→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

間も無く第三次世界大戦か!?第5章突入か!?

間も無く第三次世界大戦か!?

第5章突入か!?

「第3次世界大戦まであと一歩であることは明らか」「それは誰も望まないだろう」…プーチン氏演説 : 読売新聞

「侵攻受ければ軍事的支援を提供」 ロシアと北朝鮮の条約、全文公開:朝日新聞デジタル

ロシア・北朝鮮・イランが「新・悪の枢軸」連携を形成、中国は距離を置きつつ経済で支え ウクライナ侵略から2年 – 産経ニュース

ロシア、北朝鮮、イラン、そして中国が軍事的な協力関係を深めています。

世界の縮小版であった暴走族も抗争の前にしっかりと連携を形成した状態(連合等)で喧嘩しますので、世界もこういて連携を形成していき、固めて、そして実行するのだと思います。現在の国際情勢における緊張の高まりを考えると、戦争が起きるリスクはかなり高いと考えられます。

第三次世界大戦勃発がますます現実味を帯びてきて、あと数ヶ月で開始されるという声などもありますね。これはChatGPTの考察通り、第5章くらいだと僕は思います。

Screenshot

僕は個人的に、戦争が起きても起きなくてもどっちでもいいです(気持ちとしては起きてほしくないけど)。不謹慎と思われるかもしれませんが、人間の世界は一度壊れるべきではないかな?と思う部分もあります。一部の人間は間違っているくせに、間違っていることを認めず、かつ正当化までしますよね。例えば下記の記事、、、

【ストレスを与えないで!】猫が急に走り回り、異常に体を舐め、噛み、背中がピクピク動いて落ち着きがなくなる状態:猫の知覚過敏症候群(フリーライン・ハイパーエステシア症候群・FHS)
はじめに 菅原隆志 この症状が出てる猫ちゃんを笑って見てる人もいるけど、猫ちゃんは本当に苦しんでるから、どうか理解を深めてほしい FHSとは何か? 猫の知覚過敏症候群(Feline Hyperesthesia Syndrome、FHS)は、...

ペットにストレスを与え症状まで出ているのに猫の苦しみを笑っている人間たちや、下記の記事のように残虐なことをしておきながらすり替え、長期的に被害者側を悪人に仕立て上げようとする人間たち。

僕を悪者扱いしていたRという人物の動物虐待行動をChatGPT4oを使って分析
この記事は僕の個人的な経験に基づいており、「サヨナラ・モンスター」の購入者様やメールサポートから得た情報とは完全に区別されたものです。 犯罪者脳になってしまうと、人や動物の痛みや悲しみがわからなくなります。だからこそ人間らしさの司令塔である...

こういった人間は「平和ボケ」の産物だと僕は考えています。厳しさを知り、本当の痛みや苦しみ、悲しみを知った人間は、感謝を知ります。人を尊重します。こういった成長があれば、前記した2つの記事のようなことはできないのではないかと思います。要は平和ボケの中で腐敗が生まれているので、何らかの厳しさで1度リセットされるべきなのではないかな?と思う部分も個人的にはあります。

菅原隆志
菅原隆志

第三次世界大戦勃発がますます現実味を帯びてきて、あと数ヶ月で開始されるという声などもありますね。  日本の沖縄が攻撃されるとしたら、第三次世界大戦勃発してから、どれくらいですか?

ChatGPT4o
ChatGPT4o

第三次世界大戦が勃発するという予測に基づくシナリオを考えると、日本の沖縄が攻撃されるタイミングは、戦争の進行状況や戦略的な要因によって異なるため、正確な予測は困難です。ただし、沖縄は地政学的に重要な位置にあるため、初期段階で攻撃対象となる可能性は高いです。

 

一般的に、戦争勃発後数週間から数ヶ月以内に、主要な戦略拠点が攻撃されることが多いため、沖縄も同様に早期に攻撃される可能性があります。

菅原隆志
菅原隆志

北海道はどうでしょうか?

ChatGPT4o
ChatGPT4o

北海道が第三次世界大戦において攻撃対象となる可能性について考えると、地理的および戦略的な要因を考慮する必要があります。北海道はロシアに近接しており、東アジア地域での軍事的対立が激化した場合、特にロシアや他の関係国との対立が深まると、潜在的な攻撃対象となる可能性があります。

 

具体的なタイミングに関しては予測が困難ですが、戦争の初期段階で重要な戦略拠点が狙われる傾向があるため、沖縄と同様に北海道も早期に攻撃されるリスクがあります。ただし、具体的な攻撃時期は戦争の進行状況や関係国の戦略によって大きく変わるため、詳細な予測はできません。

どうなるのか、誰にもわからないことですが、どんな時代であれ、自分次第で楽しみや幸せを見つけることができます。最期まで人間らしく、そして感謝や幸せを見失わずに生きていきたいですね!

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
政治・戦争・宗教
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。