プラス思考になるには?その方法は「潜在意識(無意識)」に繰り返しプラスイメージを蓄積すること!

672446 views
約 10 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
プラス思考になるには?その方法は「潜在意識(無意識)」に繰り返しプラスイメージを蓄積すること!

旧URLでのいいね数

プラス思考のメリット

プラス思考のメリットは、
自分も他人も「気持ちが明るくなる」という素晴らしいメリットがあります。

そして、気持ちが明るくなると「活動的」になります。
活動的になれば自分の目的を達成するスピードも高まってきます。

つまり、プラス思考でいるほうが「自己実現」しやすくなり、
幸せになりやすいということです。(無理したプラス思考はダメ)

自己実現とは、簡単に言えば、
本当の自分を生きる」「自分らしく生きる」ということです。

プラス思考が増えれば「プラス感情」も増えていきます。
プラスな感情が増えれば自律神経失調症、パニック発作なども起きにくくなります。
体の調子も良くなっていき、やる気も出てきます。

なので、自分の人生を自分にとってより良い方向へと持っていくためには、
自分にとってのプラス思考がとても大切なのです。
もちろんネガティブ思考や感情も大切です。
(ネガティブには役割がある)

ポジティブ思考の例(プラス思考とマイナス思考)

どんな物事にも、必ずプラスな面、マイナスな面があります。マイナス思考が強い人は物事のマイナスな面を見ることが多いのです。(それも、その人にとって必要なことだから悪いということではない)ポジティブ思考は、その物事のプラスな面を見ることです。

ポジティブ思考の例としては、例えば、スピード違反で捕まって罰金15000円取られたとします。マイナス面を見れば点数も引かれてお金も減った。となりますね。でも、プラスな面を見ればスピード違反で捕まったことで最近忘れていた安全運転を意識するきっかけとなった。だから、これは「安全のためのお守りを買ったようなもの」と考えて、自分で納得できれば嫌な気持ちがとてもプラスな気持ちに代わります。

罰金15000円に対しての文句を言い続けるか」それとも「これからは更に安全になれる」と思うか。同じ出来事でも「解釈」次第で生まれてくる感情がプラスになったりマイナスになったりします。感情がプラスならプラス行動も増えます。プラス行動が増えればプラスな思考も増えます。

他には、過去に親から厳しく育てられたり、心理的に虐待されて育ったとします。マイナス面を見ればとてもつらく悲しいことです。でも、プラスな面を見れば「直観力や、感受性が高くなった」とか「マイナスなことを未然に回避できる能力も高くなった」とか「人の気持ちがわかるようになった」などのプラスな面も何かしらあるのです。それがわかってくると「親から厳しく育てられたけど、大きく成長できた!」と考えることも出来るのです。

あとは、「体調が悪い、つらい、きつい」というネガティブ思考を「体調が悪い。体調を良くしてこれから健康的になるチャンスだ!よし、まずは調べよう!」とポジティブ思考をする。同じ出来事でも180度変わります。

ネガティブ思考を克服するには

ネガティブ思考を克服するには、「自分に打ち勝つ!」という強い決心が必要です。人間は何もしないで生活して黙っているとネガティブになっていく生き物です。ネガティブになるのは簡単です。逆に、ポジティブになるには「積極的」である必要があります。積極的にポジティブを増やす努力をし、あきらめず、繰り返し、習慣になるまで続けること。それがネガティブ思考を克服するということです。プラス思考の習慣が出来ればネガティブ思考を克服したということです。

プラス思考の効果は

プラス思考の効果は挙げればキリがないほどありますが、やる気が出てくる、問題解決しやすい、人から好かれる、人を幸せにできる、などありますが、脳内でセロトニン(不安を減らす)やノルアドレナリン(やる気、判断力、注意力を高める)を増やしてくれます。プラス思考をすることで不安にも強くなり、やる気もわいてくるのです。

