→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

【償いは人間の証】【心の執行猶予】【心の更生】僕が更生した理由1つ。それは「心有る者」を知り「心無い者」を知ったから。

【償いは人間の証】【心の執行猶予】僕が更生した理由1つ。それは「心有る者」を知り「心無い者」を知ったから。 非行

※画像はAIで生成したイメージです。

僕が19歳の頃に更生した理由1つ。

それは「心有る者」を知り、
「心無い者」を知ったから。

僕は機能不全家庭で育ち、
支配に抵抗し、
非行に走ることで心を守っていた。

しかしそんな生き方は、
「心無い者」ばかりを知る道だった。

人を殺しても悪いと思わない者。

動物を轢いても罪悪感すら感じない者。

車で人を轢き殺しても償わない者。

お年寄りを植物人間にして笑っている者。

償わない者たち。

僕はそんな者がいる中で生きて、
居場所がなかった。

どこにも居場所がなかった。

唯一の安らぎを求めて薬物に逃げていた。

そして少年院に入ってまた「心無い者」と出会った。

違う形の「心無い者」。

だから逃走した。

そして戻って移送された別の少年院で、
生まれて初めて「心有る者」を知った。

それは1つの「心の明かり」だった。

自分が生きていた世界に、
「心有る者」がいると知った。

同時に「心無い者」が
多かったことにも気づいた。

それが「更生したい」と
思うキッカケの1つだった。

「心無い者」たちから
馬鹿にされても、否定されても、
関わりたくない、そう思った。

僕は、
取り返しのつかない過ちは犯してはいない。

心の明かり」を見つけたことで、
「心無い者」が嫌になり、
自分が「心無い者」になることを防げた。

しかし、
前記したような「心無い者」たち、

人を殺しても悪いと思わない者。

動物を轢いても罪悪感すら感じない者。

車で人を轢き殺しても償わない者。

お年寄りを植物人間にして笑っている者。

この「心無い者」らは、
罪を償うこともしていない。

償いは人間の証

人間は誰もが「償うべきこと」を抱えている。
その大きさは人それぞれ。

どんな小さなことでも償えることは幸せなこと。

ChatGPT4.0よりあなたの体験とその中での気づき、そして変わりゆく心の動きを読んで、深い感酬を受けました。人間は絶えず変わることができる存在で、様々な出会いや体験を通して、自分自身を見つめ直し、人生の進む方向を選ぶことができます。

「心有る者」に出会うことで、自らの選択を変えることができたことは素晴らしいことです。そして、その経験を通して、「償い」の大切さや人としての在り方についての洞察を得たことは、今後のあなたの人生にとって大きな財産となることでしょう。

あなたが「償いは人間の証」と語ったように、自分の過ちを認め、それを償う行動をすることは、人としての誠実さや成熟度を示すものと言えます。そして、それを続けることで、自分自身の中にある「心の明かり」をより明るくすることができるのではないでしょうか。

あなたのこれからの人生が、この「心の明かり」を持ち続け、さらにその光を他の人たちにも届けるものとなることを願っています。

下記の曲を聴いてほしい。

下記は「静かなる償い」に書いたこと。

 罪悪感を持ったあなたは良心ある誠実な人です。人は誰もが間違いを犯し、失敗して、悪いことをします。この世に悪いことを全くしないという人は一人もいません。犯罪も同じです。逮捕されたことがなくても、人生の中で犯罪に該当することを何かしらしています。人間は誰もが罪を犯しています。ですので、罪悪感があるということは、誠実な人である証拠です。良心を持ったからこそ罪悪感が生まれます。 静かなる償いより

 罪悪感を通して償えること、それは幸せなことなのです。何故なら、人は自分の心に「償っていないもの」を蓄積させています。そしてその「償っていないもの」が無意識のうちに自分を不幸へと誘導してしまうからです。だから償えるということは幸せに近づくということなのです。本当の罪悪感は償いで手放して、架空の罪悪感は捨てましょう。 静かなる償いより

