詐欺師の騙す手口の一部公開!ポイントサイト(お小遣いサイト)のダウンラインとして参加者を集めてカモにして騙す!さらに人間を研究して…

1957 views
約 9 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

詐欺師の騙す手口の一部公開!ポイントサイト(お小遣いサイト)のダウンラインとして参加者を集めてカモにして騙す!さらに人間を研究して…

今回の記事は既に騙されている人もそうではない人にも読んでいただきたい記事です。善人ぶる気はありません。「自分が騙されないために(自分や家族のために)」知っておくと良いと思います。

この記事では詐欺師の騙す手口の一部を公開します。

その騙す手口は「ポイントサイト(お小遣いサイト)」の「ダウンライン(お友達紹介制度)」を使って、参加者を集めてカモにして騙す。というものです。それだけではありません。さらに、人間(紹介した相手)を研究して次の騙しに繋げて、出来る限り「骨の髄までしゃぶってしまう」という、えげつないやり方について、一部だけ公開します。

公開する理由

僕は、過去のように「騙される人間が減ってほしい!」なんて思っていません。あの頃は、「騙される人たちが可哀想だ!なんとか止めないと!」と思っていました。しかし、今は、「騙されないように自分が自分を管理することが人間には必要なことだ」と考えています。

じゃあ、なぜ今更詐欺師の手口に触れるの?

その理由は主に2つです。

詐欺師が暗黙のルールを破り「おちょくり」を混ぜながら一線を越えている

詐欺師が「おちょくり」を混ぜながら下準備を始めている

詐欺師が、一線を越えて(詐欺の下準備+おちょくり)をしていること。ちょっと出しゃばりすぎています。あの、○○○○を止めるか止めないか(ツイッターアカウント、ブログの削除をするかしないか)は自由です。こちらとしては全く関係ない領域でやるには一切関与しないけど、「おちょくり」があるので、向こうから暗黙のルールを破ったと判断しました。

ですので、継続するのであれば、こちらで分かっているあの実名の者にまで到達してしまうかもしれません。

つまり、あの○○○○の1名が、「僕が、記事を書いていかなくてはならない理由を、向こうから一線を越えてわざわざ作ってきた」。我慢していたけど、一向にやめる様子もないから、公開していかなくてはいけなくなったということ。

僕が、記事を書き続ければ被害者たちの理解が徐々に深まってきて、気づきレベルも上がり、詐欺師たちはいつか尻尾を掴まれ逮捕されることになるかもしれませんが、恨むのならば身勝手な行動をしている、あの○○○○の1名に対して制裁を与えればよいでしょう。その1名が、何もしなければ僕は大人しくしているつもりだったのですから。

詐欺罪とは

詐欺罪に関しては以下の引用文をお読みください。ウィキペディアから引用させていただきました。

詐欺罪(さぎざい)とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする(例えば無銭飲食や無銭宿泊を行う、無賃乗車するなど、本来有償で受けるべき待遇やサービスを不法に受けること。また債務を不法に免れたりすること)行為、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪のこと。刑法第246条に規定されている。未遂も罰せられる(250条)が、予備行為は処罰されない。

引用元:詐欺罪 – Wikipedia

構成要件

以下の引用文をお読みください。ウィキペディアから引用させていただきました。

1、一般社会通念上、相手方を錯誤に陥らせて財物ないし財産上の利益の処分させるような行為をすること(欺罔行為又は詐欺行為)
2、相手方が錯誤に陥ること(錯誤)
3、錯誤に陥った相手方が、その意思に基づいて財物ないし財産上の利益の処分をすること(処分行為)
4、財物の占有又は財産上の利益が行為者ないし第三者に移転すること(占有移転、利益の移転)
5、上記1〜4の間に因果関係が認められ、また、行為者に行為時においてその故意及び不法領得の意思があったと認められること

引用元:詐欺罪 – Wikipedia

10年以下の懲役

以下の引用文をお読みください。ウィキペディアから引用させていただきました。

犯罪をおこなったものは10年以下の懲役に処され、犯罪によって得たものは没収(19条)または追徴(20条)される。組織的に行った場合は組織的犯罪処罰法により1年以上の有期懲役と罪が重くなる(同法3条第1項第13号)。

引用元:詐欺罪 – Wikipedia

 

ポイントサイト(お小遣いサイト)とは

ポイントサイト(お小遣いサイト)とは、簡単に言えば、ポイントを貯めて、貯めたポイントを現金などに換金したり出来るサービスのことです。これ自体は健全であり何の問題もありません。

ダウンライン(お友達紹介制度)とは

ポイントサイト(お小遣いサイト)には、ダウンライン(お友達紹介制度)というものがあるサイトが殆どです。お友達を紹介すると、紹介元に報酬が入る仕組みです。更に、その紹介したお友達が継続してポイントを貯めていると、紹介元にもポイントが入ってくるという仕組みです。

つまり、たくさん紹介して、自分の下に紹介者をいっぱいつけておけば、不労所得かのように自分は何もしなくても報酬を継続して獲得できるのです。

ダウンライン獲得のためにまず集客ブログを作る

ですので、たくさん稼ぐためには、多くのダウンラインが必要です。ダウンラインを獲得するには、無料ブログなどを使って匿名でキャラクター設定して、「ポイントサイトに登録してもらうことを目的」として、たくさんの人を集めて登録してもらいます。別に、これ自体は健全なものです。

ポイントサイトへ登録する人は、心の病気や悩みを抱えている人も多いのです。生活が苦しい人も「少しでもお金が欲しい」という思いからポイントサイト(お小遣いサイト)を利用する人が多いのです。こう言ったら誤解を招くかもしれませんが、ポイントサイト(お小遣いサイト)を利用する人は「稼ぐことに関して無知な人も多い」のが現実です。つまり「騙されやすい人がポイントサイトを利用しやすい」のです。詐欺師はそこに目をつけるのです。

