ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

【注意喚起】ゴールデンウィーク明けの自殺者増加!幸せの基準を一度リセットしろ!

未分類(仕分け前)

【注意喚起】ゴールデンウィーク明けの自殺者増加!幸せの基準を一度リセットしろ!

※この文章には一部の人が不快に感じるかもしれない表現を含みますので予めご了承ください。

菅原です。

ゴールデンウイーク明けに、
「自殺者が増える」と言われています。

これは、要は、
「ゴールデンウイーク明けの『何か』が、
死ぬほど嫌だから」です。

殆ど人のゴールデンウィーク明けに待っていることは、
「学校」や「仕事」ですよね。

「学校」や「仕事」など、
「何か」が嫌だから…、だから自殺をしてしまう。

つまり、その、
死ぬほど嫌だと感じている、
「学校」や「仕事」が無ければ、
死なない可能性も高くなると思います。

これは「囚われすぎ」なのです。
囚われた結果、視野が狭くなり、
「自殺」へと追い詰められていくのです。

それ以外の問題解決方法はいくらでもある。
だけどそれ以外がわからない。囚われているからです。

つまり「思い込み」です。
「思い込み」によって「自殺」している人もいるということ。

極端に言えば、「ホームレスを楽しめ!」ってこと。
人生、生きているだけで幸せ、手足があるだけで幸せ、
呼吸できるだけで幸せ、目が見えるだけで幸せ。

こういった「幸せの基準」を一度リセットすることをおすすめします。
ゴールデンウィーク中は、他所様の家庭を鱈腹見ます。
良い車に乗っている人、お金をいっぱい持っている人、
人生を楽しんでいる人、素敵なパートナーと幸せそうにしている人、
色々なものを見聞きして、「比較」をして、わざわざ「絶望」するのです。

「隣の芝生は青く見える」わけです。
そして、隣の芝生を見て絶望し、希望を捨てるのです。
希望が無くなれば、心の中に「死」が寄り付いてきます。
そして、死への世界へと手招きされて、絶望の淵で彷徨いながら、
囚われ過ぎによって、最後の決断をしてしまう人もいる。

それらは、「思い込み」であり、「囚われ」なのです。
囚われは、時に、人を殺します。

だから、僕は、
「幸せの基準を一度リセットしろ!」とお伝えします。

例えば「夢の国」で遊びまくって、
たっぷり「洗脳」されるとします。
心の中は、煩悩まみれになる誘惑によって悶々としています。
その洗脳を自分で解いて現実に戻るために、
「幸せの基準を一度リセットしろ!」とお伝えしておきます。

幸せの基準をリセットするのは簡単です。
先ほどお伝えしたように、

──────────────────────────
極端に言えば、「ホームレスを楽しめ!」ってこと。
人生、生きているだけで幸せ、手足があるだけで幸せ、
呼吸できるだけで幸せ、目が見えるだけで幸せ。
──────────────────────────

これを思考し、しっかり感じれば良いだけです。
今、のたうち回るほどの激痛がありますか?
殆どの人は無いでしょう。

のたうち回るだけの激痛がある人からすると、
その激痛がないだけで感極まって泣いてしまうくらい幸せなことなのです。

こういったことを思考し、感じれば自然とリセットされます。
この「幸せの基準を一度リセットする」ことをして、
その上で、「ゴールデンウイーク明けの『何か』が、
死ぬほど嫌」なのであれば、それを変える努力をすれば良いのです。

僕は学校に行っていません。
嫌だから行かなかった。

中学の先生が生徒指導室で
悪いことをしてしまった女子生徒に性器を露出し、
そういった先生が守られるような腐った環境。

子供の僕は、そんなところで学ぶ魅力など微塵も感じなかった。
子供の弱みに付け込んで性器を露出して喜ぶ変態に、
中学生だった僕は何を学ぶのか。

学ぶものがあったとしたら、
「腐った大人の在り方」くらいかな。
人それぞれ違いますが、
僕の場合は学校に行かない選択をして良かったと思っています。

自分に嫌なことを押し付けるのは
「自分への嫌がらせ」ですから。

自分で自分に精神的な嫌がらせをして何になるのか。
嫌なものからは離れればよいのです。
離れて「本当の自分」が望んでいるもの、そこへ向かっていけば良いのです。

つまり、「自殺」は、
「本当の自分からかけ離れすぎているから起こる」のです。

日本経済新聞さんの記事によると、
2018年の日本の未成年の自殺者は増加していたとのこと。
→ 自殺者18年は2万人、減少続く、未成年は増加  :日本経済新聞

まだ思考も判断力もしっかり育っていない子供たちが「生きることに絶望する」のは、
それだけ、「大人の背中が腐っているから」とも言えます。

日本人の大人の一部の心は根腐れ起こしています。
その根っこから変えるために動いている人たちもいっぱいいるでしょう。

約16年以上もの「膿」を出さなくてはならないのです。
その「膿」を放置したままだと日本の未来は暗いのです。

それはそういった活動をしている人に任せておけばよおいのです。
僕ら凡人は、自分の心を守って、大切にして生きていけば良いのです。

「自分への嫌がらせ」をしないで、
「本当の自分の感情」を取り戻していけば良いのです。

先ほど、僕の考えとして、
「自殺」は、
「本当の自分からかけ離れすぎているから起こる」と書きました。

つまり、「幸せの基準を一度リセット」して、
本当の自分を取り戻して、いけば良いのです。

本当の自分を生きているのなら、自殺をすることはまずないでしょう。
僕自身、自殺を考えたことはあります。

自殺を考えるようになるまで、長い年月がかかっています。
長い年月を経て自殺を考えるようになったので、
それには、とても根深い心の問題がありました。

すぐに消すことなんて無理です。
1つ1つ丁寧に紐解いていくしかありません。

それを、「サヨナラ・モンスター」という、
販売している教材の方法で、消していったのです。

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
→ https://sayonara-monster.com/

本当の自分を取り戻していくには、
時間がかかってしまうものです。

だけど、「幸せの基準を一度リセットする」ことは、
今すぐに出来ることです。

──────────────────────────
極端に言えば、「ホームレスを楽しめ!」ってこと。
人生、生きているだけで幸せ、手足があるだけで幸せ、
呼吸できるだけで幸せ、目が見えるだけで幸せ。
──────────────────────────

リセットして、自分の身の回りにある、
まだ気づいていないたくさんの「幸せ」にフォーカスるするようにすれば良いのです。

それが「出来ない」というのは、
それはもう、その人自身が「出来ないようにしている」ということです。
つまり、「幸せの基準をリセットしたくない」ということ。
それは本人が決めていることですから、自由にすれば良いのです。

今回の文章でお伝えしたいことは、
幸せの基準がズレたまま生きていると苦しく感じることが増えて、
最悪自殺を考えるようになる人もいる。
それは、小さな心の世界に心が囚われれいるから。
だから一度幸せの基準をリセットすることをお勧めするということ。

つまり、「切り替え」をしっかりしておくことが大事だということです。

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
未分類(仕分け前)
菅原隆志をフォローする
幸せの種「気づき」

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました