動物虐待する人は、「動物には一切の悪意がない」ということを知る必要がある。

893 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
動物虐待する人は、「動物には一切の悪意がない」ということを知る必要がある。

他人の飼い猫招き寄せエアガンで 虐待容疑で書類送検:朝日新聞デジタル

このニュースを見て思ったことですが、自分が、猫に引っかかれるようなことをしておきながら、仕返しするためにエアガンで撃ったなんて、とんでもない考えです。動物には一切の悪意がない。問題は人間の未熟さにあります。

動物虐待する人は、「動物には一切の悪意がない」ということを知る必要がある。動物に対してイライラするのは間違いなく自分の未熟さであり「動物の所為にしている」のです。自分の敵と戦わない臆病さを、動物の所為にしているのです。動物虐待はもっと厳しく罰していくことも必要です。

<<下に続く>>

そして、動物虐待をしている人は、加害者でもあり、過去の被害者でもあるのです。だから、被害者性を吐き出し、癒されて回復していくことも必要です。

動物虐待をしてしまう…そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアルがあります。それが、虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】です。薬を使わない精神科医も推奨しているものです。動物虐待をしてしまう人も、虐待の連鎖を断ち切るために自己学習して下さい。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)