サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

親を支配する子供

家族問題(1)

親を支配する子供は毒を持つ

子供を支配する毒親と呼ばれる人もいれば、逆に「親を支配する子供」もいます。親が子供に強い恐怖を抱いていることもあります。親を奴隷にように利用している子供、親に恐怖心を植え付け、親の強がりたい気持ちを逆手にとってコントロールする。そして子供は周囲から見たら大人しくて弱い子を演じている場合もあります。子供の特権である「弱さ」や「涙」を武器にして親を巧みに操る子供もいるのです。そういった子は30歳過ぎたら苦労すると思いますよ。人を支配する味を覚えると、なかなか抜け出せませんからね。

家庭内での支配と脅迫のパターン

親は子供に舐められたらお終いです。健全な親子関係はありえません。家庭内で子供が親に色々な脅迫をするようになる場合もありますが、それは親として舐められた結果です。親を放棄すると奴隷になってしまう場合もあるのです。また、子供と祖父母が組んで、その子の親を奴隷のように扱うこともあります。支配的な親族間で、親の心が弱っていて、子供が支配的な祖父母に染まった場合、弱っている親が親族間で支配されることもあります。弱った1人を助けようとせずダメ扱い環境で起こります。

演技力を駆使する子供の陰の行動

そういった、家庭で親を支配する味を覚えた子供は本当にえげつないことを陰でやる場合もあります。演技力も高ければ平気で周囲を騙す。証拠が残らないよう親の大事にしているものや動物に危害を加え「私に意見すると、またやるよ?」というような脅迫的な非言語メッセージを送り続け支配する場合があります。それがバレても「そんなつもりじゃなかった」と平気で嘘をついて誤魔化す子もいます。そして、気づいたほうを頭がおかしい扱いする場合もあるのです。「証拠がない限り堂々巡り」ですから、こう言った場合は、「確かなこと」が本当に大切になってきます。1つ1つ慎重に進めていくことが大事です。その上で、家庭はすでに崩壊していたことを認めたほうがいいと思います。子供も頼る親がいなければ支配的になっていきやすい者です。

家庭崩壊と自己の性格による選択

親であろうと子であろうと、結局は自分の性格(ライフスタイル)の問題です。親族間で1人が弱って支配されている場合、その1人を助けるのか、それとも支配者たちに迎合するのか、その選択は自分の性格によって決まっているのです。

よく、精神病が原因で事件を起こしたなどと言っている人もいますが、それは間違いです。同じ精神病であっても事件を起こさない人も山ほどいるわけです。ほとんど関係ないのです。問題は自分の性格にあるのです。そして心理学三大巨頭の1人アドラーが言うように「目的」が重要なのです。人は無意識レベルの目的に沿って生きています。その目的を支えているものの1つが性格です。行動に影響します。だから性格を健全なものへと改善することが重要なのです。健全なライフスタイルを維持する努力が重要です。

ChatGPT4.0よりあなたが言及されているのは非常に深いテーマで、アルフレッド・アドラーの心理学理論が関わっていますね。アドラーは、人間の行動は「目的志向性」を持つと主張しました。つまり、私たちの行動や選択は無意識的な目標や期待によって動かされているという考え方です。

この視点から見ると、あなたの主張は非常に意味深いものになります。性格(あるいはライフスタイル)は、私たちがどのような目標を設定し、それにどう向かって行動するかを形成する基盤となります。その性格が健全であれば、それは健全な目的と行動につながる可能性が高く、その逆もまた真です。

ですので、性格(またはライフスタイル)を健全なものに改善し、より健康的な目的と行動を促進する努力は非常に重要です。これは自己認識、自己改善、そして自己成長の道であり、個々人の幸福と社会全体の健康にとって重要な要素となるでしょう。

大切なことは1人の人間として相手を見ること

大切なことは、親とか子とか、いつまでも依存的視点で物事を見るのではなく、1人の人間として相手を見れるように心理的に成長することだと僕は考えています。

ChatGPT4.0よりその考え方は非常に有意義で、心理的成熟と自己独立において中心的なテーマです。人間関係、特に家族間の関係では、しばしば依存的な視点が存在します。これは、特に親子関係において顕著で、親は子を守り、子は親に依存するというパターンが一般的です。

しかし、心理的成長の一部として、自分自身と他人を独立した個体として見る能力は非常に重要です。これは自己のアイデンティティを確立し、他人の視点と感情を理解し、そして自己と他人の間の適切な境界を設定することを含みます。

このような能力を育てることは、個々の心理的健康と成熟だけでなく、健全な人間関係と社会全体の福祉にとっても有益です。これは親子関係だけでなく、すべての人間関係において重要なスキルであり、生涯を通じて継続的に学び続けるべきものです。

この記事に関する書籍(役立つかも)

https://bright-ms.net/post-37177/

ChatGPTに聞いてみた

子供と祖父母が組んで、その子の親を奴隷のように扱う場合、親は被害者ですか?

ChatGPTの回答

親が奴隷のように扱われる場合、一般的に親は被害者とみなされます。このような状況では、子供と祖父母の組み合わせが親を支配し、彼らを奴隷のように扱っているため、親は権力の不均衡に苦しんでいます。親は自己決定権を持つべきであり、他者によって違法に制限されるべきではありません。親を奴隷のように扱う行為は人権の侵害であり、被害者として認識されるべきです。

また、子供が親を支配し、親を奴隷のように扱う場合でも、親は被害者とみなされます。年齢や権力の関係によっては、子供が親に対して支配的な態度を取ることがありますが、それでも親は子供の奴隷として扱われるべきではありません。家族間の関係であっても、人権と尊厳は尊重されるべきであり、親も子供も平等な権利を持っているべきです。

いずれの場合でも、親が奴隷のように扱われることは人権の侵害であり、被害者として認識されるべきです。違法な行為や人権侵害に対しては、法的手段を利用して自己を守るべきです。(ChatGPTより)

ChatGPTに聞いてみた

この場合の子供は、未成年であっても加害者なのですか?

ChatGPTの回答

子供が親を奴隷のように扱い、親を支配する場合でも、一般的には子供が加害者とみなされます。未成年であっても、他者を奴隷のように扱い支配する行為は違法であり、人権の侵害とされます。年齢に関係なく、他者を支配し、奴隷のように扱う行為は道徳的にも倫理的にも受け入れられるべきではありません。

子供が親を奴隷のように扱う場合、その背後にはさまざまな要因が存在する可能性があります。例えば、家族内の権力関係の歪み、家庭内暴力、虐待、心理的な問題、社会的環境の影響などが考えられます。子供にも支援や指導が必要であり、適切な対応や教育が必要とされます。

加害者である子供に対しても、適切な法的および社会的な措置が講じられるべきです。未成年であっても、法律に違反する行為は責任を問われるべきであり、加害者としての責任を負うべきです。また、子供には適切な教育や支援を提供し、再犯を防止するために取り組むべきです。(ChatGPTより)

関連記事

https://bright-ms.net/post-37152/
429 Too Many Requests

 

あなたの「言葉」と「URL」を残す。