他人の音が気になってしまう場合は「変えられないことだ」と諦めて今やるべきことに集中すると良い!そして「過去の記憶で今を見ている」ことが原因の場合は「過去の感情(未処理・未消化)」を感じきってあげたらよいのです。

他人の音が気になってしまう場合は「変えられないことだ」と諦めて今やるべきことに集中すると良い!そして「過去の記憶で今を見ている」ことが原因の場合は「過去の感情(未処理・未消化)」を感じきってあげたらよいのです。

嫌がらせで不快音を鳴らす人もいれば、嫌がらせではないのに嫌がらせをされたと捉える人など、様々です。嫌がらせであっても、そうじゃなくとも、まず「無視すること」が大事だと思います。

大事なことは「自分にとって今、何が重要なのか」ということ。サヨナラ・モンスターや、サヨナラ・モンスター(voice)に参加してくださっている方は「恐怖を克服したい」のだと思います。恐怖を克服していくことが重要ですよね?その恐怖を克服していくために、毎日、他人の音を気にしていてはマイナスだと思います。

「音を気にしないようにしよう」としても、気になってしまっている状態ならば、諦めて認めることも1つの方法です。「変えられないこと」だと思って諦めてしまうと楽になります。その上で「今自分がやるべきこと」に集中しちゃえば良いのです。集中しちゃえば耳に入ってこなくなります。

例えば、誰かが嫌がらせ不快音を鳴らしていることが度を越している場合、「ヒドイ騒音など」ならば対処すべきだと思います。そうではない場合は、「今自分がやるべきこと」に集中しちゃえば良いです。

過去に、僕の場合はちょっと違うもので、目の前でしつこく嫌がらせをされたことがあるのですが、それは跳ね除けました。目の前でやられたら邪魔ですし、気が散りますよね。それは「しっし!」と跳ね除けるべきことですよね。目の前じゃない場合、放っておくのが1番だと思いますよ。そして、自分がやるべきことを集中してやっていく。すると、些細な音を鳴らしている人がいても、考えることさえしなくなれます。

過去の記憶で見ていることがある

あと、どうしても他人の音が気になって嫌な気持ちになっている人は「過去の記憶で今を見ている」ことによって、気になっている場合もあると思います。例えば、過去に音を鳴らす嫌がらせをしていた家庭で育ったことで「音」=「嫌なもの」として記憶していて、その過去の記憶で、他人の音が嫌がらせをしてきているかのように感じてしまっている場合もあると思います。

その場合は「もう過去は終わったこと」だ区別した考えを持っていくと良いです。区別をするために「過去の感情(未処理・未消化)」を感じきってあげたらよいのです。自分が自分の親になったつもりで、あの時は悲しかった!嫌だった!と感情を感じきってあげると良いです。

過去の出来事が事実でも、事実ではなくとも生まれた感情は別として感じきってあげると良いのです。

感情を感じきると、自然と気にならなくなってくることがありますよ。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)