。9割以上ある無意識の思考も現実化に寄与しています。つまり”無意識の...
心の問題解決(2)

誹謗中傷加害者はハエのようなもの。ハエは腐った生ゴミや排泄物に寄りつく。美しい蝶は綺麗な花に寄ってくる。わかるかな?自分の心の奥にある腐敗が減るとハエ(加害者)は寄ってこなくなる。

今日もとても大事なことを伝えします 人は下記のステップで成長します。 このステップは、人間の成長過程を 段階的に理解するのに非常に有効です。 1:依存(他責・被害者意識) 2:自立(自責・加害者意識) 3:相互尊重(自分の親になる) サヨナ...
心の問題解決(2)

恐怖している自分を救う選択をしたサヨナラ・モンスター実践者さま:無意識の力を活用する秘訣

恐怖している自分を救う選択をした実践者さま サヨナラ・モンスターの実践者が、自分の未解決の恐怖を減らそうと強く思い始めました。未解決の恐怖を抱えたまま怖気付いて自分の人生や課題から逃げ続けて人生を終えるか、それとも1度きりの人生、心の中で自...
嘘・隠し事・隠蔽

あなたも被害妄想に加担している?SNSが引き起こす危険な行動と認知症の可能性〜言葉盗られ妄想がもたらす損失

はじめに:この記事で得られる驚きの発見! 記事の目的と重要性 現代社会では、SNSの普及によってコミュニケーションの形態が大きく変わりました。しかし、その利便性と引き換えに、さまざまな問題が浮き彫りになっています。この記事では、「被害妄想」...
自由と責任

責任と自由:無意識の力を活かす方法とその個人差について

序章 皆さん、こんにちは。僕はこの記事を通じて、「責任」と「自由」、そして「無意識の力」について考察し、これらがどのように結びついているのかを探求していきたいと思います。このテーマは、個人的な意見や経験に基づいていますが、多くの方にとって有...
自己理解・自己受容(1)

自己理解がなぜ必要か?心理的な問題を解き明かし、幸せと成功を引き寄せるカギ

はじめに:自己理解がなぜ重要なのか?その驚きの理由とは 記事の概要と目的 「自己理解がなぜ必要か?」を考えたことはありますか?この質問は一見シンプルに思えますが、その答えは私たちの幸福や成功に直結しています。この記事では、自己理解の重要性に...
影響(3)

僕が嫌いなバカは、物事を正しく判断しようと努力しないバカ:物事を歪めることの悪循環とその影響

【苫米地英人】 飲み屋に行かない理由は「バカが嫌い」だから!地頭の良し悪しではない本当の意味での『馬鹿』とはこういう事だ IQ200超え天才ドク... 上記の動画を観ました。 僕もバカが嫌いです。 僕が嫌いなバカは、物事を正しく判断しようと...
気づき(1)

永遠の赤ん坊が多い環境では、”逆さまの価値観”が広く浸透している

永遠の赤ん坊(精神的に成熟しきれない大人たち)が多い環境では、”逆さまの価値観”が広く浸透していることがありますが、SNSもその1つだったりします。 この理由についてChatGPT4oに聞いてみました。結構やばいですね。 僕の考えは精神的に...
信念・夢・目的(3)

心の問題や根深い苦しみを抱えている人が自分の無意識を意識化することが必要な理由:眠たい潜在意識の書き換えごっこを1000回やるよりも、1回で書き換えてしまえ!

自分の無意識を意識化することが重要な理由 ChatGPT4o 心の問題や根深い苦しみを抱えている人が自分の無意識を意識化することが必要な理由はいくつかあります。以下に主な理由を挙げます。 問題の根本原因を理解するため: 無意識の中には、過去...