自分の感情がわからない…と思った時は心に響く歌を聴くことで自分の感情がわかることもある!

1418 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

自分の感情がわからない…と思った時は心に響く歌を聴くことで自分の感情がわかることもある!

森高千里さんの「SNOW AGAIN(歌詞)」をさっきユーチューブで見つけました。この歌のサビの部分を聴いて、昔に「なんとなく感じた温かい感情」が浮かんできたことを思い出した。この曲は1997年11月19日発売なので、僕が17歳になったばかりの頃だ。ずっと「自分が何なのかわからない状態」で生きていました。自分の感情は自分のものなのか。自分の考えは黒なのか白なのか。わけもわからないまま生きていたころ、子供のころ、この歌を聴いたとき一瞬だけ「なんとなく感じた温かい感情」は「本当の自分の感情だった」のだと今なら思います。

自分の感情を徹底して封じ込められていくと、自分の感情がわからなくなります。そして、本当の自分の感情は必死に浮上してこようとしますが、家族からの圧力や、家族に負けた自分自身によって蓋をしてしまうことで、さらに心の奥に封じ込められていきます。心の奥は潜在意識(無意識)のことです。

歌というのは不思議なもので、そんな封じ込められた暗闇の底の本当の感情に光を届かせてくれる時もあるのです。きっと、それは、その歌を作った人の魂がこもった歌の力が心の底に光を当ててくれることで1本の光の道筋となり、心の奥底の本当の自分の感情が浮上するための道しるべのような働きをしてくれるから、一瞬でも浮上してくるのだと思います。

そして、そんな本当の自分の感情は、自分が迷いなく「これは自分の感情だ」と確信的に思えるものです。なので、「自分の感情がわからない…」と思った時は心に響く歌を聴くことで自分の感情がわかることもあるので昔の歌を聴いてみると「自分の感情はこれだ!」とわかるかもしれませんので試してみて下さい。

僕が育った環境では本当の自分の感情など感じれないような環境でした。ですので、この記事で書いたような「なんとなく感じた温かい感情」はとても貴重な瞬間だったのです。そして、この後も自分の感情は何なのかわからないまま投げやりに生きていました。それまで数年間、「絶対に俺は薬物はやらない」と、薬物の誘いを断ってきたけど、ちょうどこの頃、心が壊れて限界になって自分がやらないと決めていたシンナーをやろうと、自分を裏切ったのです。

もう、自分なんか壊れてしまえ。きっと、そんな思いだったのだと思います。僕のことを扱う家族のように、僕も、自分自身を壊してしまえばいいんだと。その頃、シンナーを吸う目的は「幻覚世界を堪能し、徹底して現実逃避をする」ことでした。三度の飯より幻覚世界。彼女と一緒に、毎日幻覚世界に入りびたりの廃人生活でした。

<<下に続く>>

その時によく聴いていたのが「明日もし君が壊れても – WANDS歌詞)」です。

シンナー漬けの幻覚世界への現実逃避の毎日の中、歌詞にあるような感じで、一日中、朝が来るのを待っていました。あの時は、夜眠るのが怖かったんです。朝、朝日が昇ってくると何となく心が安心する気がする。だから、夜中はずっと起きていた。そして、朝寝て、午後に起きる。そして悪さをして、暴走族の集会に行って、シンナーで幻覚世界への逃避。自分の居場所がなかったのです。

本当の自分をこれでもかというほど徹底して封じ込められて、どうすることも出来ないまま自分でも自分も裏切っていたのです。そして、幻覚世界への逃避生活。そんな頃、やっていた悪さによって朝、刑事が来てそのまま留置されて、鑑別所、少年院、少年院逃走、逃走生活、移送、出院、人と関わることが嫌いになる、その後、長い時間を経て、少しずつ、自分の感情がわかってくる。という感じで、自分の感情を取り戻していっています。このような問題は生涯かけて続くものです。

この記事で言いたいことは、「自分の感情がわからない…」と思った時は心に響く歌を聴くことで自分の感情がわかることもあるので、そういったことを通して自分の感情を1つ1つ掴むことが大事だということ。繰り返しになりますけど、本当の自分の感情は、自分が迷いなく「これは自分の感情だ」と確信的に思えるものです。そんな確信的に思える感情を1つ1つ掴んで絶対に放さないこと。自分で自分に「もう見捨てないからね」と言ってあげると良いです。

過去に、どんなにつらくても、子供であっても、自分で自分を見捨てたのは自分です。過去に置き去りにしたのも自分です。だからこそ、自分で自分を取り戻す必要があるのです。自分が心の中の自分の親になって自分を掴むのです。そのことは2015/02/01 に以下の音声でお伝えしたことです。

自分の感情がわからない…と思った時に大切だと僕が思うことをお伝えしました。自分を置き去りにするのも自分。自分を取り戻すのも自分です。本当の自分の感情を感じるために役立つ教材は「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)