コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!
あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!

大丈夫。あなたはたくさん頑張ってきた。ゆっくり歩いていこう。「パニック発作」が起こった時の対処法

大丈夫。あなたはたくさん頑張ってきた。ゆっくり歩いていこう。「パニック発作」が起こった時の対処法

大丈夫。

あなたは、たくさん頑張ってきた。

ちゃんと、わかっているよ。

意味がないことなんかない。

ちゃんと、意味があったんだよ。

無価値なんかじゃない。

ちゃんと、価値があったんだよ。

大丈夫。 

ゆっくり、1歩ずつ歩いていこう。

必ず、道は開かれていくよ。



言葉にはすごい力がある

苦しくて苦しくて、まだ足りない。そう焦っている時に、この言葉を自分に伝えてあげてみて下さい。この言葉は私が自分の苦しさを誰にも言えず、人知れずパニック発作が起きている時期に、そのことを知られないようにして、自分にかけた言葉です。この言葉で私は落ち着きました。言葉にはすごい力があります。

誰にも言えなかったパニック発作

私は、パニック発作が起きた時に、そのことを知られたら「もう終わりだ…死ぬしかない…」そう思いました。もしも、心療内科に行ったらすべてが終わる。自分の存在は消えてしまう。そういう思いから、誰にも言えず1人でパニック発作が起こったときに苦しんでいました。突然、車の運転中に発作が起きそうになったりして車を止めて1時間くらい休んでいたり。家族のところにいても発作が起きそうになったらばれない様にその場から立ち去ったり。

多くの人はパニック発作が起きたり辛いことがあれば家族に言ったりできるのだと思いますが私の家庭はそうではなく、もしもそんなことがあったらすべてが終わるかのような空気でした。

1人で発作が起きそうになって水をかぶったり、冷たいシャワーに入ったり、それでも落ち着かなくて、いっそもう死んでしまおうかと思ったこともありました。

私は自分を自分で追い詰めていたのです。だから、自分が自分を理解してあげることが大切なんです。

自分への虐待をしていませんか?

「自分はもう死ぬんじゃないか」「気が狂ってしまいそう」と苦しかったです。そんな時に苦しみながら上に書いた言葉を自分にかけ続けたんです。私は、過去の親の言葉を受け取り、その言葉で自分を自分で苦しめていたのです。「お前はダメな奴だ」「お前はまだまだ足りない」「お前はゴミだ」「お前は生きている価値もない」「お前は呼吸もするな」「お前は完璧にならない限りどんな道も残されていない」と。

これは「虐待」です。自分が自分を虐待しているのです。そう、私は「虐待者」だった。だから自分を虐待していたのになんてことないことだと思い込んでいたのです。

パニック発作は再認識を促してくれている

以下の記事でお伝えしたことを覚えているだろうか。

発作や震えが酷いのなら戦うことが大切。パニック発作は再認識のためのメッセージとして無意識のうちに発作を起こしていると考えられます。理由も分からず震えていた左手の震えが収まった話。

パニック発作は無意識(潜在意識)が意識(顕在意識)に、安全のため、生存のために、あなたに発作を起こして、回避、または、解決できるように、再認識のためのメッセージとして発作を起こしていると考えられます。

つまり、「再認識能力」を上げることもパニック改善に効果的だということです。

<<下に続く>>

引用元:http://bright-ms.net/?p=5231

そう、あの死ぬかもしれないと思うパニック発作は、自分の生存のために発作を起こすことで解決のための再認識を促してくれているということ。つまり、私の場合は、「もう、虐待者である必要はないよ!」と教えてくれていたのです。

自分を自分で虐待する必要はない。

自分を「クズ」「出来損ない」と思うのは今すぐにやめたほうがいい。それ自体が「虐待」なのです。自分を自分で虐待する必要はない。虐待者の価値観を背負う必要はない。今すぐに自分に「今まで無視して傷つけて本当にごめん。そして、今までずっと側にいてくれて本当にありがとう。」と伝える大切さ。

意識を自分の呼吸に向ける

パニック発作が起きた時は、意識を自分の呼吸に向けることが大切です。ゆっくり呼吸をするのです。タオルを口に当てて呼吸をすると落ち着きやすいです。私の場合は、数十分から1時間くらいで発作が収まっていました。この時にあまたに浮かんでいる過去の記憶や不安や恐怖を意識するとますます悪化します。

この時こそ、意識を過去の記憶や不安や恐怖ではなく「今」この瞬間に向けることが効果的です。「今」の代表は「呼吸」です。だから呼吸に意識を向けて集中すると落ち着いてくるのです。

逃げれる場所なら逃げること

外で発作が起きそうになった時は、逃げれる場所なら逃げることが大切です。逃げれない場所に行くときは発作が起きなさそうな状態の良い時に行くようにしていけばよいと思います。

自分に厳しすぎではないか

パニック発作を起こす人は、自分に厳しすぎだったりします。完璧でなければいけない。もっとやらなくてはいけない。とか。だから、ちゃんと自分で自分を認めてあげることも大切です。

発作を起こしている人が周りにいたら以下のような言葉をかけてあげると効果的です。心を穏やかに落ち着かせて上げれるような「言葉」をかけてあげると良いと思います。

大丈夫。

あなたは、たくさん頑張ってきた。

ちゃんと、わかっているよ。

意味がないことなんかない。

ちゃんと、意味があったんだよ。

無価値なんかじゃない。

ちゃんと、価値があったんだよ。

大丈夫。 

ゆっくり、1歩ずつ歩いていこう。

必ず、道は開かれていくよ。

涙を流すこと

私が、実査にパニック発作で苦しんだときに効果的だと感じたことは「涙を流すこと」でした。パニック発作で苦しんだときはものすごい「ストレス」がありました。「涙を流すこと」は「ストレス発散効果」があります。科学的根拠もあります。

この泣くことによるストレス解消や疲労回復への効果は、科学的に解明されています。

涙を流すことで副交感神経が優位になり、さらに興奮して号泣すると、血中のストレスホルモンがどんどんと減少していくというのです。

引用元:泣くことによるストレス解消や疲労回復効果 / 科学的に解明

もう、お分かりだと思います。パニック発作時は交感神経が過剰に働いています。 つまり?そう、泣くことで副交感神経が優位になるからパニック発作に泣くことも効果的だということです。

つまり、苦しいパニック発作を通して「大切なことに気づくチャンス」なのです。私はパニック発作を通して如何に自分が愚かで虐待者だったのかに気づけたことがあります。

涙のパワーは凄い力があります。思いっきり泣いて涙を流してください!

あなたの涙が、あなたを楽にしてくれます。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

あなたを救うことが出来るのは、
あなた自身です。

あなたが自分の「」になり、
自分がしてほしかったことを
あなた自身にしてあげるのです。

自分の「」になるということ
それは「本当の自分」を取り戻すということ。

1歩ずつ、日々、歩いていきましょう。

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)