匿名無料ブログで良いことを言って集客してポイントサイトへ誘導

まず、どんな人でもいきなり信用はしません。ですので、匿名無料ブログやSNSなどを使って「良いこと」を言って集客します。その良いことは過去に実際にいましたが、他人の文章を盗むのです。悩んでいる人たちが共感している内容を見つけて詐欺師がそれを使います。そして、みんなの心を掴んで「機が熟した頃(時間をかけて信用させて人が集まってきたころ)」を見計らって、ポイントサイトへ誘導していくのです。

これも、他人の文章を盗んでいないのなら、この時点では問題ありません。ただ、集客してダウンラインを増やす。別に問題はありません。

<<下に続く>>

じゃあ、何が問題なの?何が詐欺なの?

それは、これからゆっくりお伝えしていく予定ですので焦らないでください。

相手が「ごめんなさい」と言って適切な処理をしたら、僕もわざわざトラブルを起こす必要はないので、この記事は消す、または、修正する場合もあります。ただし、何の反応も示さない態度を貫くのであれば、詐欺師がお小遣いサイト研究の名目で深い部分に入っているように、僕も、このちょろちょろしている1名の詐欺師への深い研究をしていくことになるかもしれませんが、そこから飛び火していくでしょうが、よろしくお願いします。(過去の詐欺の話題にも触れていくかもしれません。)

そして、過去の被害者たちが、気づいたり、理解を深めたりして、情報の共有をして、知識を高め合うことで、詐欺師たちの根城に光が照らされることになるかもしれませんね。それは未来のことですからどうなるかはわかりませんが…。声を上げられない被害者たち、理解が追い付いていない被害者、混乱したまま蓋をした被害者、薄々気がついた被害者、犯人を知っている被害者、恐怖して言えない被害者。そんな被害者たちが勇気をもって一声、また一声、そして理解力が上がっていけば、集合知となり、集合知が何らかの形へと変化していくかもしれません。

よくも騙したな!と。

巧妙に騙された被害者が、

被害の詳細を知った時、

その怒りの力は計り知れない。

その道しるべとして、僕が、手口や、情報を発信し続けていけば、徐々に変化は起こってくると思います。それは僕の本意ではありませんが、あの1名が「名誉毀損を避けて、悪賢く事実を歪曲し続けるのなら仕方ないこと」だと考えています。

※以下準備中※

騙しているから実名を出せるわけがない(名乗れない)

騙してポイントサイト(お小遣いサイト)に誘導して、更にその後の騙しに繋げる場合は、いつか逃げる気ですし、騙しているから実名を出せるわけがない(名乗れない)のです。ただ、勘違いしないでいただきたいのは「ポイントサイト(お小遣いサイト)に誘導しているどこの誰かもわからない人が必ず詐欺師だと言っているわけではない」ということ。

そういう「可能性があるから騙されないように頭の片隅にでも置いておいてほしい」ということです。僕自身はみんなを騙す気もないので実名も普通に公開しています。「実名を出さない理由がとくにない」のです。

今時、実名を出さずに、匿名で無料ブログを何個も作って、ブログを書きまくって「何か」に誘導している者がいたら疑ってかかるほうが健全です。もちろん、何も悪いことをしていない匿名もたくさんいますが、詐欺師は、そういった所に潜みやすいということです。悩んでいる人の心の隙間に匿名で近寄って、誰かの良い言葉を真似して人を集めて、騙してポイントサイト(お小遣いサイト)に誘導していくという…。それは詐欺の手口の序章に過ぎません。

ネットワーク

前記した「騙してポイントサイト(お小遣いサイト)に誘導することが詐欺の手口の序章に過ぎない…」というのは一体どういうことか!?ここからが詐欺師の手口の入り口に入っていくのです。

ポイントサイト(お小遣いサイト)の利用者は、ブログのコメント欄や、掲示板、SNSなどを使って利用者同士交流を深めていくほうが稼ぎやすいのです。「ダウンになって!」「いいよ」「ありがとう」「あざーす!」「嬉しい」と。つまり、「ポイントサイト(お小遣いサイト)の利用者同士の交流」という「名目」で「疑われずにネットワークを構築できる」のです。「○○グループサイト」のような感じでまとめておくと詐欺師にとってはさらに効果的なのです。

このようなネットワークを構築すること自体が悪いわけではありません。そういったやり方を悪用する詐欺師もいるということです。

義援金詐欺も多いですが、こういった匿名の詐欺師がネットで時間をかけて騙すネットワークを構築していることもありますのでご注意下さい。それが、他の人に気づかれない「詐欺師の蜘蛛の巣」となるのです。

このような詐欺師は「ネットワークに気づかれたかも?」と思ったらブログなどの更新もしなくなりますが、「いや、まだいけるかも」と思えば再度更新し始めますので注意していくことが騙されないために大切です。

これに関しては今後、時間があるときに更新していきます。

言い当てる

※準備中

占いの悪用

※準備中

ハッキング

※準備中

お小遣いサイトの研究という名目で

※準備中

情報を回す

※準備中

土地

※準備中

財産

※準備中

寝取り

※準備中

被害報告メールフォーム

過去にポイントサイト(お小遣いサイト)関係で、被害を受けた、または被害を受けた恐れがある、掲示板で騙されたなど、の報告メールフォームを用意する予定です。

そして報告があったみんなの内容を、ネット上に公開していく予定です。公開することで徐々に理解が深まっていき、新たな発見や気づきが出てきたときに、二段階目の報告もしていただきます。そういった情報を公開していこうと考えています。まずは情報収集からです。

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)