心の傷が深いと怒りが抑えきれなくなることもある。大切なことは、自分の心の傷を自覚して、怒りの背後にある本当の感情(深い悲しみなど)に気づくこと!

心の傷が深いと怒りが抑えきれなくなることもある。大切なことは、自分の心の傷を自覚して、怒りの背後にある本当の感情(深い悲しみなど)に気づくこと!

過去の僕は心が傷だらけで、トラウマから怒りが抑えきれなくなり、傷つけられると我慢出来なくなり事件を起こしてしまいそうな時がありました。その時は自分の心の傷に気づいていませんでした。その傷を自覚し、未処理未消化の感情を解放し、認知を変え、、、そして心が穏やかになりました。心の傷が深いと怒りが抑えきれなくなることもあるのです。大切なことは、まず、怒りの背後にある「本当の感情」に気づくことです。

1、自分の心の傷に気づいていない
2、傷を自覚する
3、未処理未消化の感情を見つける
4、認知を変える

怒りが抑えきれないと言う人は、「1」から「4」、自己理解を通して、自分を変えることが必要なことです。僕はこの作業を「サヨナラ・モンスター」という方法で「書くこと」を通してやりました。その結果、他の方に比べたら、まだまだ未熟だと思いますが、過去の僕と比べたら大幅に変わったのです。事件を起こしてしまうほどの抑えきれない怒りが長期的にあったのに、それが鎮まっているのです。これは自分でも思いますけど、すごい変化だと思います。

過去の僕が「怒り」ばかりだったのは、「怒りの背後にある本当の感情」に気づくことが出来なかったからです。怒りは二次感情、一次感情が本当の感情と言われています。「自己憐憫からの脱出(克服)(Kindle本)」の第3章「怒りを鎮めてくれる」に書いたことと関係あります。

どうして、「怒りの背後にある本当の感情」に気づくことが出来なかったか、一次感情を感じることが恐怖だったからです。それを感じてしまうと、終わってしまう、家族から見捨てられてしまう、認めてもらえなくなるなど、色々な考え方が原因となり、本当の感情に蓋をされている状態だったのです。悲しみも感じていないから心の奥に蓄積していたのです。この未処理未消化の感情は、深ければ深いほど、見つけるのが困難です。なので、僕の場合は「サヨナラ・モンスター」という深化させていく方法で、深い部分に入る必要があったのです。これに成功したことで、深い部分の認知が変わりました。

このお陰で、田舎で静かに暮らすことが出来るようになったのです(精神的に未熟な認知を抱えていた頃は、田舎を馬鹿にしていました)。もし変わっていなかったら、僕みたいな人間は刑務所に入っていたと思います。その状態から、ここまで変われたのは奇跡だと思います。事件を起こしてしまうそうなくらいの心の問題を抱えているほとんどの人が、結局変われず、大きな問題に繋がってしまうので、その視点で見たら、すごい変化だと自分では思っています。

過去の僕のように怒りが抑えきれないという人は、本気になって、書くことを通して自分と向き合って、勇気を持って自分の心の傷を自覚して、怒りの背後にある本当の感情に気づく取り組みをしていくことをお勧めします。書かなければ深化させることは無理です。書くからこそ、続きが出来るのですから。1日でどうこう出来る問題ではないし、頭の中だけで全てを覚え、続きが出来るわけないのです。だから、書き続けていくことが必要なのです。忘れないで続きをやるために。

機能不全家族の元で育った人は、本当の感情を感じにくくなっている人が多いです。

自分の感情に気づけると、心が優れる。だから、心は優しくなっていくのです。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)