サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされる人に役立つ記事!

支配・虐待・ハラスメント(1)

先日、過去に投稿した「嘘つきは正直者を嘘つき呼ばわりしている!犠牲を払い続けた先にあるのは悪魔崇拝!スケープゴートを作る人は悪魔に魂を売っている!自分を幸せにする勇気を持て!」という記事にレビューが投稿されました。

このように投稿者さまにとってプラスになったようで、よかったです。レビュー投稿は現在記事の最下部から投稿出来ます。あなたも一言残して下さると嬉しいです。

【今だけ無料!】2024年2月25日〜2024年3月5日まで
この記事を見た人だけに特別無料プレゼント!今日出版した書籍!
「この特別リンク」をクリックすると、今だけ、Google Playで無料で読むことが出来ます。
上記リンクで、特別コードを利用して無料で読めます。

この記事は、多くの方に読まれています。そこで、「もっとお伝えしたい!」と思うことがあって書いていたのですが、文字数も多くなったので記事投稿ではなく、電子書籍にしました。2024年2月25日、「嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされる人に役立つ書籍」を出版させていただきました。この記事とあわせて読むことで、更に理解が深まります。下記の大手電子書籍ストアで読むことが出来ます。

Google Play ブックスで読む

Amazonで読む

Apple Booksで読む

嘘つき呼ばわりする人って何者?

嘘つき呼ばわりする人は、その人自身が嘘つきで、スケープゴート(身代わり・生贄・悪役)を必要としている人の可能性があります。

嘘つき呼ばわりされる人は、スケープゴート(悪役・身代わり・生贄)にされているかもしれません。

つまり、嘘つき呼ばわりしてくる嘘つきは、自分の影を正直者に投影して、自分の自己紹介をしにきている可能性があるのです。それを受けてはいけません。無視をして、しっかりと心の中の拒否しないと、徐々に影響されてしまうこともあります。

すり替わり現象・立場のすり替え

世の中には、嘘をついていない人のことを嘘つき呼ばわりしている人もいます。必死に嘘つき呼ばわりしたり、おかしい扱いをしたりします。この時にターゲットに選ばれてしまいやすいのが「スケープゴートタイプの人」です。スケープゴートは、生贄、身代わり、悪役などのことです。

要は、「自分の邪悪さを他人に擦りつけたい人」と「スケープゴートになりやすい人」との間で起こってしまう「すり替わり現象」「立場のすり替え」です。彼らは自身が隠し持っている邪悪さなどを認められない為、無意識のうちに他人(スケープゴートタイプ)に背負わせようとします(投影・投影同一視)。誰かを悪者扱いして自身の悪い部分を隠蔽しようとする場合があります。また投影性同一視で相手を操作してまで悪者にしようとする場合もあります。投影性同一視に関しては下記に書いていますのでお読み下さい。

真実に生きる者は徹底して悪者扱いされることを覚悟したほうが良い。
真実に生きる者は徹底して悪者扱いされることを覚悟したほうが良いです。例えば故・安倍元首相のように、世界中の人たちから愛されて賞賛されて人格者だと言われた人は、それと同じくらい徹底して悪者扱いされて、悪い嘘の噂を流されて、まるで犯罪者かのよう

スケープゴートを混乱させて狂わせる

つまり嘘つきが、正直者を嘘つき扱いすることがあるのです。「悪人は、善人を悪人に仕立て上げることから始める」とよく言われています。例えば詐欺師がSNSでフォロワーを騙す際、別の誰かを詐欺師扱いしながら(スケープゴートにして)周囲を騙すこともあります。その時に嘘や事実の歪曲が沢山使われることがあります。

それだけではなく無数の決めつけ、レッテル貼り、ラベリング効果、アンカリング、ダブルバインド、ガスライティング(心理的虐待の一種)などを使い、スケープゴートタイプの人を徹底して追い詰めることもあり、スケープゴートの人が狂ってしまう場合もあります。被害者であるスケープゴートが狂ってしまったら、スケープゴートに擦り付けることが容易になる為、責任転嫁する側にとって好都合です。だからしつこく付き纏って相手を混乱させて狂わせようとする場合もあるのです。

このように「自分の邪悪さを他人に擦りつけたい人」は、徹底した心理的な攻撃などを駆使して、相手のことをおかしい扱いしていることを現実化させようとしますから(最初は正常だった人の気を狂わせるなどがあるので)、勉強をして自分を守れるようになる必要があります。

