モラルハラスメントの加害者は公然の場で「名誉毀損に該当しないレベル」で平気で決めつけてくる場合があります。証拠があったら訴えてしまえ!

 2021年11月28日
1943 views
モラルハラスメントの加害者は公然の場で「名誉毀損に該当しないレベル」で平気で決めつけてくる場合があります。証拠があったら訴えてしまえ!

モラルハラスメントの加害者は公然の場で平気で決めつけてくる場合があります。僕は、過去にこれに対して恐怖していました。だけど、その恐怖もサヨナラ・モンスターの方法で大幅に減りました。恐怖は知るほどに消えていきます。僕は「勝手に決めつける者」を知る努力をしたら恐怖が大幅に消えました。

モラルハラスメントの加害者が決めつけてくるときに何故「公然の場」を選ぶのか。それは「ダメージを大きくして傷つけることが出来るから」です。例えばツイッターの引用RTやリプは公然の場です。DMは公然の場ではない。加害者は引用RTやリプ(公然の場)の他者が見る部分、そこに効果生み出す。

モラルハラスメントの加害者は「思い込ませ」が上手な加害者もいる。周囲が被害者をおかしいと思うように誘導したり孤立させて、そこからジワジワ攻撃をしていくという以前もお伝えした「継続して繰り返す」という手口を使います。その下準備として「公然の場で周囲に思い込みを植え付ける」ことをする

書き出せばキリがないほど加害者の分散させた手口は無数にあります。それを全体として機能させるのがモラルハラスメントの本質です。僕は、過去はソレが怖かったのです。怖かったから知る努力をしました。すると恐怖は大幅に消えていきました。知らないから怖い。知ってしまえば怖くなくなるのです。

モラルハラスメントの加害者が公然の場で決めつけることをしてくるとします。賢い加害者は「名誉毀損に該当しないレベル」で行います。だけど加害者がどれだけ賢くても所詮は1人の人間です。繰り返し行っているうちに気が抜けるのか下手を打つ時があります。その証拠をとって裁判すればよいのです。

そういった普通の健全な人が考えもしないようなことを考える加害者も中に入るので「名誉毀損罪」や「信用毀損罪・業務妨害罪」という法律があるのです。名誉毀損に関しての知識を正しく持つこと。これも恐怖を減らすことに繋がります。モラハラ加害者は「無知な人」を被害者に選びやすいのです。

この前、ツイッター上で「名誉毀損で訴えた人」を見ましたけど、僕は、あのような人が「かっこいいな」と思う。暴力は「プロセスを無視した未熟な支配的な解決方法」ですが、裁判は「確かなことで進める大人の冷静な解決法」ですので。もっと名誉毀損案件が増えていってほしいなと思っています。

名誉毀損案件が増えるということはモラルハラスメントの加害者の手口の1つも封じられていくということになります。それと同時に「全体の理解力アップ」にも繋がるので「健全な学び」として「名誉毀損」はとても良いことだと僕は考えています。他人を傷つけないための健全な学びです。簡単なルール。

最初は公然の場で平気で決めつけてくるモラハラ加害者がすごく怖くて「何なんだろう???」という感じでした。今は「彼らは○○○○で○○○○の手口を○○に繋げるために使っている可能性がある」とか、色々考えることが出来るようになったのと「法に触れる境界線」も知って恐怖は減りました。

例えば「子供の時の「クラスの誰かの背中に鼻くそを擦り付ける嫌がらせ」の進化版のモラルハラスメント(https://mora-hara.info/archives/6480)」も知ることで、モラハラ加害者の得意技の1つ「印象操作」にすぐに気づけるようになったりもしました。加害者は手口を勝手に教えに来てくれるのです。

最初は無視しますけど、向こうからしつこく寄り付いてきた場合は「なんか怖い」と思うので「恐怖を減らすために知る努力」が必要になります。そして知ってしまえば「なーんだ、そんな手口だったんだ」とわかると恐怖は消えていくのです。

恐怖を消すための名言で好きなもの。

恐怖心をなくしたいなら、あなたがいちばん恐れていることをしなさい。そうすれば恐怖心は消えてなくなります。

ラルフ・ワルド・エマーソン

知ることが怖いのなら、知ってしまえばよいのです。
書くことがこわいのなら、書いてしまえばよいのです。

もしも、彼らが僕の発信している何かが気に入らないと思って嫌がらせをしてきたのなら「とんでもない身勝手な行為」です。他人の表現(理解・癒し・整理のためのもの)を気に入らないからという身勝手な理由で嫌がらせをしてまで邪魔するなんて言語道断です。許されるべきことではない。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。