深く愛される女 はプラス思考

人から深く愛される女はプラス思考の持ち主です。プラス思考の女性は魅力的で周囲にプラスを与えているので多くの人から愛されるのです。人と人は、無意識間で知らない間にコミュニケーションをとっています。つまり、お互いの無意識同士、影響を与え合っているのです。「あげまん女性」は、この無意識のうちに相手に与えるプラスな影響がものすごく強い女性なのです。相手の男性はみるみる運がよくなっていくのです。逆に、「さげまん女性」の影響を受けつづけると運気はどんどん下がっていくのです。

これは、無意識レベルの影響ですから中々気づけませんし、防ぎにくいものです。ただ、何となく「あの人なんか嫌だなぁ」と思う場合は、自分の感情に素直になることが大切です。人は、他者からの影響を受けることが当たり前の生き物ですから、自分で他者からの影響をコントロールしていくことが大切です。

人は誰もが、幸せになりたいものです。幸せはプラスの先にあります。ですので、深く愛されたいと思うのならプラス思考をすることです。

プラス思考のはじめ方

プラス思考の素晴らしさや効果はわかっても、いざ、プラス思考を毎日続けるとなると難しいんですよね。これは潜在意識(無意識)に根付いている今までの思考習慣が邪魔をしてくるからですね。これに打ち勝たなくてはプラス思考にはなれません。プラス思考の癖がつくまで繰り返さないといけないのです。潜在意識(無意識)レベルに根付くまで繰り返すことが必要なのです。

プラス思考を始めるのなら、プラス感情トレーニング2「emotion plus」(記事下部でご紹介)を試してみて下さい。「思考」と「感情」は深い関係にあります。プラス感情が増えると自然とプラス思考が増えるのです。このトレーニングを行っているとプラス思考が増えていきます。

プラス思考になる本

本を読んだからといってプラス思考になることは基本ありません。既にお伝えしている通りプラス思考になるには潜在意識(無意識)にプラス思考の癖がつくまで繰り返すことが必要です。本を読んだだけでは潜在意識(無意識)にプラス思考の癖はつかないのです。癖というのは、何度も何度も繰り返してつくものです。

ですので、プラス思考になる本を探すよりは、子供や動物の写真や動画などを見るほうが効果的です。なぜなら、写真や動画というのは、潜在意識(無意識)にイメージが入りやすいのです。そして、子供や動物は存在そのものがポジティブです。そういったポジティブな存在のイメージを潜在意識(無意識)に蓄積させることはとても効果的です。

<<下に続く>>

プラス思考な画像を見て試してみよう

では、ポジティブな存在のイメージを潜在意識(無意識)に蓄積させることが効果的だということをあなたも試してみて下さい。まず、静かな環境で集中できる状態のときに「こちらの素敵な笑顔の写真」をゆっくり受け入れる気持ちでご覧ください。ゆっくり見ているだけで、自分がリラックスしてくることがわかるはずです。笑顔はうつるんです。緊張した人といると緊張がうつるようプラスもうつるんです。しかもそれは画像や動画からもうつるんです。

先ほども言ったよう、子供や動物は矛盾が少ない一貫性のある存在です。矛盾が少ない一貫性のある存在はポジティブな存在です。そのポジティブな存在の影響をもらう、良い意味でうつしてもらうんです。「こちらの素敵な笑顔の写真」をゆっくり受け入れる気持ちで見るだけで、1回で効果をしっかり感じます。これを365日続けたら、潜在意識(無意識)にたくさんのプラスイメージが蓄積されていくのです。ぜひ、プラスな画像を見ることも続けてみて下さい。

潜在意識を変えてプラス思考になる方法

潜在意識を変えてプラス思考になるために重要なことは以下の3つ

1、プラス思考になるには、自分の思考、言葉、行動、感情の一貫性が重要

2、潜在意識(無意識)にプラス思考の癖を作るために、プラスイメージを繰り返し蓄積させて、そのフィードバックでプラス思考が促される状態づくりが大事

3、プラス感情トレーニング2「emotion plus」でプラス感情を作り出すと、自然とプラス思考が増えるのです。

プラス思考になるには一貫性が重要

ここでお伝えすることは「無理やりポジティブになる方法」ではありません。自分を騙しても後から苦しくなるだけです。自分を騙すのではなく「本当の自分と繋がることが必要」なのです。本当の自分と繋がるということは、自分の思考、言葉、行動、感情に一貫性があるということ。本当の自分を生きていない時は自分の思考、言葉、行動、感情に一貫性がありません。矛盾が生じています。