自分が嘘つきだと認められないので、それを誰かに投影して、自分の影を見て「嘘つきめ!」と言っている人もいます。

悪人は、善人を悪人に仕立て上げることから始める
嘘つきは、正直者を嘘つきに仕立て上げることから始める
詐欺師は、真実を話す者を詐欺師呼ばわりすることから始める

この意味がわかってくると、本当に人として素晴らしいことをしている人たちが、なぜあんなにも悪人扱いして叩かれるのか(悪者扱いされるのか)が理解出来ると思います。それがこの世の中です。

十人が十人とも悪く言う奴、これは善人であろうはずがない。だからといって十人が十人ともよくいう奴、これも善人とは違う。真の善人とは、十人のうち五人がけなし、五人がほめる人物である

孔子(中国の思想家、哲学者)

だからあの立派な政治家、人格者である政治家が、あんなにも叩かれていたのです。つらかったと思います。信念を持って、国民の幸せを考えて生きて、ずっと叩かれ続けて、でっち上げてられて、悪者扱いされて……。それでも信念は折れなかった。だから僕はあの政治家は本物だったと、そう思うのです。

ソシオパスなどがガスライティングを仕掛けている可能性も

ガスライティングという相手の気を狂わせる心理的な虐待を仕掛ける側は「ソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)」の人に多いです。これは著名な心理学者(米国)が言っていることです。SNSを見るとわかると思いますが、こういったことを仕掛けている側は、反社会的な思想や革命的な思想を持っている左派タイプの人間に多いのです。また、サイコパスが行う場合もあるでしょう。あとは、ダークトライアド、ダークテトラッドなどの人格特性を持つ者が仕掛けている可能性もあります。あくまでも1つの可能性としてのお話ですので、安易に思い込んでいかないようご注意下さい。

ガスライティングについてお伝えしておきたいことが沢山ありましたので、「ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻)」を出版しました。息を吐くかのように嘘をつくガスライティング加害者が、嘘をついていない人のことを嘘つき呼ばわりする場合もあります。

煩悩まみれ

煩悩=欲望ではありません。煩悩とは、迷いや苦しみの原因となる心の働きのことです。つまり本当の自分を生きる為の邪魔、妨げになるものです。煩悩を無くすということは欲望をなくすということではありません。欲はとても大切なものです。人間ですから食欲、性欲、睡眠欲、とても大切なものであり必要なものです。それらを無くそうとすることは不健全です。

煩悩まみれになるということは、勇気が挫けて本当の自分からかけ離れて、迷い、苦しみが増える心の状態になっているということです。この状態になると人間は邪悪な思考や感情などを心の奥に抑圧します。そしてそれらを誰かに投影して他人の所為にしてしまうことがあります。つまり、嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされる人は、勇気が挫けた嘘つきからの投影で嘘つき呼ばわりされている可能性があります。

嘘をつくとどうなる?(脳に負荷をかけ記憶障害に)

嘘をつき続けていると自滅する可能性が高いです。どうしてかと言うと、嘘をつき続けて生きるということは、自分で自分の脳に負荷をかけて、最悪記憶障害さえも引き起こすからです。詳しくは「こちら」をお読み下さい。

嘘つきが自滅へ向かうというのは、実際、僕も見てきました。僕自身スケープゴートタイプだったので、嘘つきが如何にして嘘をつくかを目の当たりにしてきて、長い時間をかけてどうなっていくかを間近で見てきました。彼らは嘘をつきながらどんどん嘘を重ねていきます。そして最初の話が1としたら、10にも100にも膨れ上がりながら、虚偽記憶を形成して生きていくので、中には自分でついた嘘に飲み込まれてしまい、嘘を本当だと思い込んでしまう場合があります。

例えば被害の虚偽記憶を創り上げたとしましょう。実際にはなかった虐待の記憶です。悲劇のヒロインになりたいが為に何十年も嘘をつき続けているうちに、過去において本当に酷い虐待を受けたかのように自身の心の中で成り立ち、それがトラウマとなり、症状まで出てくるようになることもあるのです。こういった人の場合、心からの反省が必要です。自分が悲劇のヒロインになる為、それはつまり私利私欲です。私利私欲の為に誰かに濡れ衣を着せたのです。その人が長い時間、どんなに冷たい思いをして生きてきたか。相手の立場に立って考えることが出来るような自己成長を本当の反省と共に起こしていけば、脳も活性化し、回復出来る可能性はあると思います。脳には可塑性があり脳は何歳になっても育ちますので、反省と自己成長があれば、良くなる可能性はあります。

罪というのは、法で定められているものだけではないのです。どんなに隠しても、すり替えても、自分の心にはしっかりと保存されていますから、隠蔽しても誤魔化しても無駄です。無駄な足掻きと言えます。人生はあっという間に終わってしまうものですから、自分を大切にしてほしいと思います。

嘘つきからの悪影響を防ぐには勉強するしかない

凡ゆる悪影響を防ぐには勉強するしかありません。勉強をして、頭を整えて、1つ1つに対しての対処法を見つけましょう。歪曲された情報や嘘を受け取ることを止めることが大切です。自分を守るのは自分の役目です。

嘘は時に人を殺します。それほどの悪影響になることもありますから、有害な嘘からの悪影響は、勉強をしてしっかり防ぐことが大切です。勉強が自分を守ってくれます。

書き出そう!精神が強化されて防げるようになる!

また、気づいたこと、プラスになったこと、新しく知ったことなどは、書き出すようにしましょう。変われる人は書き出す人です。変わらない人は兎に角書きません。書くというのは、アウトプットする(学習効果が高くなる)ということですから、書く人のほうが変わるのです。そして書くことはその続きができますので、どんどん成長していけます。

僕自身も過去、「スケープゴートタイプ」でした。そして「自分の邪悪さを他人に擦りつけたい人」が寄り付いてきて、対処も出来なかったので散々やられ続けて悪者にされてしまったことがあります。それから何年も勉強をして書き続けて、跳ね除けることが出来るようになりました。書き続けたことで、彼ら加害者のやっていることが手に取るようにわかるようになってきて防げるようになってきました。防げなかった頃は、スケープゴートって? スケープゴーティントの違いは? レッテル貼りって何? ラベリング効果って何? ガスライティングって何? という感じでした。何も分からなかったのです。今のように1つ1つ正しく理解することもが出来なかったのです。だから卑怯な人間にやられたのです。

書くことで精神を強化することが出来る、、、。

これは、書くことが癒しになることについて、最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士の言葉です。

書く力がついてくると、嘘つき呼ばわりしてくる人間の嘘を暴けるようになるのです。正しく説明も出来ます。この力がつくと、嘘つき呼ばわりしてくる加害者が寄り付きにくくなり、既存の寄り付いていた加害者は逃げていきます。彼らは真実を明らかに出来る人を嫌がり、説明力(よくわかるように解き明かす力)のない人を悪用するのです。

嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされる人は、書くことで、正しく説明出来るようになりました。どのような嘘やすり替えがあるか、証拠、そして事実と正しい根拠をもとに、文章化しましょう。明確にして、相手がどのように嘘をついているのかを明らかにするのも良いでしょう。

エモーションプラス(エモーション《感情・情動》)
サヨナラ・モンスター(ライティング《書くこと》)

つまり、エモーショナルライティング、これが精神の強化に繋がるのです。

嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされる人は、それらを跳ね返す力が足りません。

堂々と、、、

何言ってんの? 嘘つきはお前だよ。

何故なら・・・ その証拠は・・・ 

こう事実を元にして、正しく誰もがわかるように説明する力を書くことで養っていく必要があります。それが足りない人ほど悪意ある嘘つきに目をつけられるのですから。嘘つきが嘘を並べ続けることの100倍以上は事実を書けるようになる必要があります。それがないから悪意のある嘘つきに狙われるのです。悪意ある嘘つきが「あいつは面倒なやつだ」と思えば、彼ら加害者は諦めて他所にいきます。

関連記事

嘘をつく人はどうなるのか。悪意のある嘘で自分の心や脳を痛めつけないあげてほしい。
嘘をつき続けると記憶がおかしくなる可能性 嘘をつく人はどうなるのか。下記の本を読んでほしいと思います。 この本の第3章に書きました。 第3章 嘘による悪影響 嘘をつけばつくほど平気で嘘をつけるようになる 記憶障害を引き起こす 脳に負荷をかけ
真実を発すると正しさを恐れる嘘つきが否定してくる。これは世の常です。
真実を発すると嘘つきが否定する(否定しに寄り付いてくることもある)。これは世の常です。だから真実と嘘、これはいつの時代も争います。嘘つきが真実を発する者を嘘つき扱い、悪者扱いして立場をすり替えようとして争います。そして勝った方が真実を語って

自分が嘘をついている自覚がない場合もある

嘘をついていない(と思っている)のに嘘つき呼ばわりされる人は、嘘をついている自覚がない場合もあります。無自覚で悪意のない嘘をついていて、それを相手に察知されて嘘つきだと思われている場合もあります。これは自分が発する言葉に対して責任を持っていない人に多いです。無責任なので言葉の正確性が欠如しています。あとは知ったかぶる癖がある人も無自覚で嘘が混ざったことを言っているので、嘘つきだと思われてしまうこともあります。この場合大切なことは「1つ1つを責任持って細部に至るまで正確に話すこと」を繰り返していくことが効果的です。

役立つ可能性がある書籍

嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされる人に役立つ可能性がある書籍をご紹介します。

平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学

「平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学」は、うそをついていないのに嘘つき呼ばわりされる人に役立つかもしれない理由を以下のように説明できます。

邪悪な人間の心理を理解できる:この書籍は、精神科医である著者が診察室で出会った、虚偽に満ちた邪悪な心をもつ人たちとの会話を再現しています。これにより、邪悪な人間の心理や嘘をつく手口、自己正当化の方法などを深く理解することができます。これは、嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされる人が、なぜそういった状況に陥るのかを理解するのに役立ちます。

嘘を見抜く力を身につけられる:この書籍は、邪悪な人間が巧妙かつ隠微に嘘をつく方法や嘘の手口を解説しています。これにより、嘘を見抜く力を身につけることができます。嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされる人は、周囲の人々によって信用を失ったり、誤解されたりすることがあります。この書籍を読むことで、嘘を見抜くことができるようになり、自分自身を守るために役立ちます。

自分自身の対応を考えるきっかけになる:この書籍は、邪悪な人間の心理や行動を深く分析しています。これにより、嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされた場合に、自分自身の対応を考えるきっかけを与えてくれます。嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされる人は、自分自身を正当化し、誤解を解くために努力する必要があります。この書籍を読むことで、自分自身の対応を客観的に見つめ直し、より適切な対応を取ることができるようになるかもしれません。

人間心理の固定概念をくつがえすことができる:この書籍は、人間の悪を科学的に究明し、人間の心の中にある固定的な概念や信念を批判的に検証し、疑いを持つことができるように促します。人間の心理には様々な固定的な概念が存在し、これらの概念によって人間の行動や判断が大きく影響されることがあります。しかし、これらの固定概念が常に真実であるわけではありません。この書籍は、科学的な手法を用いて、人間の心理を客観的に観察し、従来の固定概念を疑い、新たな視点や考え方を提供することで、読者の人間心理に対する理解を深めることを目的としています。

また、この書籍は人間の悪を科学的に究明することにも焦点を当てています。人間の行動や判断には、時に悪意や悪行が伴うことがあります。この書籍は、そのような悪を科学的に分析し、背後にある要因やメカニズムを明らかにすることで、人間の悪についての理解を深めます。また、悪を科学的に理解することで、個人や社会全体の問題解決に寄与することを目指しています。

この書籍は、従来の人間心理に対する固定的な概念を覆し、科学的な視点から人間の心理や行動を深く探求することによって、読者の考え方や見方を変えるきっかけを与えるかもしれません。人間心理をより深く理解し、新たな視点を得ることで、より良い人間関係を築いたり、自己啓発を促進したりすることができるかもしれません(ChatGPTより)。

あわせて読みたい記事

【期間限定無料プレゼントあり】何で信じてくれないの!?嘘つき呼ばわりされる人へ
菅原隆志 過去記事が好評だったので、同じテーマで記事を書きました! 信じてもらえない苦しみとは? 記事下部で期間限定無料プレゼントがありますので、最後までお読みください! 信じてもらえないという体験は、単に誤解されること以上の意味を持ちます...

あわせて読みたい外部記事

本記事でお伝えしたことに深い関係があることが書かれています。

逆転の罪: ガスライティングとフライングモンキーによる被害者の孤立化

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

  1. 菅原隆志43 菅原隆志 より:

    この記事も反応が良いです。何度も繰り返し読むことで新しい気づきがあるかもしれません。嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされて苦しんでしまう人たちの心が軽くなる為に大切なことは、「書くこと」「精神の強化」「証拠、事実、正しい根拠を持って文章化する」ことです。是非、この力を高めて下さい。