青空のような心を持っていたけど「スケープゴート」をされ続けて居場所を失っていた少年

162 views
約 6 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
青空のような心を持っていたけど「スケープゴート」をされ続けて居場所を失っていた少年

スケープゴート問題はとても複雑で難しい問題です。青空のような心を持っていたけど「スケープゴート」をされ続けて居場所を失っていた少年が大事故を起こし命は助かったけど、今度は逮捕されてしまった。根は素直でとてもいい子だった。どうしても伝えておきたいことがあるから手紙を出してみます。

(https://twitter.com/s_monster369/status/1091870792252502018)にある、「邪悪な思考や感情を投影によって解消(精神分析理論)」しようとするのがスケープゴーティング。つまり、周りの「煩悩まみれ」の者たちが身代わりを作り出す。それが「スケープゴートされる人」なのです。みんなの罪を1人(スケープゴート)が背負っている。

つまり、逆を言えば「健全な家族」または「健全な環境」から「犯罪者が出ることは基本的にない」のです。6人家族で5人が煩悩まみれだと1人が「悪役」にされて「無数の悪い暗示」をかけられてマインドコントロール状態になるのです。マインドコントロール、これは専門家も言っていること。

なので、非行に走った少年少女の多くはマインドコントロール状態にあるのです。「煩悩まみれ」の者がマインドコントロールをしていることを僕はよく知っている。だから、逮捕されて矯正教育を受けるということはマインドコントロールを解く大チャンス。僕も手紙を使って陰ながら協力しよう。

スケープゴートされる「悪役」以外が、犯罪行為を隠していることがあります。自分たちの悪事を隠しつつ1人の人間をスケープゴートする。我々は、この「汚さ」に光を照らしていかないといけないと思う。スケープゴートされた者たちの成長が「照らす光」となります。そしてその兆候は既に出てきている。

だから、スケープゴートをしている側は、必死に我々の邪魔をしてきた。ありもしない「嘘」や「事実の歪曲」を駆使し、我々の印象が悪くなるように細工する「名誉毀損」という悪質な犯罪をしてまで邪魔してきた者もいる。その証拠画像を次でお見せします。

 

これが証拠画像です。裁判の判決正本です。「虚偽の告白を行い」「印象を与え」「社会的評価を低下させた」と「事実」が書かれています。この「事実」が、必死に邪魔をしてきたストーカーが実在したことの証拠です。手口も明らかにされました。

<<下に続く>>

これが、インターネット上で巧妙な嫌がらせを行う者が使う手口のごく一部。
「虚偽の告白を行い」
「印象を与え」
「社会的評価を低下させた」
つまり、閲覧者が騙されるほどレベルの高い「嘘」や「事実の歪曲」を「繰り返し」て、閲覧者を騙し、信じ込ませて、悪い印象を作り出す「印象操作」です。

「虚偽の告白を行い」という「印象操作」をした部分も、「特定」され、明らかになったのです。言い逃れの出来ない事実です。こういった隠れ犯罪者は立派な犯罪者です。名誉毀損罪という立派な罪です。こういった者がのさばり、不器用な者が逮捕されている。つまり真の悪人ほど、娑婆にいるのです。

勿論、騙されようが、マインドコントロールされようが「やったこと」は「本人の責任」です。しっかり罪を償わないといけません。だけど納得を起こすために「自分を騙した者」を明らかにすることが、本当の自分を救うことなのです。「特定」して「明確」にしていくことがスケープゴートされた者に必要。

もしも、この時の残党が、陰で僕らの話題に触れていたら、この手口を思い出せばよいでしょう。僕はこれにとある臨床心理士も絡んでいると見ています。あくまでも可能性ですが。もしも絡んでいるならば、臨床心理士、倫理違反どころの騒ぎじゃない。狂っている、異常、と言ってよいレベルです。

もう、この手口を駆使する時代は終わりです。流れが変わってきていることはみればわかります。この手口を使っている側は廃れてきて、逆に騙されていた側が伸び始めている。少しずつ、ゆっくり、逆転してきているのです。本当の卑怯者の時代の終焉は近づいています。何故なら、みんな成長しているから。

僕は、このような「事実」を発している。しかし、アレはどうか、1つの「事実」も無しに、固有名詞なしで悪人、悪魔、嘘つき、などと騒いでいますよね。フォロワーさんの頭に「嘘」を刷り込むために流しているとしか思えませんね。あのやり方は。なんせ「事実」が1つもないのだから…。

僕は、スケープゴートのまわりにある汚すぎる手口がわかる。だから非行に走らざるを得なくなったのかもわかる部分もある。だからその部分はどうしても教えてあげたい。その上で、そこからの道は本人の選択です。突き進むか、引き返すか。その貴重な「選択」が出来る場所が、少年院や少年刑務所です。

長い時間、拘束されるのですから、大チャンスです。少年院は素晴らしいシステムで、マインドコントロールが解けやすくなっています。とても良い環境なので、中にいる間に、スケープゴートの理解を深めると良いのです。被害者性に向き合ってから、そこから真の反省です。

「サヨナラ・モンスター」の仕組みを、手紙に入れて、数か月で大きな「気づき」が起こるようにしたいと考えている。そして、自分を救い出し、取り戻し、反省し、人の痛みをもう1度知れる心に戻れるよう、勇気づけが出来ればよいなと思っている。

非行に走る少年少女が、人の痛みがわからなくなり他人を平気で傷つけるようになるのは「自分の深い傷」に気がついていないからです。気づいたら心が壊れるかもしれないほどの何かを抱えている。だから麻痺させて防衛している。そして自分を傷つけ、他人を傷つけ、無意識で「再現」し続けているのです。

社会への「反発(反社会的な力)」も、「過去の深い傷」の「再現」です。「過去の深い傷」が「集合体」になっているのが「反社会的勢力」です。だからとても強力な力となっている。止まるには「傷」が癒えていくしかない。小さくても大きくても「傷の再現(無意識)」だから。だから難しすぎる。この傷に気がついていないから、似たような者を引っ掛けていくようになる。

これから手紙を出していこうと思っている少年の「〇〇〇〇〇」ときを僕は知っている。(過去に聞いたことを覚えている)この部分に蓄積している未処理未消化の感情を見つけ出して開放するということは、どうしても必要な部分です。一番重要な「滞り」の部分なので。この「滞り」を解きほぐせばよい。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)