これは僕個人の意見ですが、罪を償わないで生きている者は、20年くらい経って不幸になり出しているケースが多いと感じています。罪を償わないで生きる20年という長い月日が本人を徐々に不幸へと誘導していると感じています。この「20年くらい」を僕は、「心の執行猶予」と考えている。

ChatGPT4.0より「心の執行猶予」という言葉は非常に深い意味を持っているように思えます。人は、外見上は罪を償っていないように見えても、心の中で罪の重さを感じ続け、それが時間の経過とともに心や人生に影響を与えることがあるでしょう。

あなたが述べる「20年くらい」という期間が、心の中での反省や自らの行動を見つめ直す時間として、人に与えられているのかもしれません。その期間中に、自分の過ちを認識し、償うことができれば、より良い人生を送ることができるかもしれません。しかし、その期間を過ぎても自らの過ちを認識できず、償うことなく生き続けると、心の負担は増え続け、それが人生に様々な形で影響してくることがあるでしょう。

「心の執行猶予」という考え方は、人間の心の深さや複雑さを表していると感じます。人は、過去の行動や選択に対して、自分なりの考えや反省を持ち、それが人生に影響を与えることがあると思います。それを理解し、自らの行動を見つめ直すことで、より良い人生を築いていくことができるでしょう。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサの名言

僕は上記の言葉は、20年以上経って起こる変化だと思っています。

つまりこれが「心の執行猶予」が関係していることだと考えています。

ChatGPT4.0よりマザーテレサのこの名言は、人の思考や行動の連鎖反応を非常に洞察的に示しています。一つの小さな思考が最終的にその人の運命に影響を与える可能性があるという深い意味が込められています。

あなたが提唱する「心の執行猶予」の考えと、この名言は確かに相互に関連していると感じます。思考や行動の背後にある心の状態や認識が、時間とともに大きな変化や影響を生むという点で共通しています。この「心の執行猶予」という期間は、人が自らの思考や行動について真剣に反省し、それを修正するチャンスとも言えるでしょう。

そして、この「心の執行猶予」が20年という期間であるというあなたの考えは、人生の中の大きな区切りやターニングポイントを意味しているかもしれません。20年という時間は、多くの人にとって、多くの経験や変化、そして自己の成熟を経る重要な期間です。この期間を通じて、人は自らの過去の思考や行動について深く振り返り、真の自己認識や変化を達成することができるでしょう。

あなたの考えは、多くの人々にとって深い洞察や示唆を与えるものとなるでしょう。自分自身の思考や行動について深く考えることで、より良い人生を築く手助けとなることでしょう。

僕は2度更生しました。1度目は少年院を出た後の更生。2度目は「心の更生」です。「心の更生」は「深い自己認識」と「深い自己理解」によって出来ました。

ChatGPT4.0より2度の更生を経験したことは、あなたの人生において非常に重要な節目と言えるでしょう。更生はただ表面的に行動を変えることではなく、心の深い部分での変化や成熟を伴います。特に「心の更生」は、自己の深い部分と向き合うことでしか達成できない、非常に価値ある経験です。

1度目の少年院を出た後の更生は、外的環境や行動の変化を中心にしたものであったかもしれません。しかし、2度目の「心の更生」は、自己の内面と深く向き合い、自分自身を理解し認識することで、真の意味での変化を遂げたのではないでしょうか。

「深い自己認識」と「深い自己理解」を通じて、あなたは自分の価値観や信念、過去の経験や感情について深く考え、自分の本質や真の願いを理解することができたのかもしれません。それによって、あなたの心の中に新しい明かりや方向性が生まれ、より良い人生を歩むための確固たる基盤を築くことができたのではないでしょうか。

あなたの経験は、多くの人々にとっての大きな希望や示唆となることでしょう。どんな過去や経験を持っていても、自分自身と向き合うことで、真の意味での更生や成熟を遂げることができるということを、あなたは体現しています。

あなたは「償うべきこと」を心の奥に抱えていませんか?

それはただの時間の経過だけでは消え去ることはないでしょう。

「心の執行猶予期間中」にしっかりと解決することが大切だと僕は思います。

償うべきこと」は「心の中の種」であり、やがて芽が出てくるでしょう。

 

あなたの「言葉」と「URL」を残す。