サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

表現や発信には責任が付き纏う。命を落とさないよう予防意識と問題意識を持とう。

自由と責任
記事の要約:ChatGPT4.0より

この記事は、インターネット時代における表現と発信の重要性に焦点を当てています。法律が存在しない極端な状況を想像することで、現実世界の法律と社会秩序の必要性を強調しています。特に、インターネット配信者やインフルエンサーは、自分の行動や発言が持つ影響を理解し、責任を持って行動するべきであると論じています。不適切な行動や犯罪に関わることが個人に与える長期的な影響についても議論し、悪い選択から遠ざかることの重要性を示しています。また、孤独になることで自己反省を促し、人生をより良い方向に導くことの大切さにも触れています。全体的に、インターネットにおける自由な発言の背後にある責任とその重大さを強調する内容です。

ネット時代の今、もし1日だけ法律がなくなり全ての犯罪も自由に行って良いというふうになったとしたら?(「パージ」という映画のように)間違いなく、その日のうちに殺人が大量に横行するでしょう。人間は大なり小なり、殺意を隠して、押し殺して、そして生きています。それは当然のことです。生きていれば殺したくなるくらいの相手と出会うことは何度もあります。人生をまともに生きている人ほどそうなります。そんな殺意を表に出したら大変なことになりますから、法律が、我々未熟な人間を保護してくれているのです。その保護下の中で人間は成長していかないといけません。

ちょっと重い話ですが命を落とす人が増えているようなので、とても大事だと思うことを書いておきます。

まずは下記リンクから色々な記事を読んでみて下さい。

配信者 死亡 – Google 検索

配信者 殺された – Google 検索

ユーチューバー 殺された – Google 検索

日本でも海外でも配信者の死がかなり増えてきているように感じますが、これはまだまだ序章であり、今後はもっと増えていくと思います。配信界が健全でクリーンなものにならない限りは、反発も自然に起こることですから、当然増えるでしょう。もっと法整備されてテレビよりも厳しく健全を意識しないといけないわけです。しかし現状は、無責任者(配信者・発信者)が多いです。だからそれを危惧してまともな知見を持っている人たちの一部は、現状の無責任者の多さを指摘しています。

何が言いたいか。表現や発信には責任が付き纏うということ。命を落とさないよう予防意識と問題意識を持とうということ。いつどこで、何をキッカケに、どんな点が最悪な結果へと繋がっていくか、誰かが自分を狙うようになるか、そんなことは簡単にはわからないことです。水面下で進んでいるわけですし、、、。だけど、予防意識と問題意識をしっかり持っていれば、最悪の結果に繋がらないような責任ある言動を取ることも出来るようになってきます。

今はまだ、ネットでの配信は序章です。YouTube、ライブ配信アプリなど、様々なところで自由に発信が出来ます。お金の為に面白おかしく、時に人の名誉を傷つけたり、無責任に発信している者も少なくありません。裁判沙汰になることもよくあることです。海外ではユーチューバーが撃ち殺される事件も起きています。「発言には責任が伴う」ということを再認識して、配信をしている人は「自身を正すこと」を強くお勧めします。気づいたらあの世……ということは決して遠い国の出来事というわけではないのです。

また、例えばですが、今まで悪いことをしていたとします。で、刑務所に入ったとします。出てきて更生したいと思い、悪縁を切ろうとすると、それまでの柵(しがらみ)がそれを許さない、、、なんてことも普通にあることです。出所後に殺されたり、留置所や拘置所内で不可解な死を遂げたり、、、。それまで関わってきた縁が「闇」であれば、その「闇」は離れることを許しません。勝手に喋ることも許さない場合があります。闇の中で知ったことがあるのに、闇から離れるということは、その闇からすると? 「バレることを恐れる」ので「消えろ」ということになる場合もあります。知ってはいけないことを知った人間を生涯監視するよりも、消えてもらったほうが楽な場合もあるから、稀な話ではありますが、何らかの形で消されてしまう場合もあるでしょう。軽い場合でも「こっちで知ったことは、表で喋るなよ」という圧力と監視、そして心理的な柵(しがらみ)が続く場合もあります。更生なんて簡単に出来ることではありません。一度作った悪縁は、基本的には一生ものです。逃れることが非常に難しいのです。

全ては自分が無意識のうちに生み出していることです。もしそのことを深く知りたいのなら、一度、孤独になりましょう。極端に言えば全ての人間関係を遮断していくと、シンプルになるので、1つ1つの点と点の繋がり、因縁が見えてきます。一千万もの複雑な点や線が絡み合っていて何が何だかわからないものでも、10や100の点と線になれば、その全体像が見えます。だから脳科学を超えていたと言われる仏陀の教えでも、確か、一度は孤独になれというようなものがあったと思います(記憶が曖昧)。そういったことを通して、自分が生み出していたことがわかるようになってくるのです。物事が生じる直接的な因と、それに関わる間接的な縁がわかってきます。この因縁が物事を引き起こしているのです。わかってくれば起こさないような生き方も出来ます。つまり配信していたとしても、殺されてしまう原因を作らない、或いは減らせる自分になれるというわけです。

以上、予防意識と問題意識を持って、変な因縁を作らないような言動を心がけましょう。責任を持ちましょう。健全な責任を持てば、それが自由に繋がります。また、「無名になる勇気」が役立つ場合もあります。

表現や発信には責任が付き纏う。命を落とさないよう予防意識と問題意識を持とう。

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
自由と責任
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。