人から軽く扱われる…。アダルトチルドレン(Adult Children)の人は、ナメラレ体質になっています。大事なことは、抜け出して離れて回復して自分の道を歩みだすこと!

50438 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

人から軽く扱われる…。アダルトチルドレン(Adult Children)の人は、ナメラレ体質になっています。大事なことは、抜け出して離れて回復して自分の道を歩みだすこと!

人から軽く扱われる…。アダルトチルドレン(Adult Children)の人は、ナメラレ体質になっています。

大事なことは、抜け出して、離れて、回復して、「本当の自分」の道を歩みだすこと!

ナメラレ体質の道を正しい道だと勘違い!?

アダルトチルドレン(Adult Children)の人は、人から軽視されやすく、大人になり切れない子供と見下され、他人にナメられやすいのです。そして、本当のことを理解してほしくても誰にも理解されないという生きることが辛くなるほどの苦しみを抱えます。

本人は、なぜ、ナメラレ体質なのかわかっていないことがあります。それは自分が信じてきて来た道が今も正しいと思い込んでいるからかもしれません…。つまり「ナメラレ体質の道」を「正しい道」であると誤認識を起こしている可能性があります。

原因を理解することが大切!

私も、アダルトチルドレン(Adult Children)の1人です。

こういった人から軽く扱われることを「ナメられ体質」と呼ぶとすると、なぜ「ナメられ体質」になったのか?この原因を自分でしっかり理解する必要があります。原因を理解しなければ、解決は出来ません。原因が理解出来たら、次は、回復して、成長もしていけます。要は、苦しくなっている原因を除去すると、結果が消えてしまうのです。

原因が分かると苦しむこともある

原因が分かると苦しむこともあります。そして、麻痺していた傷が見えてきてすごく苦しむこともあります。なので、大事なのは先に「回復」することです。

回復するためには安全の確保

回復するためには「安全の確保」が絶対に必要です。人はコミュニケーションを通じてグサグサ傷つけることも可能です。モラルハラスメントの加害者が近くにいたり、機能不全家族によって感情の虐待を受けている場合、傷が深まる中、回復なんて不可能です。回復するためには「安全の確保」が絶対に必要です。虐待者やモラルハラスメントの加害者から離れることが安全の確保において必要なことです。

<<下に続く>>

アダルトチルドレンの傷をどうやって回復していくのか

アダルトチルドレンの傷を回復していくには、人それぞれ違ってくると思いますが、良い流れ以下の方法になります。引用してご紹介させていただきます。

アダルトチルドレンの回復と癒しのための
リプロセスリトリートは、
以下の8つの過程から成り立っています。

【リプロセスリトリート 8ステップ】

1.安全性の確保
2.問題の認識
3.トラウマ(心の傷)の表現
4.トラウマの再現
5.トラウマのやりなおし
6.アファメーション
7.行動と思考の健全化
8.人間関係の健全化

引用元:西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

この流れなんです。まずは安全の確保。そこからしっかりと回復のプロセスを踏んでいくことで回復して成長を遂げていくのです。ですので、この具体的な方法を学びたい方は「西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット」でぜひ学んでみて下さい。

是非、この機会に「ナメられ体質」から脱出するための道へと入って下さい。悔しい思いをこれ以上する必要はありません。変わるのは自分です。自分が変わることが自分の幸せの道です。

あなたを育てるのは、あなた自身です。

よくも、私を今まで騙して、犠牲にして、踏み台にしてくれたね。

二度と、騙されないからね!

自分の弱さはもう自分で背負いなさい!

アダルトチルドレンの人はお人好しで優しい人が多いので、これくらいの気持ちを持っても良いと思います。人に問題を擦り付けることが平気で出来る狡賢い者から犠牲にされたようなものです。

抜け出して、離れてよいのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)