本来、本当の自分は、思考、言葉、行動、感情に一貫性があるのです。そこに他者のものが入り込むと一貫性がなくなるのです。そして他者の思考などで生きていれば自己否定感も強くなり、不要なマイナス思考も増えていきます。ですので、自己肯定感を高め、プラス思考になるには、自分の思考、言葉、行動、感情に一貫性を持つことを繰り返すことが必要になります。

その繰り返しができるトレーニングがあります。それが、プラス感情トレーニング2「emotion plus」です。プラス感情を作り出すことを繰り返すことで潜在意識(無意識)にプラスイメージが蓄積されていきます。プラス思考になるための重要なキーワードが「潜在意識(無意識)への蓄積」なのです。

潜在意識(無意識)とは

潜在意識(無意識)は、上記の画像のように氷山に例えるとわかりやすいです。水面下にある部分が潜在意識(無意識)です。その潜在意識(無意識)の中に出来上がっている情報や感情(イメージ)などの纏まりから、自動的に思考が出てくるのです。

マイナス思考が勝手に浮かんでくるというのも潜在意識(無意識)から浮かんできているのです。マイナス思考の癖、習慣が出来上がっているということ。つまり、あなたが変わるためには潜在意識(無意識)の「思考の癖を変える」ことが必要になるのです。変えるためには、繰り返していく必要があります。繰り返し、トレーニングしていく必要があるのです。

トレーニングによってプラスイメージが潜在意識(無意識)に蓄積されていきます。それが、やがて定着していきますので自然なプラス思考が増えていきます。

無意識のうちにプラス思考することが増える

『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)を行っていくと、無意識のうちにプラス思考をすることが増えていきますし、自己肯定感も高まっていきます。なぜ、無意識のうちにプラス思考をすることが増えるのかというと、潜在意識(無意識)に蓄積させたイメージから思考が促されるからです。簡単に言えば、プラスイメージからはプラス思考が促されるのです。

人は無意識のうちに思考をするもので、ある科学者によるとなんと1日、約60000回もの思考をしていると言います。その殆どが無意識のうちの思考です。潜在意識(無意識)にマイナスイメージが出来上がっている人がマイナス思考を無意識のうちにしていて、その数が1日40000回もあったとすれば、疲れますよね。マイナス思考で疲れててしまっている状態はそういうことなのです。

だから、その逆を行い、潜在意識(無意識)にプラスイメージを蓄積させ、そのフィードバックでプラス思考が促される。という状態を作り出すことが大事なのです。それを作り出すためには「プラスを繰り返す」ことが必要になるのです。だから、プラス感情トレーニング2「emotion plus」が効果的なのです。

プラス思考になりたい方は、
潜在意識(無意識)にプラス感情(イメージ)を増やせる、
プラス感情トレーニング2「emotion plus」を試してみて下さい。
この方法は、潜在意識レベルからプラスになれる方法です。

マイナスが強い人は

また、自分の心の深い部分からマイナスが強いと感じている方は
「サヨナラ・モンスター」を試してみて下さい。サヨナラ・モンスターは心の深い部分にあるマイナスを促している根本部分を変える方法です。
この根本部分にあるマイナスを促しているものが小さくなれば、自然なプラス思考も増えてきます。
サヨナラ・モンスターに、プラス感情トレーニング2「emotion plus」が付属していますので重複購入にご注意下さい

ぜひ、あなたも始めて見て下さい!

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・親への恨みを克服したい!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックス、優越コンプレックス、メサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・モラハラ加害者をやめたい!
・DV加害者をやめたい!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
・死にたい(死にたいくらい苦しい)
・自力でトラウマを克服したい!
・苦しい気持ちをわかってほしいという欲求が強い人!
・自分が自分の親になることが大切だとわかってきた人!
・誰かの所為にし続ける人生に終止符を打ちたい!
・自分のことをダメ人間だと思っていて無気力な人!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)