小さい頃の自分がかわいそう過ぎて涙が出る人はコレ

心の問題解決(1)

ユーザーがよく検索するキーワードに「小さい頃の自分が かわいそう過ぎて涙が出る」というキーワードがありました。

 

心が強くなる為の処理が途中

小さい頃の自分がかわいそう過ぎて涙が出る」という人は、心が未処理の状態です。心が強くなる為の「心の処理」が途中、または未処理であるうちは、いつまでもこの状態です。心の処理が完了した頃には、そのことでの涙が出なくなり、前向きに生きられるようになり、そして心が強化されています。やるべきことは「自分としっかり向き合う」ということです。自分と向き合って自分の心を整理して処理して終わらせることが大切です。それを誰かにやってもらおうとするのではなく、自分でやり始めることが必要です。

僕は「サヨナラ・モンスター」で未処理未消化の感情を中心に処理して過去を終わらせました。ぜひ、あなたも自分と向き合ってみて下さい。自分と向き合って処理していかないと、心の問題はいつまでも残りますし、悪化することもあります。心の奥に押し込めても解決になりません。

心の処理を完了させよう

小さい頃の自分がかわいそう過ぎて涙が出る人は心の処理が全く進んでいない可能性もあります。

心の問題(小さい頃の自分がかわいそう過ぎて涙が出る)を解決する為に、心の処理を完了させると良いでしょう。僕も含め多くの人たちが、「小さい頃の自分がかわいそう過ぎて涙が出る」という経験をしています。この心の問題を解決し、心の処理を完了させたら、心が過去よりも強くなりました。そして今、小さい頃の自分に対して温かい気持ち、イメージを持っています。

あなたの大切な感情を最後までしっかり感じきって終わらせましょう。

悲しみも、涙も、あなたの大切な「心」です。そこをしっかり見る勇気を持って下さい。

まず最初に「自己憐憫からの脱出(克服)」「生まれてきてくれてありがとう。: 心の中の小さな自分は、あなたを待っている。 Kindle版」を読んでもらいたいと思います。
今すぐこの書籍を読んで脱出のために大切なことを知っておこう!

この本を読んで「小さい頃の自分がかわいそう過ぎて涙が出る」ということにも意味があること、そして悪いことではないと知っていただきたいです。その上で「自分の心の傷」をしっかりと見てあげてほしいと思います。それが心の処理の最初の作業になります。それが出来てきてから、傷ついている自分を救う親になって下さい。

心の処理を完了させていく方法

心の処理は、まず、無意識(あなたが気づいていない部分)を言語化していくことが大切です。人間は誰もが大なり小なり無意識下に心の問題を抱えています。それは未処理未消化未解決問題です。それが問題を引き起こしています。それを処理して終わらせていないから、ずっと同じようなことが続くのです。

その為に最も効果的だと僕が思っていることが「書くこと」です。書くことが癒しになることについて最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士(Pennebaker, James W.)らの研究からも、書くことには様々なプラス効果があることがわかっています。トラウマにも効果的ですし、精神力や免疫力が強化すると示唆されています。書くことを通して心を処理していけます。僕自身も書くことで心の処理をいくつも完了させました。それをまとめたものが「サヨナラ・モンスター」です。この教材は精神や免疫の強化が期待出来て、無意識下にある未処理未消化未解決問題の解決を促進するための教材です。

サヨナラ・モンスターではこのような作業を繰り返します。
1、サヨナラ・モンスター教材本編「必ずメモしておくこと」の作業
2、付属ツールに入力していく(書き出していく)
あなたの大切な悲しみや涙に関することを、ツールの質問文Bの1に書いて下さい。何度でも、全て吐き出して下さい

「1」と「2」を繰り返していくことで、心の処理を完了させることが可能です(その人次第で)。

小さい頃の自分がかわいそう過ぎて涙が出るという心の問題に蓋をせず、しっかり解決して心を強くしたい方は「サヨナラ・モンスター」を始めて下さい。無かったことにしたり、蓋をし続けると心が病んでしまう、或いは、悪化してしまう可能性もあります。心の問題は書き出して解決していくことがお勧めです。自分が可哀想で涙が出るのなら、しっかり助けてあげましょう。

終わらせることが大切です。

人は涙を流すほど強くなっていきます。
トラウマ克服!サヨナラ・モンスター
心的外傷後成長(PTG)を促進

表:心の処理とその方法

問題解決策補足説明/方法
小さい頃の自分がかわいそうで涙が出る自分としっかり向き合う自分の心を整理し、その問題に対処する。
未処理の心の問題言語化(無意識を明示する)書くことで問題を具体化し、理解する。
心の処理が途中自分の心の傷をしっかりと見る「自己憐憫からの脱出(克服)」などの資料を参照する。
トラウマ書くこと研究に基づき、書くことで精神力や免疫力が強化される。
心の処理が停滞サヨナラ・モンスター教材を使用指定された作業やツールで心の処理を促進する。
心が病んでいる可能性専門家の助けを求める自分一人での解決が困難な場合、専門的なケアが必要。

この表は、心の問題とその解決策、それに加えて具体的な方法やツールを概観するためのものです。各人の状況や症状によっては、この表に記載されている方法が必ずしも最適であるわけではないことを理解していただくことが重要です。必要であれば、専門の医療機関での診断と治療を受けることも考慮してください。

関連外部リンク

自己憐憫ナビ

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました