動物虐待する人は、「動物には一切の悪意がない」ということを知る必要がある。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
動物虐待する人は、「動物には一切の悪意がない」ということを知る必要がある。

他人の飼い猫招き寄せエアガンで 虐待容疑で書類送検:朝日新聞デジタル

このニュースを見て思ったことですが、自分が、猫に引っかかれるようなことをしておきながら、仕返しするためにエアガンで撃ったなんて、とんでもない考えです。動物には一切の悪意がない。問題は人間の未熟さにあります。

動物虐待する人は、「動物には一切の悪意がない」ということを知る必要がある。動物に対してイライラするのは間違いなく自分の未熟さであり「動物の所為にしている」のです。自分の敵と戦わない臆病さを、動物の所為にしているのです。動物虐待はもっと厳しく罰していくことも必要です。

<<下に続く>>

そして、動物虐待をしている人は、加害者でもあり、過去の被害者でもあるのです。だから、被害者性を吐き出し、癒されて回復していくことも必要です。

動物虐待をしてしまう…そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアルがあります。それが、虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】です。薬を使わない精神科医も推奨しているものです。動物虐待をしてしまう人も、虐待の連鎖を断ち切るために自己学習して下さい。

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)